元カルト2世のどりぃさんののブログ

カルト育ち。子供達に頭おかしいと言われカルトについて調べています。ママ(社交不安症)長女うさこ(社交不安症)長男グデ(自閉症)次女(ことり)

学習障害の子供の勉強3

小学校の特別支援学級は定期的に言語療法士の先生が診察して児童の言葉の発達を支援します。

1番最初の面談で先生は

「グデ君(長男)は赤ちゃんの時"ハイハイ"を殆どしてなかったのではないでしょうか?」

私「はい。この子9カ月始めでいきなり歩きだしました。ほとんどハイハイしていません。」

先生「滑舌が悪いんです。赤ちゃんはハイハイすることにより体幹や筋肉、肺などが発達します。ですから赤ちゃんの時にハイハイをあまりしなかった子は滑舌が悪いのです。」

f:id:jw1972w:20180830165457j:image

体力がつくから極力ハイハイさせた方が良いとは育児雑誌には書いてあったのは覚えているが

肺を鍛える為にハイハイしましょうだったのか。だけどいきなり走りだす赤ちゃんに身体を鍛える為ハイハイしましょうなんて言っても聞いてくれないだろう。とにかくグデ君滑舌が悪い。何を言ってるのかヒアリングしにくい。

コミニケーションも独特です。子供は母親を絶対的に慕うのだけど慕う感情がない。母親を慕う感情が無ければ他人にも無関心を持つことはできません。人間には全く興味がない

保育園児の時、テレビに千葉麗子が出演したのを見て

「あの人ジュウピンクだ」

千葉麗子はアイドル時代ジュウレンジャーに出演している。大好きな戦隊ヒーローの俳優は識別できても保育園のクラスメート全員の顔、名前がわからない。興味がないから。もちろん今でも顔と名前識別苦手です。

とにかく彼に何か夢中にできることを提供しなければなりません。

まず長女がピアノを習っていましたから

「グデ君ピアノ習わない。」

グデ君「ピアノは女のやるものだ!」

ピアノダメ

小学1年の時はプラモデル作戦を実行しました。ガンダム好きだからガンプラなら作るかなと思い。ガンダムのプラモデルセットを見せたらグデ君大喜び、自分で説明書を読み全て自分で作りあげました。プラモデル作りは手先の器用さと集中力が鍛えられます。他にもガンダムたくさんつくりました。長男は何か作品を作るのが大好な子でした。

グデ君だけでなくうちの子供たちはもの作りが大好きでしたから家族で外出した時は子供達に体験教室(陶芸、吹きガラス、ステンドグラス他)を参加させました。何かを作り完成することは達成感を感じるのは良い経験になると思います。

色々と体験させた効果なのか子供たちは全員、絵と書道で学年代表に何度も選ばれるようになりました。