綺麗な人の話2

カルトに洗脳された人間はカルト活動だけしてればそれでいいと教え込まれている。教団は信者をマインドコントロール下に置き一生支配するためカルト活動で常に忙しくさせる。カルト活動に追われた信者は私生活はなおざりになる。そのためカルトにハマればハマる程人間性は荒廃する

入信する前はとても真面目な良い人と評価された人々が詐欺行為、テロ、殺人まで犯す程に人格が荒廃することもある

周囲からみて以前と比べ人格が荒廃しているようにしか見えないのだが本人は自分たちだけは素晴らしく、正しい人間と信じている

○エツの悲劇

小学校の時、家族でプールに出かけた帰り途中で晩御飯は焼肉にしようと○エツにより肉を買い込む。晩御飯、焼肉が美味しくない。肉をは傷んでいた

「肉美味しくない変な味がする」

母が「肉が腐っている。 スーパーが古い肉を売った」

翌日店にクレームして

家から遠いスーパーだがわざわざ謝罪させに来させた

母は「あの店は腐った肉を売るのよ」と何度も悪口を言う

私は車のトランクに買い物袋に入れていたことがよぎった

「車のトランクに生肉を入れたよね」

「ええ、そうよ」

「あの場所から家まで1時間程かかる。夏になればトランクの中は40度は軽く超える。40度以上の中1時間放置すれば生肉は痛むに決まっている。お店が腐った肉を売るはずないじゃない」

この人、自らの失敗を店のせいにして何の落ち度もない店に謝罪させ、更にその店の中傷を散々言いふらす

この人の言いたいことはつまりこうだ

お客様は神様です

だから私は神だ

さあ!

店員たちよ!

私にひれ伏せよ!

エホバ神を愛し過ぎた母はなかなか来ない終わりの日にシビレを切らしとうとう頭が逝っちゃって自らが神となったらしい

この人モンスタークレーマーだったのか。これは○エツに対するテロ行為である。この馬鹿婆さん○エツに謝れ!

羽毛テロ事件

母がゴミ捨ての日に

「羽毛ぶとんって本当に羽毛が入っているのねー」と言っていた

その後外に出ると

家の庭が羽毛だらけだった。その日は風が強く家の庭どころか

通り中が羽毛だらけだった

古くなった羽毛布団を捨てる時に、母が羽毛布団を開いてみたのだ

ゴミ袋の締めが甘く

布団の羽毛がうちの庭をはじめとして通り中に強風によってばら撒かれた

私は焦りほうきとチリトリで庭にあった大量の羽毛を掻き集めたが

風も強く細かい、軽い羽毛は掻き集めるのは大変である

ゴミ回収車の職員たちが来て通り中に舞い散った羽毛を回収しようにも回収しきれず応援を頼んだ

10人以上の職員たちが羽毛を回収しにやって来た。この騒ぎに近所の人たちまで集まってきて手伝う人もいた

職員たちは

「なんだろう?イタズラかな?わざと羽毛をばら撒いて僕たちが掃除をしているのを遠くから見て笑っているのかな?そうとしたらタチ悪いよな」

と言いながら回収していた

庭の羽毛を回収した私に近所の人が手伝ってくれたと思いこんだ職員に

「ありがとうございます」と言われ顔が紅潮してしまった。うちの庭の羽毛の多さにバレてしまわないか恥ずかしくてたまらない。母はこの騒ぎになっても他人事のように平然としていた。この人は心臓に毛でも生えているのだろうか

イジメを武勇伝にする人

母は蕎麦屋でホールでパートタイムの仕事をしていた。新しく入った若い母親のホールがマイペースな人で一緒に仕事をするとイライラするらしい。新しいパートBさんの悪口を語る。蕎麦屋の奥さんもBさんのマイペースに対し「一緒に仕事したくない」と言い出し

蕎麦屋さんはBさんを解雇することにした

「君はウチには合わない。1ヶ月後までここにいて良いから新しい仕事を探してくれないか」

いきなり解雇宣告をくらいBさんは

「どうしてですか?」

Bさんは天然であるが悪い人ではないので優しい店長さんは面と向かって文句を言えないらしく

母に「○○さん僕の代わりに言ってくれる」

母は

「あなたは○○だし、**で☆☆なのよ」と怒鳴り散らした。Bさん面食らって

「それもそうですよね。わかりました」

従業員は帰り間際にまかないを食べれるが、Bさんは解雇宣告と意地悪パートに怒鳴り散らされてまかないにほとんど手をつけられずそのまま帰った

まかないを食べた後は自分で食器をかたづける決まりだがBさんは片付けず帰ってしまった

母は怒り心頭に発する状態で帰ってくるなり

「あの人自分の食べた食器片付けないで帰ったのよ」とグチグチ悪口を言い始めた。突然の解雇宣告にパートの意地悪おばちゃんになじられれそのショックで呆然として忘れたのだろう。こんなことは家族ではなく本人に伝えるべきだ

「本人にそれ言えばいいじゃない」

「そうね。言うわ」

次の日

Bさん!昨日やりっぱなしで帰ったわよね!片付けないよ!」怒鳴り散らしてやったのよ!

