ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

愛情という名の支配

共依存症

共依存的な支配とは、子供の人生にとりつくように、後ろからおおいかぶさったり

「あなたはいつも頑張らなくてはいけないの」

頑張れ的な言葉を子供に注ぎ込みます。要するに、親が描いた人生というドラマを、ずっと親が描いていくのです。

親が監督で、忠実な脇役としてそれを演じていく子供。その子供がどのようになるか

そのように育てられた子供は模範的な人生を歩んでいても満足感がありません。

例えば良い高校に受かったとします。それが全部親の手柄にされます

なぜなら親の言うとおりにやったからです

子供は何を達成しても子供の手柄は親が搾取するのです

「よく頑張ったわね」子供はまだ走らされます親は「次は大学よね」とはっきり言いません

「あなたが選んだのよね、あの大学」

「頑張ってる?でも、いいのよあなたの人生だから」

とか言いながら言葉以外で支配する。大学に入るとまた手柄は親がが持っていきます

この搾取の構造の中で子供は自分でやったという実感はなく自分の人生を生きている感覚がありません

新世紀エヴァンゲリオン」というアニメの主人公「碇シンジ」はお父さんが書いたドラマを忠実に演じるのです

シンジは苦しみながらやるのですが、彼がエヴァンゲリオンに乗ることは決まっていて、それ以外の道は許されません

なぜ「エヴァンゲリオン」が若者にブームになった理由は

NEON GENESIS EVANGELION [DECADE]

主人公が自分と同じだという感覚があるからです。自分が親が描いた脚本、監督のドラマに演じさせられていると感じてる人が多いのではないかということです

(愛情という名の支配より)

秋葉原の加藤智大は高校卒業する頃、母親にあてにエヴァンゲリオンの名セリフ

「私はあなたの人形ではない」と書いてます

加藤母親は自分の「私のサクセスストーリー」を自分で脚本を書き、自分が主演兼監督のドラマを作りそこに息子たち脇役に強制出演させた

息子たちが進学校に受かった息子たちの努力を「私のおかげ」と搾取する

息子たちはわかったんだろう。このまま母の言うとおり楽しい事を我慢して「エリート」になっても全て母親の手柄と持っていかれる。母親が死ぬまで母の傀儡人形にされる人生を歩まされる

