ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

人々は何故終末預言を信じるのか

なぜ人々は終末予言を信じるのかノストラダモスの大預言を検証するノストラダモス(1503〜1566年)フランスの占星術、ノストラダモスは四行詩形式の難解な詩を書いた。この詩は後世様々に解釈された。これが

「ノストラダモスの大予言」である。

ノストラダモスの大予言は翻訳者によって内容が異なる

ノストラダモスの大予言はどうにでも意見のとれる難解な解釈(マルチプルアウト、曖昧な文章)

なぜノストラダモスは曖昧な詩を書いたのか

f:id:jw1972w:20180804123901j:image

実は政府批判を書いていた。政府批判をダイレクトに書くと逮捕されるからわかりにくい詩にして書いた

後のミステリー研究者が面白おかしく預言の書にしたのである

何か事件がおきてから研究者が都合よく当てはめる(事実を歪める、確証バイアス)

確証バイアス

仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかり集め、反証する情報を無視また集めない傾向

100人が訳せば100通りの解釈がある

イスラム教も動乱があると救世主が現れ異教徒を滅ぼすと書かれている聖典があります

終末予言で人の不安を煽って信者を集めるカルト宗教は少なくない。聖書のヨハネ黙示録もノストラダモスの詩と同じ(マルチプルアウト)である。どうにでも翻訳できる

人間の将来には多くの不確定要素が待ち構えている。そのような将来の不安に備えて人々は努力をして備える

終末予言で人を煽るカルトに入信する人は努力をしたくない人たちである

(特命リサーチ200Xより)

終末予言を信じる人は努力したくない人だそうです

確かにエホバの証人は何か悪いことあると

「エホバが問題を正してくれる」

「サタンよねー」と言うだけ

他力本願な人間しかいない。誰も努力して問題解決するという発想がありません

確証バイアス

ものみの塔初代会長にもあてはまりませんか。

エホバの証人は油注がれた奴隷級が(曖昧でどうにでも解釈できる)聖書を独自で調べて解釈しています

聖書も100人が翻訳すれば100通りの解釈ができます

確証バイアスによって自分たちの都合のよく解釈してしまった

その結果エホバの証人の終末予言はことごとくはずれたのではないでしょうか

ラッセル兄弟はご自分が神から任命された予言者になりたかったのかもしれません

本気で自分が神の予言者と思いこんだのかもしれません。(妄想虚言症)

エホバという神は初期のエホバの証人の幹部たちが確証バイアスによって作られた神としたら

神か人間を創ったのではなく

人間が神を創ったのかもしれません

f:id:jw1972w:20190412034550j:image

のかもしれませんね

これからもこの組織が終末予言はずすのを何回見れるのでしょう

特命リサーチ200X私が一番好きな番組です。また制作して欲しいです