ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

平気で嘘をつく人たち

虚偽と邪悪の心理学

精神科医スコット・ペック氏が自らの診療経験から、世の中には"邪悪な人間"がいると考えるに至ったこと書いた著者

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

 

悪は殺人と関係がある。これは肉体的な殺しだけを言ってるのではない。悪は精神を殺すものである

人間の生には不可欠の特性がある

  • 意識
  • 可動性
  • 知覚
  • 成長
  • 自立性
  • 意思

我々は肉体を破壊することなく、こうした特性を殺すことができる。髪の毛一本傷つけることなく子供を「破壊」することすらできる

他人を支配したい

  • 依存させる
  • 自分自身で考える能力奪う
  • 人間の独自性を潰し人間性を奪う

悪(evil)と、生きる(live)は対極にある

悪・・・生命を奪う

善・・・生気を促進するもの

愛・・・癒し

邪悪な人間

  1. 良心の欠如
  2. 善人に見られることを強烈に望んでいる。彼らにとって「善」とは見せかけである
  3. 自己批判や自責の念といったものに耐えられることはできない
  4. 「自分は完全」と考えている
  5. 他人のせいにする。自分の欠陥を認めない。自分自身の邪悪性を他人に投影する
  6. 他人をスケープゴートにする。他人に罪を転嫁する。彼らは自分は完全という自己像を守るために他人を犠牲にするのである
  7. 自分の悪を否定したいために他人を悪にする
  8. 他人に共感なし
  9. 他人の感情に尊重はなし
  10. 未熟
  11. 無責任
  12. 他人の境界性の侵害
  13. 自分の意思、価値観を他人に押し付ける

人間は自分自身の足りない所を認識して初めて精神的な成長ができる

邪悪な者は自分自身の足りない所をなおすのではなく、他人を攻撃して破壊する

健全な人間は、自己実現のために日々の努力を積み重ねて成長していく

常に他人のせいにする彼らはいつまでも精神的に成長できない

成長できない彼らは他人を貶めなければ安心できず絶えずターゲットを探す

健全な人間は他人と価値観が違う時、相手を尊重し、理解しようと努める

邪悪な人は他人は自分の意のままに動くべきと思っている

邪悪な人は、他人たちが自分の意のままに動かないから世間を憎む。悪いことを全て他人のせいにする

邪悪な人間は自責の念はなく、投影や自分の罪(失敗)を他人に転嫁する

自分が苦しむ代わりに他人を苦しませる

健全な人が愛情を注ぐのと同様のエネルギーを他人の攻撃に使う

健全な人間は自分の行動に対し他人の影響を考える

邪悪な人は他人との付き合いに自己中心的になる

彼らは他人を犠牲に捧げる

他人を支配したいただそれだけ

人がこころが病む時に、その人が心が病む訳ではなく、その人が心を病むように精神的に追い詰めた誰かがいる

人は自殺する時に自殺するよう追い詰めた人間が存在する

この本では自分の子供を「精神病」として精神科に連れてきた子供と両親が登場する

精神科の診察に連れてこられた子供は「見なし患者」と呼ばれます

子供を両親、または他の人が「精神病」というラベルを貼ったからです 

子供の心の病はその子でなく、両親、家族、学校などにある。その子の親の方が治療が必要な場合もあります

15歳の鬱病の少年と両親の話

クリスマスプレゼントに一年前に兄が自殺に使用した銃と同じ銃を息子にプレゼントした両親

少年「僕はテニスラケットが欲しいと言いました」

両親「これぐらいの年頃の子はみな銃を欲しがります」

立場が悪くなるとぶち切れはじめた両親たち

自分の兄が自殺すれば、弟には喪失感や罪悪感を感じたる

クリスマスプレゼントに兄が自殺した銃と同じ銃をプレゼントされたら15歳の少年がどう感じるか

「お前も兄と同じことをしろ」というメッセージに受けとらざる得ないのでは

一年前の兄の自殺した時に銃を未成年の兄に与えたのは誰なのか

著者はこの両親にとてつもない邪悪を感じた

子供にとっては親は神のような存在である。子供は自分の親を客観的には評価できない。親から愛されない子供は自分は誰からも愛されない人間と思う

(平気で嘘をつく人たち)

