中国2

 

f:id:jw1972w:20191212232440j:image

202年 三国志時代

曹操

曹操

打倒 董卓を企む曹操。知人の屋敷に泊めてもらう。しかし、その夜、曹操たちは部屋の外への不審な気配に気づいた曹操

Q.絶対絶命の曹操はこのピンチをどう乗り越えたのでしょうか

A.屋敷の者達を殺した

「泊めてくれたのに?疑心暗鬼かもしれないよね?」

「信義にもとることになろうと、刃を向ける可能性のある者は叩き潰すもの」

「だから、気のせいでは」

「天下人たるもの  土壇場で決断をためらっては大事は成せぬもの。時は戦国時代  殺さなければ、殺される」

そんな曹操

「平和な世では優秀な臣下に、乱れた世では悪がしこい英雄になるだろう」

と評価された

劉備

孫権

f:id:jw1972w:20191203234322j:image

263  蜀王朝が魏に滅ぼされる

265年  西晋王朝

f:id:jw1972w:20191217101116p:image

司馬炎(武帝)

占田

課田法

290  恵帝即位

武帝の息子恵帝は無能だった

飢饉続きで国民は米を食べれず餓えに苦しんでるという訴えに対し

「米がなければ肉を食べれば良いのに」皇帝がこんな具合だから、皇族達が反乱

300  八王の乱

次々に八人の王が殺され国は弱体化して万里の長城の守備が甘くなり

316  五胡十六国時代

北魏

武帝は  仏教弾圧して道教保護し仏教弾圧したの

孝文帝   仏教保護した。大の漢民族フリーク。自らの民族のアイデンティティを捨てた程に、部下には評判悪かった」

317  東晋

司馬一族の生き残り

司馬睿(しばえい)

f:id:jw1972w:20191217101204p:image

王義之  3書体

楷書

行書

草書

南北朝時代

581 隋王朝

f:id:jw1972w:20191217095923j:image

長安

楊堅(ようけん)

科挙

均田制  土地を民衆に与える。死後返納

府兵制

(穀物)

(布)

調(労働)

統一はしたものの征服地の略奪が出来ずお金がない。外貨獲得のため?

高句麗を攻めた

嵐、疫病、物資不足により失敗

604  煬帝即位

高句麗遠征失敗の敗因は物資不足が原因と考え

大運河建設(長江と黄河を運河で結んだ)

万里の長城の補修

「百の部屋に百人の美女をはべらかせ 

一日中酔いつぶれていた」

「アル中ね」

「煬」という諡名は「女性を好み、礼を去り衆を遠ざく」という意味

「もちろん、こんな生活行き詰まるわ」

高句麗遠征失敗

庶民は財政難に苦しみ各地で反乱。煬帝は部下に殺された

618 唐王朝

f:id:jw1972w:20191217100211j:image

初代  李淵(高祖)

玄武門の変

次男 李世民は兄 皇太子の建成と弟  元吉殺害し

父(李淵)を帝位から引き摺り下ろした

2代目  太宗(李世民)の政治は貞観の治と呼ばれた

律令制

三省

  1. 中書省
  2. 門下省
  3. 尚書省

六部

租庸調の崩壊

死後返納する均田制を貴族や寺院が横取りし所有した(荘園)

均田制が崩壊すれば、誰にどれくらい土地を与えたかわからない。戸籍も崩壊。戸籍がわからないから、税も兵も確保できない

兵は募集制にしたけど、仕事もない。土地もない、仕方ないから兵になるかみたいな人しか集まらない。軍のモチベーションが上げるため

節度使(辺境の防衛をする将軍)という役職を作った

3代皇帝高宗

側室の武が高宗の子を出産

武は自分の子を殺し、それを皇后に罪を着せ殺害し皇后となる

武皇后 気の弱い高宗を支配し政治を主導する

自分の産んだ皇太子が頭角を表すと毒殺

高宗の崩御すると

女帝出現の予言をでっち上げ女帝となる

690  則天武后の武周革命(15年間)

