緋色のことり

私は赤い獣にまたがっている一人の女を見た。この獣は全身至るところ神を冒涜する数々の名で覆われており、七つの頭と十本の角があったーヨハネ黙示録17章3節

誰が木村花さんを殺したか

木村花 5月23日「テラスハウスTokyo2019-2020 (見ず知らずの男女6人が共同生活する台本なしのリアルティ番組)に出演中、自宅のマンションで死去 共同生活していたが普段は自宅にマンションに住んでいた時点でやらせなんだが 写真 東奥日報 美人で人気レスラ…

考えない人

次女は塾に行きたがらない。仕方ないから私が勉強を教えるのだ 「ひよこちゃん。冠詞をつけ忘れている」と注意する母は 「冠詞って何?教えて!」と割り込んでくる 「頭のいい学年18番」の母は私が子供と勉強すると必ず割り込んでくる 勉強に割り込み「私が…

北九州連続監禁殺人事件(閲覧注意)

人はなぜ心を操られるのか学ぶわよ 2002 3月 虐待された17歳の少女が警察に保護された。少女は父と長い間 監禁され父は虐待の上に殺されたという。少女を虐待した松永と内縁の妻が逮捕され4人の子供が保護された(子供達は学校に通っていない) 殺されたのは少…

カルト信者はなぜ洗脳が解けにくいのか

エホバの証人不活発になった母は姉たちに 「私は集会に行くのをお休みしているだけでいつでも帰れるわ」と語る 姉は不活発になり 統治体の悪口を言うようになった 「エホバの証人は偽りの宗教」 宗教に「真」も「偽り」もないのだが 母と姉は 「善」と「悪」…

テレビ真理教

テレビ依存症 テレビを見過ぎると頭が悪くなると言われている 「一億総白痴」 テレビを長く視聴しすぎると眼が悪くなる。テレビに夢中で勉強をしなくなる。ボーとしてしまう 「テレビが本当に怖いのはそんな見える影響ではないの テレビニュース、番組では、…

努力不要論

「コロナ大不況 仕事がない息苦しい世の中だわ お金がないと話しにならない 結婚もできない 子供もつくれない 働いても税金、保険料、年金で持っていかれるわ」 「それは努力が足りないからよ 生れつき才能がなくとも努力すればなんとかなるわ 努力は報われ…

天才になるにはどうしたらいいの?

「天才」それは誰しもがなりたい存在。私たちはみな「天才」になりたいのだ 「どうすれば天才になれるのかしら?天才と普通の人との違いは何?」 「今日は天才について学ぶわよ」 天才! 成功する人々の法則 作者:マルコム・グラッドウェル 発売日: 2009/05/1…

「支配されちゃう人」ミラーニューロンが人間の脳を支配する

なぜ人はカルトに支配されるのか? 大嶋信頼先生の「支配される人たち」を学ぶわよ ミラーニューロン (ウィキペディア引用) 1996年にイタリアの脳科学車によって発見された、脳の物真似をする物質 猿の脳を腕を動かす際に活動する部位に電極を刺し、猿が手を…

ジハード(聖戦)何故テロリストになるの

2001年 同時多発テロ パレスチナなど中東では自爆テロ(ジハード)をする若者が後を絶たない 「今日はテロリストについて学ぶわよ」 テロ フランス革命のロベス=ピエールのが革命による民主主義実現のためテルール=恐怖を用いる政治をしたのが始まり テロ(テル…

55年体制(マルクスの亡霊と日米安保の拘束)

イギリスの産業革命で始まった資本主義。世界は発展し人々は豊かになった。しかし、資本主義は貧富の差を引き起こし人々は不満になった。不満になった人々は 財産の共有、平等を謳う共産主義を構築。ロシアは革命を起こし世界で初めて社会主義国家となった 1…

ハルノートとオレンジ計画

運命が不思議な巧妙さで諸国民の悲劇のシナリオを準備したのだと私は思う 運命はまずヨーロッパのコーラスを単純化して、アメリカの支配下に置く。アメリカはヨーロッパの統率者になるだろう。このヨーロッパ文明のチャンピオンをアジアのチャンピオン日本に…

日露戦争から大正時代

列強 世界が認めた「強い国」という意味 帝国主義を旗印に弱い国を植民地にして支配する 大陸進出を目指す日本は清と対立する 1894 日清戦争 日本vs清 1895 下関条約 朝鮮の独立 遼東半島、台湾を譲る 多額の賠償金 しかし中国の旅順港を狙うロシアがフラン…

明治維新

1868 天皇は神に五箇条の御誓文を誓う江戸を東京と名付けた 神仏分離令 政府は 天皇の神格化を進めるため神道の国教化を企図した 明治神宮 功臣、国のために戦った人を祀る神社を各地に創建した 廃仏毀釈運動により仏教、キリスト教を攻撃した。奈良興福寺の…

江戸時代 思想、文化

徳川家康は征夷大将軍に任命された 武家諸法度 参勤交代と河川工事と城造りを命じ経済を圧迫し反乱を防ぐ スペイン、ポルトガルの侵略を恐れた幕府は 1612 キリスト教禁止 キリシタン迫害を始めた 1637 島原の乱 鎖国 士農工商 幕府は社会秩序を重視する儒学…

戦国時代から学ぼう

戦国大名たちは荘園領主の土地を奪い支配した。強力な軍隊と城、砦をつくりはじめた 甲斐の虎 武田信玄 堤防、治水、灌漑工事を行う信玄堤 Q.武田軍はなぜ強いの? 甲斐(山梨)を守るのは人との信頼関係と考え。この名言のとうり部下へのお給料が良かった。「…