救われない話

Aさんの母親と姉がカルト宗教にハマる。自分たちと同じ信仰を持たないAさんを母親と姉は「おかしい」とみなした

同じカルト宗教の信者たち、親戚中に「Aははおかしい」と言いふらした

Aが「おかしい」のではなく

母親と姉が「おかしい」というレッテルを貼ったのだ

一番おかしいのはカルト教団に洗脳された人間なのだが

レッテル効果(人間は特に子供は「○○だ」と言われると本当にそうなってしまう)によりAはうつ病を発症する

このカルト家族はAさんの髪の毛1本も傷つけることなくAさんの精神を破壊した

母親と姉はうつ病になったAを更に 「おかしい」と周囲に言いふらす

何故、他人を中傷するのか

f:id:jw1972w:20190509121114j:image

ターゲットを自分の意のままに支配するため

自分たちと同じ信仰を持たせるためにターゲットの人生を支配するため

なぜ他人を支配するのか

f:id:jw1972w:20190509121247j:image

自分たちが絶対正義だから

全ての人間は自分と同じ考え、信仰を持って然りだから 

自分より格下の末の子は常に自分より下にいなければならない

古代の人類は、生き残りをかけて食料を奪いあったり群れの中で優位性を主張し合いマウンティングをしてきました

人間には闘争心という本能があります。人間と人間が2人いれば、支配する者と支配される者に分かれます

支配者

一見すると良い人にに見える人は低温やけどのように、じわじわとダメージを受け、気づかず重症化する

支配者はターゲットに気に入られるため最初は良い人を演じる

支配者は何故支配するのか

f:id:jw1972w:20190719000302j:image

歪んだ承認欲求

自分が楽して生きたい

自分だけが得して生きたい。他人を犠牲にしても

自分が一番でいたい

人間は誰しもが自分のペースで生きたい。他人に合わせたくない為に

「私の方がお前より上だ」

「私の後についてこい」

相手をマウンティングしたり、相手を貶めて相手を自分より下に置こうとする

「一見、いい人」が一番ヤバイ

「一見、いい人」が一番ヤバイ

 

自分より妹を自分より下に置き支配するためにうつ病に追い込んだ

「おかしい」と家族からレッテルを貼られた妹は人間として自信を喪失して全く笑えなくなった

母と姉たちは自分より下のものとして妹を置くことに完全に成功した

そんな妹を見て母親は

「あなたはどうして自信がないの?」

姉は

「あなたは可愛いのだからもっと自信持ちなよ。笑えば可愛いのに」

貶めた妹に手を差し伸べるのだ

お前が貶めてるからだろ

面と向かって全人格否定、更に周囲に、悪口ばかり言いふらされて笑えるはずなかろう

職場中、会衆中、親戚中に「おかしい」とレッテル貼られて悪口言いふらされてるのに

一体どうやって自信を持つことができようか

どうして笑えることができようか

人を貶めて、うつ病に追い込み、笑えなくした張本人たちが

突き落とした後は

同情して手を差し伸べてて善人ぶるのだ

同情することによって相手より上に立ち自分の強さを実感し

上から目線で

「優しい私は可哀想なこの人を助けてあげてるの。本当私って何て優しく素敵な良い人なのかしら」何か有用なことをしている事実に密かな快感を覚えている

これほどの偽善ぶりはない

我こそが正義

ある日には

「M姉妹にね。私の妹「変」なんです。って言ったの。そしたらねM姉妹「そんなことないよ。普通だよ」って言ってたの。たからAちゃん自信持って」

あなたがそうやって悪口ばかり言いふらすから自信持てなくて笑えないんだよ

ターゲットを周囲に「変なんです」と吹聴する

ターゲットに「変」いうレッテルを貼りそう言えば聞いた人はまず「そんなことないよ」と否定する

他人から善い人と見られたいために自分を卑屈なほど卑下する人はいるが

この人は自分を卑下しないでターゲットを卑下して善い人ぶろうとしている

更にそのことをターゲットに伝え

ターゲットには何の取り柄のないターゲットを励ましてあげる善い人と思われようとしている

一方でターゲットの悪口を吹聴して歩き回りターゲットを貶めながら、一方では「自信持ちなよ」と人格者ぶり貶めた張本人のくせに手を差し伸べて恩を着せようとしている

しかも痴呆老人のようにその話を何度もするのだ

何度も何度も私は「善い人」を強調したいのだ

ここまでくるとイジメをしてる人や面と向かって罵詈雑言を吐く人より、遥かにタチが悪い

彼女が常に悪口を吹聴しているせいで、S姉妹からはあからさまに見下されるようになった

「ねぇ私車の免許取ろうと思って」

「そう、何処の教習所に通うの?」

「集会や大会で会衆のお年寄りを送り迎えしたいの」

「偉いねーSちゃん」

「だって・・・どりぃちゃんが車の免許持っているでしょ。どりぃちゃんができることは誰にでもできる」

と彼女は軽蔑の眼差しで笑いながら言った

その後、Sちゃんは車の免許を取っていない。Sちゃんちは裕福でない。家には車も無ければ、車の免許を取るお金さえない

私をdisるために、車の免許の話を振ったのだ

F兄弟は

「どりぃちゃんはお母さんに似たんだね。お父さんとお姉さんはできるのに、お姉さん優しいね。僕がどりぃちゃんは良いところが一個もないと僕が言うと。お姉さん「そんな事ない!」と庇うんだよ。お姉さん善い人だよね」