国の名前は「周」と改名

「国民からみてヒンシュクでは?」

則天武后は政治の才覚があった。家柄よりも、人材重視にしたため政治は機能した。また則天時代は民衆の暴動の記録はない」

則天文字

中宗は皇帝に返り咲くも、皇后の韋后(いこう)に毒殺される

712   開元の治 玄宗

傭兵を用いて強い軍隊を持った 

息子の嫁楊貴妃に夢中になる

楊貴妃の魅力

容姿だけでなく、琵琶の名手で教養があった。芸術好きの玄宗と気があった。玄宗楊貴妃に夢中になり政治を省みなくなったを楊貴妃の一族が実権を握る。政治が乱れる

751  タラス河畔の戦い

製紙法が中国から西に伝わる

755  安史の乱  節度使安禄山が反乱

皇帝たちは首都長安から逃げなくてはならなかった

兵士たちは

「何故こうなった

楊一族のせいだ」

批判され楊貴妃一族は抹殺された

875  黄巣(こうそう)の反乱

907  唐滅亡

960  (北)宋王朝

f:id:jw1972w:20191217101314j:image

開封(かいほう)

趙匡胤(ちょうきょういん)

文治政治  学問で政治を治める。科挙に面接

世界初の紙の紙幣

羅針盤

火薬

神宗

王安石  

朱子学

澶淵の盟(せんえんのめい)

遼、西夏に毎年貢ぎ物を贈り戦争を回避した

「金で平和を買ったのね。戦争はお金がかかるから賢いわ」

「そうでもない。財政難になり国弱体化する」

金建国(女真族の国)

完顔阿骨打(わんやんあぐた)

1125  金、宋同盟軍で遼を滅ぼす。だが宋も金に滅ぼされた

1127  南宋

f:id:jw1972w:20191217100242j:image

宋の皇族が南に逃げ建国

高宗

都  臨安

朱子学

朱子(1130〜1200)

理気二元論

理  万物の本質・本性であり(性即理)変化しない本然の性

気  万物のもととなる素材・物質であり気質の性 

人間も理と気の合体から形成

気は私情や欲望の影響を受けやすい。純粋な理の発現が妨げられる

これを抑えるためには、心身を修養してして敬の心(慎み)

を持たなければ

敬の心(慎み)を持って自らに宿る理にしたがい

宇宙の万物を

居敬窮理(きょけいきゅうり)

 格物致知(かくぶつちち)

モンゴル

1206  チンギス=ハン即位

千戸制  遊牧と軍事が一体化

1234   金  滅ぼす

1236  ロシア遠征

1240  キエフ占領→キプチャク=ハン国

1241   ワールシュタット(死体の山)の戦い

ホラズム王国(イスラムの大国)

都  サマルカンド

ホラズムの太守はモンゴルの通商使節団をスパイと見なし殺した

「スパイでしょ」

モンゴルは使者を殺した太守引き渡しを要求。ホラズム拒否

ホラズム遠征

都  サマルカンドは4分の3の住民が虐殺。王様は逃げた。使節団を殺した太守は捕らえられ、両目と両耳に溶かした銀を流された

1258  アッバース朝滅亡

アッバース朝は戦わず降伏したがモンゴル軍は根絶やしにした

「反抗しても、降伏しても殺されるのでは」

f:id:jw1972w:20191217100508j:image

「モンゴルは力の掟

強い者に従うが、弱い者には慈悲は無用」

サイコパスだよね」 

チンギス=ハーンには側室が大勢いた。一晩で7人の側室を身篭らせたといわれる

チンギス=ハーンの長男ジュチ=ハーンは征服した王族の娘達から一番の美人を側室にして敗者となった王族は全員虐殺された。モンゴル人の8%がチンギス=ハーンの遺伝子を持っている

朝青龍の気性の激しさ、白鵬日馬富士パワハラ問題も納得できる

強きに屈服

弱きを憎む

モンゴルは寒い

農作物が育つ土地ではない

時には、騎馬で豊かな土地で掠奪しなければ、情けを捨てなければ生き残ることは難しい

f:id:jw1972w:20191217100444j:image

1260  第5代皇帝  フラビイ=ハンは国をと名付ける

駅伝制で大国を管理した

マルコ=ポーロ 東方見聞録

イブン=バットゥータ  三大陸周遊記

日本

1274  文永の役

1281  弘安の役

ベトナム

モンゴル第一主義

色目人(ペルシア人、ウィグル人、ヨーロッパ人を優遇した)

皇帝たちがチベット仏教に狂信し始めた

f:id:jw1972w:20191218082458j:image

かつてフロイトは「宗教はアヘン」と語った

チベット仏教は装飾的な寺院が多い。皇帝たちはお金をつぎ込んで豪華な寺院を建てた。財政難

交鈔(こうしょう)と呼ばれる紙幣を乱発しインフレになり国は混乱し弱体化

紅巾の乱

元滅亡

明建国

朱元璋(しゅげんしょう)