愛情という名の支配2

ママとパパにいわれなくても

しっかりとじぶんからもっともっと

きょうよりかあしたはできるようにするから

もうおねがいゆるしてゆるしてください

おねがいします

ほんとうにおなじことはしません

ゆるしてきのうぜんぜんできなかったこと

これまでまいにちやってきたことをなおす

これまでどんだけあほみたいにあそんだか

あそぶってあほみたいだからやめるから

もうぜったいぜったいやらないからね

ぜったいやくそくします

                               結愛ちゃん享年5歳

f:id:jw1972w:20190410095032j:image

犯人逮捕の日、記者会見のレクチャーで優愛ちゃんの反省文ノートを発表した警察官は、感情をこらえきれず涙で声を詰まらせた

5歳の少女は毎朝4時に目覚まし時計で一人で起き、字の勉強として反省文を書かされていた

真冬でも毎日のようにベランダに締め出されて足には霜焼けの跡、身体はアザだらけでした。死亡時の体重は12kg(5歳児の平均25kg)

長々と反省文を書けば、義理の父に暴力振るわれずにすむと思って、必死に書いたのだろう

5歳の子供に

遊ぶなと命じる

息がきれるまで走らせる

お風呂掃除させる

ダイエットとしろと食事もほとんど与えず水をかけられ、殴られる

など躾と称して拷問的な暴力振るう義理の父と、娘が衰弱死するのが分かりながら、見て見ぬ振りする母親

テレビコメンテーターは

「公共の電波でこんなこと言うのは不謹慎だ。だが敢えて僕は言う。子供にした同じことを親にもするべきだ」と怒りで身体を震わせながら語った

大人なら逃げだせる

子供は親から逃げられない

親から愛されない子供は死ぬしかない

5歳の少女はこんな絶望的状況でも

こんな親でも最期まで必死にしがみついた 

生きるために

f:id:jw1972w:20190806091244j:image

子供は親を選べない

優愛ちゃんはあほじゃないよ

賢いんだよ

強い子なんだよ

とてもいい子なんだよ

みんなわかっているから

もう頑張らなくていいんだよ

だから静かにおやすみ

愛情という名の支配

愛情という名の支配

 

ナチス収容所の話ですがユダヤ人たちは少しづつ「彼らは自分を愛しているんじゃないか」と思ったそうです

孤立無援の絶対的に閉ざされた状況で意味不明な苦しみを与えられると

人間は発狂してしまいます。狂わずにいるために愛情という幻想を抱くようになるのです

これを家庭に置き換えると、どうなるでしょうか

子供にとって親は絶対的です

「自分は愛しているからそんなことをする」と思うのです

そう思わなければ生きていけないからです(愛情という名の支配より)

優愛ちゃんのメッセージがせつない