勉強する理由

子供の成績は良いに越したことはありません

中学校では3年間の学校の成績が内心点とされポイントの少ない子供は進学できる学校が選択肢が狭まります

仮にクラス1番を取れれば選択肢が増えます。高校受験はかなり楽になります

ですがどこのクラスでも3人程は優秀な生徒さんがいらっしゃいます。団塊ジュニア世代は半数が短大、大学に進学しています

首都圏なら大学、短大に進学している割合は高まります

カルト育ちの私たち夫婦は全く教育を受けさせてもらえませんでした

高卒夫婦の子供は頑張っても1番は無理筋です

自身が高卒なのに子供には

「1番を取れ」という権利はありません。子供に冷ややかな目で見られるだけです

f:id:jw1972w:20190423212551j:image

新聞でも両親高卒の子と両親が高学歴の子は明らかに学力に差があるというデータがありました

また

高卒両親の子が毎日3時間勉強しても

全く勉強しない両親高学歴の子の方が成績が良い

両親の学歴と経済力が子供の学力に比例する

勉強できる人できないは本人だけの責任ではないということです

https://news.career%20connection.jp%3E

https://news.mynavi.jp%3E%E2%80%A6%3E

ですからクラス5番に入ればと思いました。それなら両親高卒の子供でも達成できなくはないですから

私にとって学力をつけることは

子供の将来の選択肢を広げるためのものです

子供に将来の選択肢を広げるのは親の役割りであり責任でもあると私は思います

私は全く教育を与えられず、選択肢も待つ権利も与えられず苦労しましたから、私と同じ苦労は子供にはさせたくありません

ですから病院から退院した日から極力絵本を読み漁りました

一日一冊でも多く読むよう務めました

一日でも早く文字と数の概念を植え付けれるのが目標です

そうすれば1日でも早く勉強が始めれます

知らないことを知る喜び

知識が増えるに比例して世界が広がる喜び

子供ができなかったことができるようになり向上する喜びを体得できるよう一緒に勉強しました

長女がピアノを習い始めた途端

「この子はピアノを弾く人間だと思い」

ピアノ9割

勉強1割に変更しました

ピアノコンクールは子供にとって精神的に負担です。コンペと勉強の両方やらせたら子供の心が折れると思います。中には開成→東大に進学しながらコンクールで何度も入賞された方もいますが、そういった方は特殊体で例外的な存在です

ですから勉強はあまり期待しませんでした

あまり勉強していないのに

長女は小学校ではクラス5番どころか

学年「2つの双璧」となりました

勉強のAちゃん

芸術のうさこちゃんと呼ばれました

「学年2番なの!凄いじゃない」

両親が半数以上が大学に進学する首都圏で両親高校の子供が塾も通わないのに

長女は私の要求以上のことをしてくれたのです。素晴らしいではないですか。よく頑張ってくれました

ところが私の母は

「学年1番取りなさいよ!」と罵った

私「学年2番て凄いじゃん」

「1番じゃなきゃダメよ。私だったら勝ち気だから絶対1番取るわ!」

(゚∀゚)はぁ?

学年1番もとったこともねーだろお前は!

母はいつも「学年18番」微妙すぎる自慢をさんざんしていたのだが

母の脳内では

自分の学年18番>長女の学年2番

らしい

もし自分の孫に学年1番を当たり前のように要求するなら

ばカルト活動なんかしないで

孫の母親を、自分の娘を高卒ではなく、孫の学年の母親の中で最も良い学歴を与えてから「塾代くらい私が出すわよ」と金銭援助してから、自分の孫に学年1番を要求するものではないのか

それなら口だしするのもまだ理解はできる

ちなみに1番のAさんのご両親は有名大学を卒業したという話を人伝えに聞いたことがあります。(本当にできる人は自慢しない)高卒両親の子供が1番になれるわけないのに

Aさんは私立中学受験をする子(後にT中学校に進学)であり、そのために塾に通っています

我が家は、私立中学校に通う予算はありません

私立中学受験するわけでもないのに、猛勉強させ不必要なストレスを与える必要はありません

ピアノコンクール、週に10以上の習い事という児童虐待に近しいスケジュールを課しているのに、更に学年一番を要求(両親高卒なのに)

母の要求はめちゃくちゃです

娘の心を壊し

孫の心まで壊すつもりだ

Aさんより自分の子が劣っているとか優れてるとか

私的には、人間をそういう物差しで測るのは間違っていると思う

長女には長女の人生があり、AさんにはAさんの人生がある。人それぞれであり、うちの子はピアノが向いてるからピアノにファーカスしただけであり、勉強だけが人間の価値を決めるものさしではありません

f:id:jw1972w:20190525152624j:image

姉は

「ママの言ってることは正しい

学年2番なら学年1番目指すの当然でしょ

離れた2世は何でも人のせいにするよね」

ええっ!

ちょ・・ま

ちょっと鬼母子ちゃん

あなたかんたんなけいさんもできないけど

にほんごわかる?よく理解できてないようだけど

あなた学年何番?

後ろから数えたほうが早いんじゃ

学年2番なら学年1番目指すの当然

何そのむちゃくちゃな論理 

上から目線で偉そうなこと言うなら

あなたがまず   かんたんなけいさんができるようになって

ただしい  にほんごが りかいできるようになって

当たり前のように常に学年トップとってから言ったら?