と勝ち誇ったように私に武勇伝を語る

Bさんが片付けを忘れたのは人前で罵倒しミスリードするよう追い込んだ意地悪婆さんのせいなのだ。ミスをするように精神的に追い込みそしてミスをしたら更に他の従業員の目の前で失敗を怒鳴り散らす

この人って

f:id:jw1972w:20190817190601j:image

イジメです

私が本人に後片付け忘れたことを話したらと提案したのは

本人にだけに聞こえるように「後片付け忘れたよ」とただ一言普通に伝えたら

という意味で本人に伝えた方がいいと提案したのだが

まさか

解雇宣告され傷ついている人に追い打ちをかけるようにみんなの前で失敗を怒鳴り散らしてさらに恥をかかせる

そんな真似をするとは

後片付けを忘れたのは突然の解雇宣告されたからでわざとでない

Iさんにが仕事ができないのは天然キャラでこのような人は害を与える人ではない

まだ人生経験の浅い自分の子供より歳下の人にこの仕打ち、この人は他者を思いやる気持ちが全くない

いい歳こいた人間が公衆の面前で人に恥をかかせるというイジメを平然と行い

更にイジメを武勇伝として語る

この人はなんて性格が悪いのだろう

一体、この人はどんな育てられ方をされたのだろう

次の日Bさんは

親が具合悪いためもう店に来れない

と電話してきた

母が仕事の帰りBさんに出くわし

「親が具合悪いとお店に説明したのは嘘なんです。お店には黙っていてもらえせんか」と懇願されたのだが次の日

「お店のみんなに言いふらしてやったわ!」ザマァみろという感じで嘲笑いながら私にBさんイジメの武勇伝を話した。天然のBさんを親の仇のように当たり散らす

この人の性格の悪さには呆れるばかりだ

Bさんは意地悪婆さんに散々イジメ抜かれからお店にいられず嘘をつかなくてはいけない程追い詰められた

それを

更にお店の人たちに言いふらし笑いものにしようとする

韓国では

溺れた犬を棒で叩け

という諺があるがまさにこの人のことである

この人は常に強い人間には卑屈に媚びへつらう、Bさんは天然だが何も悪いことをする人間ではない。自分より立場の弱い人だからとことんイジメ抜く

強きを助け   弱気を憎む

この人はタケちゃんマンなのか?

人間の本質を見極めるには

f:id:jw1972w:20190817221518j:image

自分より立場の弱い者に対する態度で見極めるという

この人って

真のクリスチャンと自称しながら人を許そうとか情状酌量の余地は皆無

どうせこの意地悪婆さんはインチキ宗教に所属しているのだろう

毎日、職場の人の悪口を父にグチグチ話す。子供の見てる前で人の悪口なんて言ってはいけない

そんなことは常識だが

この人には子供の前で人の悪口を平気で言う

こんな不寛容な母親を見続けるなら子供もそうなるだろう

他人の時間を奪うのは当然と思う人

我が家は、エホバの証人の会社でモップと浄水器を定期的にレンタルしていた。ある日会社で宅配の家の担当の兄弟が我が家の配達の担当になりたくないと言った

理由は

いつ交換に来ても不在が多く何度も行かなくて はいけないから困っている

ということだ

新聞の集金が来た時母が不在のため新聞料金を私が立て替えたとき

母に酷く怒られた

「なぜ払うの!」

「何度も来させたら新聞の人大変でしょ?」

「それがあの人たちの仕事なんだから当然でしょ」

ダスキンのレンタルだって、新聞の集金係だって何度もその家に来るのはその分時間が奪われて大変でしょう

仕事であっても何度も人を来させ、それが当たり前と考えるなら、その人に対して失礼ですし時間を奪うことになります

良識のある人間ならダスキンの宅配なら日にちも時間も決まっているのだから

その時間は家にいるように、何度も来させないように心がけるものでしょう

この人は幼児のように自己中心的な人です。宅配業者に何度も来させ自分のために時間を割くのは当然と思っています

ましてやエホバの証人の会社で働いている男性は、まず開拓者で奉仕の僕か、長老です。当時90時間の野外奉仕以外にも会衆の仕事もあり物凄く忙しいのは知っているはず

エホバの証人でありながら、自分が開拓者+奉仕の僕の時間を奪い取って迷惑かけていることに気づかない。この人は平気で他人の時間を奪う人です。他人の時間を奪うことは万引きと一緒です

近所のスーパーがなかなか半額シールを貼らないことに対して怒り狂い

「○○ストア  おかしいのよ!」

「おかしくないよ!おかしいというのは失礼だよ。お店にはお店の立場があるよ。できるだけ半額にしたくないだろし

「アナタはなんでそんな酷いこというの」

酷いこと言ってんのアンタじゃん!