古代、中世の日本の宗教、思想、文化

日本の思想を学ぼう 日本は高温多湿で四季の変化がある(モンスーン気候) 稲作中心の国 自然の猛威と恩恵を受け、自然界のあらゆる現象を霊的存在を見いだした 多神教(八百万の神による)を崇拝していた 「アミニズム=(精霊信仰)ね」 高天原(たかまがはら 天上…

人はなぜ騙されるのか

「コロナで世界はパニックよ トイレットペーパー、マスクがなくなるという悪質なデマ 給付金詐欺が流行っているわ! 世の中は人を騙す悪い人ばかりよ」 「どうすれば他人のデマに踊らされないで済むのかしら」 「いい質問ね 今日は なぜ人は騙されるのか 騙…

脳は嘘をつく

「人間はなぜ嘘をつくのか」 「私たち人間は皆『嘘つき』なの 人間の脳は嘘をつく 「人間には『主観』がある 『主観』よって情報は取捨選択されもとの形と大分異なる歪んだ情報がインプットされている 人間は『主観』を通して「自分の見たいものを見ている」…

我こそが神(平気で嘘をつく人たち4)

高校卒業後バイトを始めた。時はバブルで仕事は楽だ。学生さんの多いバイトで和気あいあいしていた。新しいバイトさんのbさんが入ってきた。50歳のおばさんだった なんで若い人だけの職場におばさんが? 初対面の彼女はいきなり得意げに 「アタシは人の悪口…

平気で嘘をつく人たち3(虚言癖)

虚言少女の話 小学高学年の同級生だったhさんは軽度の知的障害だった 顔は普通で普通に話す。黙っていれば障害者にはみえない 中3の時彼女は 足し算の繰り上がり、引き算の繰り下がり、掛け算の九九もできない 彼女は手紙が好きだ。よく手紙をくれるのだが …

托卵する女 喜多島舞(寄生型サイコパス3)

「なぜ人は嘘をつくのかしら 嘘をつく人の特徴とは? 騙されないための対処法を考察してみるわよ。今日は 喜多島舞 について考察するわよ 父が音楽プロデューサー 女優の内藤洋子を母を持つサラブレッドとして 1986年 後藤久美子と並ぶ2大美少女としてデビュ…

人は何故嘘をつくのか(小保方晴子)

「ことりの証人は世のため、人のため、金のため 不幸な人をハッピーにするために教祖になる勉強をしているの。このブログを読む人はカルト2世が多いわ」 「カルト2世の悩みは親から騙されたということ」 「子供にとって親とは絶対的な存在。そんな絶対的存在…

聞いてもないのに自慢する女 福田萌(自己愛)

「他人にイラッとする発言言われた時、カチンとした時、憂鬱になりイライラするわね。その時にどうしたらいいのかしら」 「今日は人をイラッとさせる人の心理を調べるわよ」 自慢する人の心理 福田萌炎上発言 「私たち夫婦は親の用意した道を歩んできたので…

工藤静香は華麗なる一族なのになぜ叩かれるのか

昨年12月24日。薄紫色のロングチュールドレスに身を包み、音楽を奏でる一人の少女。都内で開かれたクリスマスイベントでの一コマだ。・・管弦楽にのせてフルートの音色が優しく響く。六曲を聴き終えた年配の女性たちは口々に呟いた「天使みたいだったね」 こ…

現象学と構造主義

1960年代フランスは実存主義から構造主義が主流になる 構造主義 人間の思考や行動は社会や文化の根底にある構造によって規定されている。反人間中心主義なみかた ソシュールスイス言語学者 ソシュールは言語 の意味生成を研究するにあたり構造体としての言語…

現代ヒューマニズム

「志村けんのご冥福をお祈りします」 「大丈夫だぁ!じゃなかったのね。ドリフのお化けコントは神」 今日はヒューマニズムを学ぶわよ1914〜1918 第一次世界大戦は多くの犠牲者をだした 文学者たちが反戦、平和主義のヒューマニズムを唱えた」 トルストイ(182…

プラグマティズム

プラグマティズムって何? 現実の資本主義社会に即して、実際的効果や効用をもたらすものを真理とするアメリカで生まれた思想 真理を自然や社会といった環境を改良するための道具や手段とする 様々な問題を、現実の具体的経験や行為の過程に引き戻して考えよ…

神さまはなぜ皆んなを助けてくれないの?

「コロナがパンデミックよ! 地球温暖化よ! 皆んな死んでしまうわ! 神は何をしているの! もし、絶対唯一の神がいるのであれば、なぜ地球はこんなにも貧困があり、伝染病があり、戦争、犯罪があるのか。父なる神はなぜ助けてくれないの!」 「なぜ神は助け…

実存主義(無神論的実存主義)

1859年 ダーウィンが「種の起源」出版し進化論を唱えた サルから人間に進化したというこの学説は聖書を歴史的事実と信じていたキリスト教世界の人々に大きな衝撃を与えた 科学の進歩によりキリスト教世界の権威は薄らいでいく 汎神論(はんしんろん)→無神論に…

大陸合理論とドイツ観念哲学

古代哲学は紀元前6世紀頃、特にギリシャとインドで中国で盛んになりました ヨーロッパ哲学と東洋哲学の違い ヨーロッパで近代社会が登場したためにヨーロッパの哲学だけが近代哲学に発展しました 近代哲学以前は 世界や人間が何であるかという問いに対して …