ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

真実を捻じ曲げる親

1.言動と行動が矛盾する

2.家の中と外で見せる顔がまるで違う

3.都合が悪くなると問題をすり替えたりキレたりごまかす

4.全面的に否定する

5.ネガテイブな感情をぶちまける

6.一人の子供をスケープゴードに使う

7.自分が犠牲者のような顔をする

このようなことを生まれてから継続された子供は頭が混乱する

何故真実を捻じ曲げるのか

支配するため

親が子供よりも有利な立場を更に強化するため

「真実を捻じ曲げる親」は人付き合やコミュニケーションのスキル、多様性を受け入れる力が欠けています。変化したり成長する力がありません。

このような親はいつまでも同じことを繰り返し言ったりしています(不幸にする親より)

母と姉の会話

「うちはテレビ30分しか見ないよね」

「そうよ。ウチはエホバの証人だからテレビは30分しか見せなかったわ」

ええっ(*⁰▿⁰*)

日曜日の我が家

ドラえもん

筋肉マン

サザエさん

グーグーガンモ、タッチ

世界名作劇場

土曜日の我が家

漫画はじめて物語

タイムボカンシリーズ

漫画日本昔話

クイズダービー

8時たよ全員集合

水曜日の我が家

アラレちゃん

うる星やつら

木曜日の我が家

北斗の拳

キャプテン翼

ベストテン

30分しかなかったら

スクールウォーズ、不良少女と呼ばれて、ヤヌスの鏡、なるほどザワールド、元気が出るテレビ風雲たけし城、世界不思議発見とか半分しか見れないじゃん。大晦日だよドラえもん3時間スペシャル。金曜ロードショーとか見てるよ。それは30分ではない。何言ってるの?父はひたすらテレビ見っぱなし、少なくとも毎日夜、7時から11時までつけっぱなしだった

昭和時代は夕方4時半から6時まではアニメの再放送枠であり、毎日再放送見てたし、夕ニャンも見てた。夏休みは笑っていいともだって見ていた。夏休みはアニメ再放送枠がある

どう考えてもそれは30分ではないのだが母と姉的にはそれが30分になる。もし、違うよと言えば

「おまえはおかしいんだ」

「おまえはいつも変なことを言う」

Σ(゚д゚lll)

と罵声を浴びさせられる。だからこの家族と話すと頭がおかしくなる

この家族は世界は、自分たち中心に回っていると思い込んでいる

この家族は世界中の全ての事が、自分たちの都合の良いようにねじ曲げる

だから、この素晴らしい我が一族に神が伝道者をお遣わしになったと。いう妄想に取り憑かれてインチキ宗教に騙されたのだ

我が家の家訓

真実はいつも(自分の都合の良いように)ねじ曲がる

コナンくんもビックリ

母と姉の唯一の自慢

「長女はピアノコンクールに入賞したことあるのよ」

この親子みんなに自慢する。一度だけ某ピアノコンクールに出場して入賞したのだ。父も

「長女はピアノの才能があるんだ」と他人に自慢する

姉のピアノはこの家族の誇りだ

KAWAIピアノコンクールはKAWAIの関係の先生と生徒さんしか出れない。コンクールでなくKAWAIピアノ発表会と言われている。最近は外部も受け付けたためレベルがアップしたらしい

コンクールにはホームページで歴代入賞者が紹介されている。コンクールのホームページを閲覧したが、姉の名前はどこにもない

その時に、一緒に出場し姉より良い賞をいただいたAさんの名前もない

どういうこと?

本当にKAWAIコンクールなの?

あの銭ゲバ先生に騙されたんじゃ 

KAWAIじゃあなくて

KAMAIコンクールとか

カワイエアーコンクールとか

カワイなんちゃってコンクールとか 

あの先生ならやりかねない

あんな低レベルな教えのインチキ宗教に騙される程度の頭を所有する姉と母なら

KAMAIコンクールをKAWAIコンクールと思いこませるのは、いともたやすいことだ

f:id:jw1972w:20190318093606j:image

母に「コンクールは何回あったの」と聞くと

「一回よ」

一回しか出場していない

姉の貰った賞は本物のKAWAIコンクールなら、おそらく予選奨励賞だろう。「もう少しで予選通過ですよ」いう賞だ。ファーストステージ落ちだ

KAWAIコンクールは

ファーストステージ(予選)

セカンドステージ

ファイナルステージ(全国大会)まである

ファーストステージ入賞だがセカンドステージにいけなければ、それは私的には「入賞」とは言えない

まあウチのような低レベルな家は事実を捻じ曲げない限りピアノコンペで何も賞はもらえないだろう

長女と同じ学校でKAWAIコンクール全国3位の子がいるが

KAWAIコンは、全国入賞くらいならまあそこそこ上手でした

銭ゲバ先生の教室で一番上手といわれる たAさんは、ピアノ科に入学する実力が足りず声楽科で音高に行ったそうだ

音高、コンペに入賞するかは指導者によって決まる

だからコンペに参加する人は、コンペ入賞実績のある、より良い先生を探し渡り歩く。誰かから紹介してもらうのが基本だが、それなりの技術がなければ良い先生は受け付けてくれない

熱心な先生は、指導者の講習会的なものに参加したり、音楽の勉強の為に海外まで勉強しに行く

本気で音高ピアノ科狙うなら、銭ゲバ先生でなく、音大付属のピアノ教室や入学したい音大付属の大学教授に師事してもらわなくてはいけない。Aさんは師事する先生を間違えている

あの銭ゲバ先生は音大ではなく、音楽科のある大学である。更に、金儲けに夢中で、コンクール指導者としては足りない。学校の合唱祭伴奏レベルだ

中学校の合唱祭で姉さんは「伝説」を作った。「伝説」といっても暴走族じゃあないぜ

合唱祭で姉は譜面を見ずに演奏し

「暗譜で弾くなんて!凄い!」会場を騒然と騒がせたのだ

ええっ!

