ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

お金がかからないドーマンメソッド

長女が生まれてからパパは家族を養うため世の会社で働くことになりました

鞭世代の親は今にもこの世は終わると思っていたのでパパは学歴もスキルもまったくありません

パパのお父さんのコネでなんとか再就職はできましたが小さな会社なのでパパの収入は期待できません。低予算で教育しなくてはいけません

そこで私図書館で見つけたドーマンメソッドをとりいれました

ドーマン博士によると赤ちゃんは生まれたときから知識を得たいという要求があるそうです

ドーマンメソッドは画用紙に赤いマジックで自作のカードを作りそれをフラッシュで赤ちゃんに見せるだけです

それだけで天才になるそうです

本当かなとも思うがお金も時間もとらないし実験感覚で病院から退院した日からやってみました

f:id:jw1972w:20190420093302j:image

ドーマンフラッシュカードと絵本の読み聞かせです

長女は生後半年でブランコを「ブーワ」

と最初の言葉を言いました

7カ月で動物の名前を言うと正確に指差しができました。

1歳半で50冊の絵本を暗唱し、引き算もできました。

2歳になったばかりでひらがな、カタカナもかけるようになりました

ドーマンメソッド凄いですね

赤ちゃんは何もできない状態で誕生します

ですから1日一つできないことができるようになれば一年で365個も何かができるようになります

10歳になる頃には3650個も何かができるようになります

素晴らしいじゃないですか

一年で365個も何かができるようになれば罰を与える必要はありません

罰を与えれば逆に子供は自信をなくし萎縮してできることさえできなくなるかもしれません

子供の成長する力をうばってしまうかもしれません。だとしたらもったいないですよね

私は1日に何か赤ちゃんが新しくできるようになったこと喜びを抱きしめて娘の成長を祝福しました

毎日毎日娘の成長を感じました

赤ちゃんに百科事典的知識をどう教えるか―子どもの知能は限りなく

赤ちゃんに百科事典的知識をどう教えるか―子どもの知能は限りなく