何が「おかしい」のか人によって違いますが、他者に対して「おかしい」と決めつける言葉は差別やいじめにもつながりかねません。他者におかしいというのは失礼だという意味で言ったのですが

自分が否定されたため、私が酷いこという人とレッテルを貼り被害者ぶるし

この人は他者がない。周囲が自分のために働き、尽くすのは当然と思いこんでいる。自分が女王様と思い込んでいる模様

更に

強者には卑屈なほど媚びへつらい

弱者には徹底的にイジメ抜く

それを武勇伝にして語るアレな人だが

姉たちは

私のママは真理を知っている!

私のママは世界一ィィー!

と酔いしれていた

母も姉たちもエホバの証人の集会と奉仕活動だけしてれば良い人だと自惚れ自分磨きを怠ってきた

だが洗脳されたカルト信者は自分を客観的にみれない

洗脳されたカルト信者は、鏡をみると、鏡に映った自分の姿を見て

うっとりするだけ

f:id:jw1972w:20190813140238j:image

客観的にみてイタイ

こんな我儘、意地悪女王様と娘のプリンセスが仮にいい人と仮定するなら地球上の8割以上が超善人だ

カルトを離れてからは

カルト活動がなくなりますから、生活に余裕ができ劇的に癇癪も愚痴も減り笑顔が増えました

また、「真理は一つだけ」という束縛から自由になり様々な価値観を受け入れるようになり他者に対し寛容になりました。今は人並みに人格が向上して良かった

こんなエセクリスチャンを沢山見続けましたから子供は絶対にエホバの証人にしないと決めていました

毎年学級委員になる子供たちは勉強。スポーツ、芸術などすべてでき素晴らしい人徳がある

彼らに近づくためには教育が必要と考え、病院から退院した日から絵本を読み漁り教育を始めました

あくまで自信を積みあげるためのものです。人間には余裕が必要です。学校などでいい成績をとれれば自信が生まれます。人間は自信があるからこそ自分が好きになり、それから余裕が生まれるから人に優しくできるのです

人の悪口を言ったり人を虐める人は、結局は自信がないのです。自信がなく余裕がないので他人を認めたり、思いやるこてができないのです。彼女たちが人の悪口ばかり言うのは自分に自信のない焦りの気持ちの裏がえしでしょう

f:id:jw1972w:20190813183207j:image

山咲千里の美しさ

湘南高校卒の高偏差値

昔IQクイズに出演した時、東大王みたいな難問を易々クリアーしたことがあるそれ以上にダウンタウンの芸能人格付けで完璧に正解できる。他の芸能人は

「うーん。何となくコッチ」

みたいに感で当てるが

山咲千里はどうしてそちらが本物なのかを説明をした上で正解している

大事なのは

本質を見極める能力

それを論理的かつ的確に説明できる知性

更に美しい容姿

山咲千里さん

完璧美人です

目標は山咲千里さん

山咲千里のように知性と本質を見極める能力を子供たちに身につけさせたい

私の目指すのは本質を見抜く力です

キレイの魔術

キレイの魔術

 

