ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

発達障害の子がカルト親に生まれるということ2

H姉妹は4人の子供の母親です。長男が小学高学年の頃集会に来なくなると下の子たちも来なくなった。歳が離れていた一番下の子だけ集会に連れていかれた。(幼稚園の頃までは母親のそばにいたい本能がある)一番下の子は小学校に入学した頃「集会に行きたくない。」と自己主張をはじめた。お兄ちゃんたちが集会行っていないのに自分だけ連れていかれるのが不当と感じたようだ。エホバの証人の集会とは怪しい健康食品の宣伝番組を2時間も見せられてる感じホントつまらん

エホバ母にとって子供が集会にいかなくなる子はサタンの側でありハルマゲドンで滅ぼされると同義です。母親は必死で説得すると上の3人の子供たちは

「○○(末っ子)は偉い。俺たちは中学生くらいまで集会に行かされた。○○はこんな小さなうちから集会に行きたくないと自己主張できるのは偉い。

と褒めたのよ。と母はH姉妹の子供たちをいかにも「集会行かないことを偉い」と言ったH姉妹の子供たち愚かでしょ?という感じで私に問いかけた

愚かしいのはお前らエホバ母親

その後H姉妹は4人の子供を週3回放置して集会に通いつめ鬱病になりました

f:id:jw1972w:20190404171415j:image

私の母によるとH姉妹の子供のうち少なくとも1人は発達障害のようだったらしい(学校で問題行動などあった)

広汎性発達障害とは大まかに4種あります

  1. 簡単な計算また字が読めない(学習障害)
  2. 空気が読めず他人と上手くコミュニケーションが取れない(自閉症)
  3. こだわりが強く集中力にむらがある。人の話を聴くのが苦手で忘れ物が多い(注意欠陥)
  4. 大人しくじっと座っていられない(多動)

単独型の人もいるが複合型もいる。うちの長男は4つの複合型です

本人が社会生活で生きづらさを感じた場合に発達障害と認定されます

約20人に1人ボーダーラインならば10人に1人はいます

日本では最近は1歳半健診や3歳児健診で発達に遅れのある子を早期発見して適切な訓練を施しています。 

発達障害は本人の努力とかで治るものではありません

極力早い段階で気づき両親と学校と自治体などが協力して周りの大人たちの適切な援助が必要です

うちの長男は3歳児健診で自分の名前が言えず「発達障害の疑い」(3歳では確定できない)とされる区や自治体の素早い適切な対応があったからこそそれなりに発達はできました

うちの長男がエホバの証人の子供としてうまれたら死ぬまで叩かれるでしょう。彼はどんなに叩かれても2時間じっと座ることはできない

昔は発達障害の子は親の躾が悪いとか本人がだらしないなど「問題児」と教師は見なしていました

教師は「問題児」を社会にでたら苦労すると思いクラス皆んなの前で叱る。当時はみんなな前で見せしめのような体罰もされます。そういう子はイジメにもあいやすいです

問題児は余計に自信がなくなり発達障害が悪化、更に鬱病になる(発達障害はストレスが多いので鬱病が多い)悪循環になります

H姉妹の子供もし発達障害の傾向があれば学校で相当苦労したでしょう

子供を守るべき母親は子供を放置してカルト活動したあげく鬱病になって自分のことで精一杯です

エホバ母は離れた子供の為にわざわざ自分の貴重な時間を割いてあげるくらいな奉仕に行ったほうがマシと考えています

エホバ母親は家族よりエホバをとります。離れた子供は最低限の世話しかしません。なかには子供をわざと世間で苦労させるよう仕向ける親もいます

「サタンの世で苦しめば放蕩息子のように帰ってくる」と期待してるからです

発達障害の傾向がありさらにカルトの子として育てられるというのは悲惨です

生まれつきコミュニケーション能力が苦手な子供は20人に1人はいます。ボーダーライン込みなら10人に1人です。そんな子供に

「教団以外は邪悪で滅ぼされるから教団以外の邪悪な人間と付き合うな」

「クリスマス、誕生日、初詣、行事は全てサタン」

社会常識は一切教えない

 

そんな歪んだ考えを赤ちゃんの時から刷り込んだらその子はどんは大人になるでしょうか

そんな変な育てられ方されたらどんな人間でも社会に出てコミュニケーションなどで苦労するでしょう

「カルトの子」は教団から離れた後、皆「帰ってきた浦島太郎」状態になり常識が全くわからず社会生活に生きづらさを感じています。生きづらさを訴えるカルト2世全員が発達障害で生まれてきたとは思えません

カルトの偏った教えを幼児から受けさせるということは人工的に発達障害の人間を作るようなものです

発達障害はスペクトグラム(連続体)でありボーダーラインはありません。ここまでが正常どここからが発達障害と線が引けるわけではありません。発達障害の傾向が0の人はいません

ですから誰でも幼少時から多大なストレスやまた閉鎖された偏った空間の生活を強いられれば発達障害のような大人になり得ることもあります

もともと発達障害の傾向を持っていた子供だったら更に悪化して悲惨な人生を歩むでしょう

大人になって社会不適合者になり精神科に通院するとかまた自殺するカルト2世は珍しくありません

エホバ母は子供たちに

「今すぐにもこの邪悪なこの世の体制は滅ぼされてエホバの証人だけが楽園で永遠に若い姿で幸せに生きるの」

「集会に行かないならあなたは他の邪悪な人と一緒に滅ぼされるわ!あなた達はサタン側につくのね!」

などこんなとんでもない嘘をついて子供を騙して脅して子供の人生を破壊しています

家族に迷惑をかけ自分勝手に生きたH姉妹

家族を犠牲にしても楽園の永遠の若さと命は与えられず彼女の得たものは鬱病とシミと皺と白髪

子供たちを騙しカルトに子供を振り回して最期は年老いて鬱病になったワガママな母親をどのように扱うのでしょうか