ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

なぜエホバの証人になるの

私「私がどう虐待したの」

長女「叩いた。私が転んでグデの頭をボールペンでさした時」

普通の教育がわからないから教育の本をたくさん読んだでも本には

子供にオシッコかけられた時

上の子が下の子の頭にボールペンをさして下の子が頭から血をだした場合の対処法はなかった。マニュアル以外のことが起きればどうしたらいいかわからない

私「ボールペン頭刺されて頭から血を出して冷静でいられない。叩いた後は謝った。グデが余計バカになったらどうしてくれるの?」

長女「友達はお母さんから叩かれたこと一度もないって」

私「私の育てかたが悪いということ?」

長女「悪い」

私「あなたが悪い育てられされてたらあなた以外のD中学校の人はどうなるの?つんくさんが人間が100人いると凄いできる人が3人いて努力してもその人達に勝てないから4番なら努力すればなれると新聞で読んで100人中の4番目を目標にした

4番目くらいはなれたんじゃないかと思う」

長女「はぁ私は100人中1番だし」

何この自信

私「100人中1番って育て方悪いといえる?後の99人の人はスーパー悪いお母さんになっちゃうよ」

長女「せやな」

f:id:jw1972w:20180917170306j:image

自分の中にずっとやり場のない怒りの感情がある。インチキ宗教を無理矢理やらされて30年間の時間を虚無にされた。負の連鎖を断ち切るといっても私は普通がわからない。普通のお母さんになれない

私「わかった本当のこと話す。私があなたにしたことあれが私的には虐待とは言えない

ママとパパは酷い虐待をされた。お婆ちゃんたちがインチキ宗教にだまされてその教えで酷い虐待されたの

パパとママはまともな育てられ方をされた事がない

だから教育の本をたくさん読んでちゃんとした教育をしようとした

殆どの虐待はフィルター(教育の本)で取り除いた

だけどどうしても感情的になった時毒が放出された

言い訳するつもりはない

ただパパとママはあなたが虐待されたと感じることの一万倍酷い事を自分の母親からされた

気づいていると思うけどパパとママは変わった人間です

インチキ宗教は常識を教えないの。常識はサタンの教えというの

たとえ死んでも輸血をしちゃいけないとか誕生日、クリスマスはサタンの日と言われてお祝いしてもらった事がない

普通の人生を歩ませてもらえなかった。まともな教育も受けられない

そうママは普通がわからない」

f:id:jw1972w:20180925100455j:image

「お婆ちゃんはね自分が不老不死になって永遠に生きるって本気で言ってたんだよ」

長女「中二病なの?」

私「ママが1歳の時から今すぐにエホバ神が地球の悪い人間をハルマゲドンで滅ぼすんだけどエホバ神を信仰しているそこの教団の信者だけ助かり不老不死で永遠に生きるんだって

40年以上前から言っでるけど今だにハルマゲドン来ないし」

何この変な教理、説明してるこっちが恥ずかしいわ

グデ「ばかなの?」

子供だって信じないよこんな話

私「馬鹿だよね。なんでこんなあり得ない変な話を信じるんだろう

そこの教団は赤ちゃんが集会中「ばぶー」というだけで赤ちゃんを叩くの子供をベルトの鞭で叩くの

とんでもない児童虐待がおこなわれたの

子供を叩きたくないから辞めたの

お婆ちゃん達はうさこちゃんを叩けと何度も私せまった

子供を虐待したくないから辞めたの」

長女「叩いてんじゃん」

私「1万分の1だけじゃん。感情的になった時怒りが放出される

人間は完全じゃないから。いつもすぐ謝ったよね。反省している

宗教はね99%がインチキだから。頭のいい悪い人が頭の悪い人から悪霊とか先祖の霊とか不安を煽ってお金を巻き上げるの

人間は困った事があったら自分の力で解決しなくてはいけない

宗教なんかに頼っちゃダメ騙される

バカは一生騙される

騙されない為には勉強しなさい

勉強しなければお婆ちゃんみたいになるの

あんな馬鹿人間にはならないで。約束して」

3人の子供たちにカルト2世であることをカミングアウトアウト

カルト2世の闇は深い

2世は苦しみ3世までも巻き込む。2人のばカルト婆ぁさん本当迷惑

子供を騙し、人生めちゃくちゃにして謝罪なし

今だに自分は正しいことをした素晴らしい人と思っている

子供さえあんなトンチキな話を信じない

知能指数75しかない長男でさえ信じない。(13歳の知能テストIQ75)

いい歳した大人がなんであんなバカバカしい話信じるのだろう

何故あんな子供でさえ信じないあんなインチキ宗教私何故私のの家族は信じるのか

この家族の謎を人生かけてわかりたい。エホバの証人を研究することにしました