本物は美しい

完璧なる美の調和がある

偽物は美しくない

美の調和がない

ピアノコンペ小学生低学年の部に参加した時に5番の少年が貴婦人の乗馬を演奏した

「何といい曲だ  来年これ弾かせよう」

5番の少年が全国1位だった

貴婦人の乗馬

発表会で誰かしら弾いている曲

上手い人が弾くと貴婦人の乗馬さえ素晴らしいとしいと感じる

美の黄金律

レオナルド・ダ・ビィンチは絵画をデッサンする時に黄金比で比率を図り計算し尽くすという

レオナルドは黄金比を見る時人間は最も美しいと感じることを知っていたからだ

音にも黄金律がある

一位を取る人は

完全なる音の黄金律がある

黄金律があるからこそ美しいと聴衆は感じるのだ

演奏家とは生涯をかけて音の黄金律を極めていく美の求道者である

f:id:jw1972w:20190817191239j:image

少なくとも

何十億の人びとを自分たちと信仰が違うという理由だけで罪人と決めつけその滅びを祈り

その犠牲の上に

永遠の若さと命を得ようと夢見る人

ありもしない虚構をあたかも本当と言いふらしながら歩き廻る人

自分の利益のために人を利用する人

幼児を虐待する人は美しくない。美しくないものは理由がある

f:id:jw1972w:20190816222232j:image

私の母と姉はそんな人たちが美しい、素晴らしいと感じそのような人間と永遠に共存することを選択しました

日本という国は人権があります。長きわたり勝ち取った素晴らしい権利なのです。職業、宗教も自分で選択ができるのです。今でも身分により職業が限定される地域があります

中東のある地域では宗教を自分で決めることができません

自由には責任が伴います。自分の選択したことについて失敗するリスクもあります

彼女たちは自由を放棄して、エホバの証人たちや会衆の言われるまま思考停止して自分の人生を自分で考えたり、選択肢を放棄してものみの塔のロボットになるという選択をしました

なぜ自分の人生を自分で選択しないのか

f:id:jw1972w:20190818161703j:image

無責任だから

このような人は自分の人生にさえ責任をおいたくない

自分の人生を自分で選択しないということは結局自分の人生をないがしろにしていることなのです

ましてカルト活動にハマることは自分の人生だけでなく家族、親戚にまで巻き込み迷惑かけていることに気がつかない天然を通り越した無神経さは度し難い

カルト信者は洗脳されると思考停止状態になる

私の母と姉に関していえば

彼女たちは思考停止していない 

なぜなら

生まれてこの方一度も自分の頭で考えたことがないから

思考力が産まれたて赤ちゃんと同レベルだから

考えるために機能していない頭はただの装飾品です

美の基準は一人一人異なります

f:id:jw1972w:20190817220524j:image

人間には自分個人の価値観を選ぶ権利がありますから私には他人の価値観や美の基準に対して口出しはできません

自分の価値観を他人にまで強引に押し付けられるのは親切ではありません

他人の人生を奪うのと一緒です

他者には他者の人生があります。自分の価値観を無理やり他人に押しつける権利は誰にもありません

桃井かおりの魅力

桃井かおりは自分をバッシングした週刊誌の記事をスクラップにして保存している

週刊誌などでバッシングされ落ち込んだ若手女優さんに過去に自分のバッシングスクラッブを見せて

「アタシだって昔はこんなに叩かれていたんだから気にすることないわよ」と励ましたりするとインタビューに語る 

落ち込んだ時に「私も昔はそうだったのよ」と共感して貰えることが一番励まされます。桃井かおりさん優しい人ですね

昔テレビのトーク番組で

美人と不美人どちらが得かというテーマで

桃井かおりは不美人の方が人生を得をすると語る 

美人は何をしなくても人からチヤホヤされるから努力しない

不美人はその間努力する

歳を重ねた時

美人は歳をとりチヤホヤされない

努力を重ねた不美人は魅力を備え内面的なものからチヤホヤされる。だから不美人の方が得をする という見解だった

彼女の魅力は剥きたて卵肌という美しい肌日々のお手入れの結晶だろう

f:id:jw1972w:20190817191346j:image

桃井かおりの考え方が違うなと思うのは、不美人が全員努力をすると思っていること

不美人でも

「どうせ自分はブスだから」と開き直る人もいるし

努力する根性もない人もいる。そういう人間はいじけるか最悪の場合は他人を貶めて悦にひたる

綺麗になる努力のベクトルが間違っている人もいる

桃井かおりは努力で美しさを築きあげた人だからみんながみんな綺麗になるために正しい努力をしていると思っているのだろう

f:id:jw1972w:20190817215142j:image

オードリー・ヘップバーンの美しい生き方

銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンは外見にコンプレックスがあったそうです。そのため内面性を磨くためのたゆまぬ努力をしてきたそうです

f:id:jw1972w:20190817110255j:image

美しい唇であるためには

美しい言葉を使いなさい

美しい瞳であるためには

他人の美点を探しなさい

晩年のオードリー・ヘップバーンの名言

確かに私の顔にはシワも増えました 

ただ、それは私が多くの愛を知ったということなのです

だから私は今の顔のほうが好きなのです

f:id:jw1972w:20190816223041j:image

樹木希林の美しい生き方

去年お亡くなりになった女優樹樹木希林さん。テレビで生前の希林さんの映像が流された

うちの子供たちは

「この人凄いおもしろい人だよね」

きりんさんは容姿はよろしくはないが話術が上手くユニークなことをポンポン話す

きりんさんの過去の面白トーク映像をみて子供たちは笑い転げた

一番綺麗な人は希林さんのような人を笑顔にできる人です

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
 

f:id:jw1972w:20190816223059j:image