親の夢を「あなたのため」と子供に押し付け走らせ更に子供の手柄を搾取したり

子供に損や苦労させ、親が楽で、得するようなルールや価値観を押し付けるなら、子供たちは「ズルい」と感じ親の言うことを聴かなくなります

ルールや価値観は家族みんなにとって公正で、みなが幸せになるものでなければいけません

私はカルト2世です

エホバの証人」になり「楽園」で永遠に生きるという母親の書いたドラマを演じさせられた。母が監督、母が主演、私は脇役で強制的に出演させられた

母は子供たちを真理に導く母として我が家を君臨した

私は重度のコミュ障なので宗教勧誘必須のエホバの証人になりたくなかった

1975年の予言を外した時点でエホバの証人は偽物だし

最終回は

楽園で母親は自分の死んだ両親に孫を対面させみんなで幸せに永遠に生きるというドラマに子供を出演させたい

という母の思惑がわかってしまった。親の都合の良いように利用されたとしか思えない

カルトドラマ出演させられるなら、親の書いたエリートドラマ出演させられた方がマシ。私はエホバ母は加藤の母親以下と思います

なぜなら

エリートは現実に存在するから

この世のエリート人間は存在する

楽園に行った人間は存在しない

成功率0%

成功率0%を目標に走らされたら誰だっていずれ心が折れる

カルト信者の人生は

目の前にぶら下げられた人参を食べるために走らされる馬です

人参を一口ももらえず力つきて死ぬまで走らされる馬

エホバの証人の親は

我が子に「永遠の命」を与えるために導くことが

賢い親

最大の愛情

と考えている

我が子により良い人生を送らせるためエリートにしたいと、奔走する世の母親を

「今にもこの世は終わるのに、ウフフ・・・世の母親ってなんて愚かだわー」と上から目線で見ているように見えました

大学受験のため「何年間か楽しいこと我慢する」我慢するのはせいぜい「数年間」だけ、全員が成功することはないがいい大学に行った人は確実に存在する

達成した人が確実に複数はいる大学受験さえ心が折れる人がいっぱいいる

楽園に行った人間がは存在しない

組織は1995年頃までは若い人に開拓者に開拓奉仕をするように圧力かけられた。開拓者にならない若い人は会衆で「霊性が低い」とまるで欠陥品扱いされる

正社員や大学生になったら会衆から冷淡に扱われ集会にこなくなった2世もいました

正社員にならず開拓者になる選択は、子供が大人になる前に終わりが来るからと思ったからこそできた事です

終わりが来なければ貧困にならざる得ない教理です

親が資産家でもない限りエホバの証人の人生を強要させるのは無理筋です

「あなたが大人になる前にこの体制は続かないから」

という理由でエホバの教育しかされなかった子供が大人になりいつまでも来ない楽園に心が折れ組織から離れる

社会にでれば学歴、スキル、社会常識がないことで苦労していることに親に苦言をていせば

「離れた2世はなんでも人のせいにするのよ!」 逆ギレする始末

なんでも人のせいにするのはお前だろ!エホバ母

何があれば

「サタンよねー」

「世の人は邪悪ねー」が口癖のくせに

「大学なんて行かなくていいの

就職なんてしなくてはいいの

あなたが大人になるまでこの事物の体制は続かないから」

と呪文のように吹聴し、扇動する

子供が大人になっても楽園は来ないのであれば、騙す意図はなくても結果的に子供を騙した事になる

こういう人を世間では「嘘つき」という

ありもしない事を吹聴して、他人を扇動し、人生を狂わせ、苦しませるならその人は「悪」です

カルト宗教の信者は組織の奴隷として組織のために一生をお仕えします

1世の方は自分自身で組織の奴隷となる選択をした人です

自分の子供にまでカルト組織の奴隷人生を押し付けるなら、そんな親がいるなら最悪の親です

私は成功率0%の夢を目標にしてそれを「達成するまで楽しい事は全て我慢して生きろ」と自分の子供には課せない

自分の子供をカルト宗教の信者にすることは、子供を騙して奴隷として売るような真似をするようなものです 

子供の人生は破綻します

こんな親、現実にいるとしたら最悪の親です

親が子供に良かれと子供に自分の夢を押し付ける親は珍しくない。親の期待に押しつぶされて子供は心が折れて、鬱病、引きこもりになる子供が増え社会問題になっています

カルト2世は更に悲惨です

親が子供に良かれと子供に自分と同じ信仰を押し付ける。ただそれが偽りの宗教なら子供の人生を搾取する事になる

f:id:jw1972w:20190223214318j:image

子供の人生は子供のもの

親のして欲しいことを子供に押し付けるのでなく

親は子供の夢や子供のしたい事叶える応援団です

下剋上受験」の桜井パパは自分は黒子になり子供を主役にして輝かせたいとおっしゃっていました

子供の人生は子供が主演の舞台です

f:id:jw1972w:20190225225636j:image

誰かに良かれとした行いがその人を苦しめるなら

自分のために子供を利用してるだけ

子供への愛情を言い訳に、自分のエゴを子供に押し付けているだけです。こんなものは「愛」ではありません

「愛情」いう名の支配

自分が善人であるという立場を装って、他人や自分を騙す時に頻繁に用いられる言葉

しかも、その意味を誰も考えようとしない

自らを理知的な人間と思いこむ生き物にとっては、内容を伝授しないため最も成功した言葉

(あのんの辞典より)

「あなたのためだから」と自分の都合良いように他人を操作する

操作された人は

恩を着せられるか

都合良いように利用されるか

損をさせられる

人の為にと書いて「偽善」

f:id:jw1972w:20190223111900j:image

もし生まれる時に子が親を選べるとしたら

「自分は自分の子に選ばれる親だろうか」

と全ての親が考えることができれば、この世はもっと住みやすい世界になっていただろう

河童の世界を羨ましく感じる者は、選ばせてもらえなかった子なのか、選ばれることができなかった親なのか

(あのんの辞典より 引用)