∑(゚Д゚)

たかが暗譜ごときで

凄いって

流石

偏差値が低くて有名な

N中

30クラス程いてたった1人しか暗譜演奏できないなんて

中学校のピアノコンクールは10分以上の曲を弾く

もちろんみないで

ピアノコンペでは暗譜は当たりまえだのクラッカー。譜面見ながら弾いたら演奏に集中ができなくなり、表現力がなくなってしまいます。譜面を見ながら弾く子は若葉マークもしくは、ただの練習不足です。うちの子は人前で演奏する時譜面見た事はありません。譜面観ながら弾くのは練習不足であり、練習不足の曲を聴かせるのは聴いてくださる方に失礼ですから

ピアノコンクールに出場する子供たちはみんな頭が良い

ピアノの先生に「勉強」の話題について話した時

学年2番と話した時

うさこちゃんは学年一番ではないんですか?

ピアノコンクールに出場する子はみんな天才です

公立の中学なら学年一番は当たり前のようにみんな取れますよ

うさこちゃんは集中力が足りないんです

集中力が足りないからコンクールでミスが多いし、定期テストも一番が取れないのです」と怒られた

確かにコンクールの中学の部は、だいたい4分の一程(某コンクール)以上が名門私立の中学の子で

ピアノコンクールの予選は定期テストと重なる。だから定期テストの勉強しているヒマはない。試験勉強は学校の授業だけで勉強を消化しなくてはならない

名門私立ならみんな勉強できるから授業オンリーで定期試験を消化するのは大変だろう

ピアノコンペの子は、公立だったら学年一番は当たり前くらいではないと通用しない。ピアノコンクールに出場する子はハイスペックな脳を持っている

更に、音楽を表現するのも、作曲者の意図を解釈を分析し試行錯誤しながら、練りに練って曲を計算して仕上げてくる。その子の弾く曲にその子の人格、思考力、知性、先生がどのような指導をしたか、どのような練習をしてきたか全てが審査員にはわかってしまうそうです

中学生の時の姉に曲を解釈する知力、思考力、表現力、分析力は一体どれ程あったのだろう

姉の偏差値いくつだっけ?

f:id:jw1972w:20190404044846j:image

姉は何を弾いても何も考えてない感じでガンガン弾くだけだった

バッハだったらバッハ。ショパンならショパンの時代背景、心を研究し理解しなくてはいけない

姉は作曲家どころか時代の弾きわけさえできていない

姉の先生は銭ゲバ先生でいつも金儲けの話ばかりの人。姉の演奏から察すると先生が時代の弾き分けさえ教えていないと感じである

ピアノコンクールに出場する子は

ご両親が裕福なエリートで教育熱心な家庭の子であり幼少期から英才教育を受けています

毎日の練習、公開レッスン、検定もあります。複数の先生にレッスンを受ける生徒さんもいます

神田うのはヘリコプターで娘のバイオリンの先生のところに通うとテレビで話していました。そこまでの人はあまりいませんが新幹線、飛行機などでレッスンに通う人はいます

コンペのために海外短期音楽留学する人もいます

このようにコンペの費用と時間は青天井にかかります

コンペのお母さんは常に子供のピアノの練習、講習、検定などにつきっきりで自分ための時間はありません

コンクールの先生も生徒さんを入賞させ演奏家として成長させることが生きがいです

演奏で失敗して泣きながら先生に謝罪しているお子さんもいらしゃいます

彼らはコスト、時間、人生をかけてコンクールに出場してきます

このような人たちとご一緒に演奏することは決して楽なことではないのです

ピアノの先生の娘、絶対音感所有。有名音大卒。もちろんピアノの先生の娘だけあって姉より全然上手。中1の時に某ピアノコンペに出場するもファーストで通過ならず

「あんなに弾けるのに受からないの!コンペ恐るべし」と戦々恐々してしまいました

Hちゃん。母親  有名国立大学卒、偏差値75。東大ストレート。絶対音感所有。姉より全然上手い。だがコンペは予選通過せず  

姉がコンペ予選通過するには

偏差値75の人と脳移植して、それから聡明で教育熱心なお母さんにチェンジして初めて予選通過できるレベルだ

我が家のような両親学歴なし、マイルド貧困、絶対音感なし、放任主義、教育は子供と学校任せ、父はテレビ信者、母親はカルト信者週3回集会、10時間奉仕活動しているカルト家族の子供が入賞できるコンクールは日本には存在しません。カルト信者は現実が見えていない。世の中を甘く見ている

母と姉的にはコンクールファーストステージ止まりはコンクール入賞となる

ばカルト親子、コンクール入賞詐称

それ自称コンクール入賞

この親子は現実が見えていない

f:id:jw1972w:20190321113947j:image

自分に都合よく真実を捻じ曲げる人たち