エホバの証人になる人の特徴2

エホバの証人になる人はサディストだと思う

70年〜80年代は集会でトイレで叩く音と子供の泣き声が聞こえてくる。毎回誰かしらは叩かれていた

児童虐待だが

エホバの証人は虐待を何とも思わない。むしろ教育としていた。

80年代は叩けば叩く程、霊性が高いと評価されていた

世間一般の母親たちが子供を塾にいれ、受験を競い合うように

エホバの証人母親たちは子供たちを叩いた数や鞭の痛みを競い合う

ベルトの鞭がいいとか

鋲のついたベルトはもっと効果的とか

ガスホースで叩くとか

うちは布団叩きよ。木製は折れるからダメ。ステンレス製が望ましいなど

こんなサディスト的な井戸端会議する主婦はエホバの証人くらいです

エホバの証人 カルト集団の実態

エホバの証人 カルト集団の実態

 

主婦Aは育児で悩んでいた。家を訪問するしたエホバの証人が自信満々に

「聖書の指針に従えは子育てはうまくいく」と言われ

同じくらいの子供がいるエホバの証人の姉妹と家庭聖書研究をはじめる

相手の姉妹の子供の行儀の良さに感心していました

ある日、いつも勉強会に参加した相手の女性の4歳の女の子が居眠りをした。子供の居眠りに気づいた母親は 

「ちょっと。失礼します」と言って子供の手を引き中座する

やがて何かを叩く音と、子供の哀れな泣き声が聞こえてきた

主婦Aはテキストに書いてあった「懲らしめの鞭」のことと察した

数分後に何事もなかったように勉強を再開しようとした司会者姉妹

「今は午後の3時ですし、ちょうどお子さんが眠くなっても仕方ない時間帯だと思うのですが。お尻を叩くとはどういうことですか」

相手の姉妹は厳しい口調で言い捨てた

「私はエホバの証人で、この子供をしっかり訓練する義務があるのです」

この言葉に何か非常に冷たいものを感じた主婦Aは間もなく、エホバの証人との学びを辞めた

(エホバの証人カルト集団の実態より)

霊的なことや聖書に興味があり、エホバの証人と研究を受けても、集会で交われば(70〜80年代)子供が虐待されてるのを目撃するわけです 

マトモで良心のある人間は児童虐待を目撃すれば、主婦Aのようにエホバの証人と関わるのを辞めます

良心がある人間は、体力的に立場の弱い子供を叩く大人に嫌悪感を感じます

この組織には児童虐待を平気でできるし、児童虐待を何とも思わない良心の欠けたサディスト的な人間ばかりになる

人を攻撃する人の心理

アドラー博士は

全ての人間は目的をもって行動していると言われていますを

怒っている人に理由を聞けば、怒っている人は

「あの人が私に失礼な事をした」と理由をつけるが

イジメをしている人にも理由を聞けば

「あの人を見てるとイライラする」

本当は自分のストレス発散する目的で怒る理由を探している

怒りの原因は相手ではなく、自分自身の意思で行動している

人を攻撃して優越感を感じたり、人を支配したい。という目的のために怒るという行動をしてる

人を動かすのは「理性」や「感情」でなく自分自身で選択した「目的」です。自分の行動は自分の責任ということです

カルト信者は

洗脳されたいから洗脳されます

子供を叩きたいから叩きます

洗脳されて子供を叩いたわけではありません。もともと

子供を叩きたいから叩くのです

「カルト宗教信じてました」ではたもさんは子供が集会でグズッた時

会衆全体の「叩け」暗黙の視線で

子供をトイレに連れて行き手で叩こうとしますが、叩けません

子供のお尻を叩く代わりに自分の手を何回か叩きます

自分の手に痛みを感じ

「こんな痛みを子供に与えられない」と判断して叩かないことを選択する

たもさんは洗脳されていた状態でしたが子供を叩かないという選択肢を選びました

なぜカルトに洗脳されながらも子供を叩けなかったのか

f:id:jw1972w:20190402093254j:image

扁桃体(不安、恐怖)の活動

たもさんは自身をコミュ障で注解、奉仕は辛かったと述べている。コミュ障は脳の扁桃体が活動過多状態のこと

人間は悪いことすると、扁桃体(恐怖、不安)と前頭眼窩野(ぜんとうがんかや)(意思)が活動し罪悪感を感じる

扁桃体が活動して人間は他人の痛みを自分の痛みのように感じる

心が痛むから悪行ができない

他人を痛みを自分の痛みように感じる心こそが

良心

良心(扁桃体辺りの活動)が悪行のストッパーになる

他人の痛みを感じない人間は良心が活動していない

良心が活動しないから他人の痛みがわからない

他人の痛みがわからないから、悪行が平気でできる

集会中、静かにできないという理由で子供に暴力をふるえる

子供の身体の痛みと心の痛みがわからないから子供を叩ける

幹部だって予言を外せば、レイモンド・フランズ氏のように「良心の危機」を感じる

f:id:jw1972w:20190310154653j:image

痛みこそが「良心」

痛みを感じるから人間なのです

カルト宗教

良心の欠けた人間は

「信者以外は滅ぼす」という残酷な教理を、他人の痛みがわからないため真理とみなす

詐欺レベルの布教活動も平気でできる

他人の痛みがわからないから、無抵抗な子供を虐待できるし、子供の虐待を目撃しても何とも思わない

オウム信者

「人殺す」という明確な目的を自分で持ったから殺人兵器を作った

カルト信者は自分たち以外の信仰を持つ人はみな「害虫」とみなした。だから「害虫」駆除をしただけ

害虫を殺す目的でサリンを撒いた

洗脳されても子供にお尻を叩けない母親がいる

お尻叩いたくらいでは人間は死なない

殺人兵器を作り、人間に使えば、人間は必ず死ぬ

f:id:jw1972w:20190416092517j:image

オウム実行犯に良心が機能すれば、洗脳されても殺人兵器は作れないし、毒ガスを撒けない

彼らは、自分で自らの扁桃体(良心)のストッパーを外し、前頭眼窩野(意思)で洗脳される選択をした

f:id:jw1972w:20190310154726j:image

彼らは

自分で善のタガを外し

思い切った行動をとり

自ら悪のエリートになった

そして自分の撒いたものを刈り取った

良心の機能するカルト信者は 、いずれ教団に疑問を持ち去っていく

カルト信者はいい人か

よく問題を起こしたカルト信者や犯罪者は周囲からいい人だったと言われます

いい人は2つあります

1.「いい人」と周囲から思われたいから他人に親切にする

2.相手が喜ぶこと無償でおこなう人

この2つ

1は本当は「いい人」じゃないんですよ。いい人を演じているだけ

本当のいい人はいい人を演じる必要性がない

なせなら

いい人だから 

本当のいい人は善行を意識なく行っている。いい人を思われようと思っていない

いい人を演じる人は、自分が悪い人だからいい人を演じなければいけない

周囲から「いい人」と思われるためだ

本当にいい人は

自分たち以外は滅ぼすなんていうカルト宗教に傾倒する筈がない

騙されちゃダメ

いい人を見分けよう

一番要注意なのは

言葉では綺麗事ばかり言うが行動のともわない人