母も姉も

自分が必ず学年1番とるわけでもなく、自分の子供も学年1番とってるわけでもないのに

クラスで下から数えたほうが早い立ち位置なのに

他人には1番取るの当然と要求する

できなければ無能と罵る

この人たちって・・

「事実を自分にとって都合よく捻じ曲げる」母と姉の頭には

学年2番より学年18番のほうが上らしい

嗚呼

わけわかんないよ

この人たちと話すと頭がおかしくなる

確かに1番をとるに越したことはありません。ですが世の中にはとても優秀な人間がいます。どんなに努力してもそのような人には敵わないのです

もし子供に

「1番じゃなきゃダメなんて」

「1番であればいい」と強要すると子供はストレスを感じ追い詰めることになります

燃え尽きたり、鬱になってしまうかもしれません

どんなに頑張っても1番取れない場合もあります

勉強は結果は大事でありますん。1番大事なのは

f:id:jw1972w:20190423212733j:image

目標を持ち、計画を立て、毎日地道にコツコツと積み上げて達成するプロセスと

知識を得ることにより成長する自分自身が大事です

子供に「1番じゃなきゃダメ」など結果ばかり要求するなら

追い詰められて

不正してでも1番をとったり

「1番以外はいけない」とは「1番以外はクズ」だという差別的な意味合いもあります

そのような歪んだ価値観を押し付けられた子供は

お勉強のできない子を見下したり、虐めたりするかもしれません

勉強とは

1.分解力

複雑な物事をシンプルにする力

2.想定力

柔軟な発想で解決策を見つけだす力

3.論証力

論理的に説明して聴き手を納得する力

4.批判力

現象にとらわれず本質を見抜く力

以上のことを学校教育を通して長い時間をかけて向上させることです。以上の力をつけるために私は子供たちに勉強させています

学習は学生時代だけではありません

生涯学習することによって知性を磨き、自己向上をはかり

いかなる困難も乗り越えるように自分を知的に武装することです

頭は「持ち運びできる財産」家や財産を奪われても「頭脳」さえあれば生きていける

頭が良ければ、どんな苦境や困難でも乗り越えていける能力 

何かを成就するためには、地に足をしっかりつけて、用心深く現実的に生きなければならない

ユダヤ人の考える力より

ユダヤ人の「考える力」

ユダヤ人の「考える力」

 

将来、困難や苦境に陥った時

乗り越えるための力を蓄えるために勉強という訓練を積み上げ

「知」という武器と装備を身につけるものです

今の世界は資本主義です

頭のいい人たちが経済を支配します、弱者は搾取されるだけです

また悪い人もいます

「ウチ会社に投資すれば、儲かりますよ」

「私たちの真の宗教に属しすれば誰でも楽園で不老不死で永遠に生きられるますよ」

などと頭の弱い人を巧みに騙して、奴隷のように無料奉仕にこき使うとか

疑うことを知らぬ良い人を、騙して利用して、お金や人生を搾取する「悪い人」がこの世の中には実に多いのです

私は子供が「悪い人」に人生やお金を搾取されないために

子供の考える力を養っているのです

考える力を養うのは

人間力です

人間力を養うのは、学校教育が最も適しているのです

学校には色んな人がいます。色んな人と交わることにより、人間は最も成長ができる

「悪い人」に搾取されたり、騙されたくなくば「勉強」するしかないのです

現実の世界の人間は、現実の世界で上手くいくために仲間と切磋琢磨して生きて成長する

カルト信者は自分の課題を乗り越えることから逃げて、カルト宗教の世界に逃げた人間です

現実の世界で努力したことのない、カルトの世界に逃げた人間は、母と姉は1番を取ることがどれだけ大変なことであるかがわからない。わからないから他人に

「1番を取れ!」と無茶な要求ばかりする

世の中に優秀な人はたくさんいます。どんなに努力しても1番を取れない時は必ずあります

現実の世界で努力した人、苦労した経験のある人は1番を取ることがどれだけ大変なことがわかっているから他人に無茶な要求はできません

他人に「1番取れ」要求するなら

まずご自身が1番でもおとりになってから言ってみたら、どう?

私の家族は全て

自分たちの都合の良いように話がねじ曲がる。言ってることに筋は通らず、論理、道理、公正さは全くなく意味不明

自分たちに都合が悪くなると逆ギレして「アンタは何でも人のせいにする」気が狂ったようにぶち切れる。話は全く通じない

このように、全て人のせいにする人間は反省しない

人間は反省して向上する

反省すれば、自分の問題点がわかる

なんでも、人のせいにして反省しない人間は、自分の問題点がわからない。だから、いつまでもそのまま成長しない

シンプルにいえば

f:id:jw1972w:20190423211757j:image

本人たちが「自分が頭が悪い」とう事実さえ認識できないほど頭が悪い

カルトに騙されたから頭が悪いのか

頭が悪いからカルトに騙されるのか

やはり勉強しないと、こんな愚かな大人になるのだろう

私の子供たちはこんな愚かな大人にしてはいけない。勉強しよう