ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

預言は成就したか

ものみの塔の予言

1799年「終わりの日が始まった」

1874年「キリスト」が再臨した

1874年「神の大いなる日の戦いが始まった」

1874年「千年王国が始まった」

1914年

1916年「今はハルマゲドンの真っ最中である」

1918年「キリスト教会は滅びる」

1925年「旧約聖書の聖徒達は蘇る」

1937年「イギリスもアメリカも、カトリック教会によって支配されるファシズム主義国になる」

1937年「国際連盟ファシズム連盟になる」

1941年

  • 「数ヶ月でハルマゲドン突入する」
  • ナチスドイツはイギリスを滅ぼす」
  • 「今の戦争で、枢機国も、自由主義国も勝利を収めない」

1975年「秋には神の千年王国が始まる」

1975年以降

終わりの日の1914年の世代に生まれた人が生きてるうちにハルマゲドンがくる

人を誤導するのは罪

エホバの証人は教義や崇拝の仕方に関して間違いをしてきたことを認めています。・・・エホバの証人は偽りの預言者ではありません。なぜなら、偽りの預言者は自分がまちがいをする者であることを認めないからです」(ものみの塔1973年2月1日号)

間違いを認める寛大さがあれば、偽預言でなくなるそうだ。不思議な論法だが、現実世界ではあり得ない話である。例えば銀行強盗がその罪を自供したところで、銀行強盗でなくなる訳ではない

人に間違った情報を持たせて、人に誤った期待をさせて忠誠を試す。神のやり方ではない

(マインドコントロールの実態より)

f:id:jw1972w:20190415093155j:image

我が家では今は、一番上の姉だけがエホバの証人である

エホバの証人は予言を何度も外している」と言うと

「人間は不完全だから」

「昔は大学進学と正社員は事実上禁じられていた。1990年から解禁された180度変わってしまった」

「時代に合わせてエホバの証人は変わるのは当たり前」

真理が時代と共に変わったらそれは真理ではない(・・?)

エホバの証人は二転三転話しが変わるどころか2桁話が変わっていり。世の中では二転三転話が変わることを「嘘」というんだよ」

何かあると大体のエホバの証人がそうであるように

「大丈夫、この体制は長く続かないから」が口癖である

絶対こない楽園を期待して

将来のために何も準備せず 

霊的活動だけしかしなければ

将来、老後は困窮するのが目に見えてわかる

わからないのは本人だけ

真理はその源である神と同様に不変である。・・・新しい光は決して古い光を消さず付け加えるものである。以前「光」だった教えが年数が経つにつれ「闇」とされるのは、人間の思いによって動いてる組織の特徴である。(C.Tラッセルシオンのものみの塔)1881年2月号より

この人コーヒーカップが頭に当たった以降どうやら脳細胞がすべて死滅して頭が悪くなったのかもしれない

あー可哀想(;_;)

だから反論できなくなると考えることができないから

「離れた2世は何でも人のせいにする」と逆ギレして これ以上つっこめないようにする

エホバの証人創始者ラッセル兄弟は

「真理は普遍である。変更したら真理ではない。それは人間の考えだ」とものみの塔で言ってるのに・・・

信者がバカ。ラッセル兄弟は草葉の陰できっと泣いているに違いない

姉は初代会長の名前も知らないと思う

そこで私が一句詠もう

バカ信者

ラッセル泣いてる

ピラミッド

f:id:jw1972w:20190510103302j:image

(画像  エホバの証人情報センターより)

1995年の「終わりの日」の変更が(1914年に生まれた人が終わりの日を見るがその時代の人に変更)が集会で発表されたその約3ヶ月後に姉は

「ねえ。ハルマゲドンは1914年に生まれた人が生きてる間に来るんだよね?。だから今すぐに来るんだよね」

ええっ!ひょっとしてこの人ば・・

姉は集会にその日出席していて聴いていたはず

ハルマゲドンの延期の発表が辛くて、認められないのか

それともコーヒーカップで頭を打たれた衝撃でにほんごもわからなくなったのか?

人を信じる心は美しい

意地悪でひねくれてるけど実は彼女は高貴な魂の持ち主なのかもしれない)^o^(

f:id:jw1972w:20190511002107j:image

人間は信じる相手を間違えてれば全てを失うこともあるのだが

まあ

嘘は突き通せば真になる

という言葉もあるし

ここまできたら

さあ!最期まで信じ抜け!

こういう人「いい人」が存在する限りカルト宗教は繁栄する

f:id:jw1972w:20190511002122j:image