従兄弟のお嫁さんに初めて会った時

「どりぃちゃん。噂はお姉さんからいっぱい聴いているのよ」

「ええっ!」

従兄弟

「お前らが色々言いふらしてるから・・」

「どりぃちゃん。自信を持ってね・・」

従兄弟のお嫁さんにまで同情される程散々悪口を言いふらされ立場がない。自尊心もあった者ではない

文句を言っても通じない

この人たちにとって妹は道具だから、道具には何をしても構わない

この人たちは素晴らしい自分に酔いしれてるだけ

相手の気持ち、感情は考えたこともない。彼女にとって妹とは素晴らしい自分を輝かせるための「道具」なのだから。かつて、エリザベート・バードリー伯爵夫人が自らを輝かせるために600人以上の娘をスケープゴートにしたように、妹をスケープゴートにして自分を輝かせようとしているのだ

「良い子、良い子」と右手で頭なでなでしながら左手では思いっきりつねる

周囲に私は「良い子、良い子」したと思わせる

本当には片方の手で思いっきりつねってるのに 

洗脳とカルト教団によくあるダブルバインド

ターゲットはおとされるだけ、全く救われない

ターゲットを徹底的に貶める。それはあたかも

サンバルテルミの虐殺で町中を引きずり回した上に吊るされたユグノー教徒の気分だ

更にその屍に辱しめを受けさせるようなもの

この家族はターゲットが死んだ後も貶めるだろう

カルトに洗脳された人間は異常である。話は通じない。苦言を呈しても、論理的に説明しても

逆ギレするか

「あなたのためにしてあげているのに!」

と被害者ぶるのいずれかだ。話は通じない

他人を貶めることが彼らの自己表現なのだ。今ではそう理解している

f:id:jw1972w:20190720133920j:image

人の為に善いと書き

偽善

彼女はよく明石順三(ものみの塔の日本支部元代表者、本部に

「明石順三は偽善者なの」

「排斥者はハルマゲドンで最も重い裁きがあるの」と20歳の女が、したり顔で何度も、何度も繰り返し語る。痴呆老人だろうか

彼女にとって「偽善者」とは排斥された人間と組織から離れた人間なのだ。善い人である自分は明石順三を断罪する権利があるのだ

洗脳されたカルト信者は、価値観、感覚が世間一般と認識と違う

Aさんは小6の時の通学班で

同い年のHちゃんに

「私、あなたのお姉さんとYちゃんに「遊ぼう」と誘われて裏の砂利道に連れていかれたら、2人に石を投げられたの。私泣きながら家に帰ったんだよ」

Kちゃん

「私もあの2人から同じことされた。私も泣きながら帰ったよ!」

それ以降HちゃんとKちゃんは結束して班のみんなにAさんの悪口を吹聴した。そしてAさんは班全員からいじめにあったのです。姉の因果を何の罪のない妹が受けたのです

Aさんの姉は自分がイジメをした認識はない。自分が複数で年下の子供に石を投げてイジメた事実さえ覚えていないだろう

自分より歳下のHちゃんとKちゃんが生意気だから、悪だから

正義の自分が悪に鉄槌を下したのだ

選ばれたエホバの証人の子供である

我こそが正義なのだから

f:id:jw1972w:20190716161806j:image

善意のバカは本当にタチが悪い

バカにもいろいろあるけど、自分がいいことをしていると信じて疑っていないから、何を言っても耳を貸さない

つまり、バカの中でも

止めようのないバカという意味で最悪です

省略

つまり、善というのが、思考停止する口実になってしまっている

西野亮廣

(バカと付き合うなより)

私的に一番の邪悪は

イジメや犯罪する人ではない

イジメや犯罪をする人は

誰の目から見てもヒールになるだから

「アイツは嫌な奴だ」とみんなから思われる

ヒールになる人は「嫌な人」だけど「邪悪」ではない

最も邪悪な人間 とは

自分が絶対正義と思っている人

善い人を演じる人間

被害者を演じる人間

他人を悪人に仕立て上げ(その人の何気ない言動などを捻じ曲げて言いふらす)

その人を叩くことにより

私は、悪に鉄槌を下すヒーローと周りに思わせる人

その人を沈めるように仕向けたのは紛れもなく自分なのに

さらに突き落とした後は、手を差し伸べて

周囲から善い人に見せようするために利用したり

加害者なのに被害者に恩を着せようしたり

他人を悪人に仕立て上げ

私はこの悪い人に酷い仕打ちをされましたと被害者ぶる人

このような人が私的に邪悪だと思う

f:id:jw1972w:20190622145615j:image

今まで生きて悪魔やサタン、悪霊には酷いことされた事は一度もない

今まで私に酷い事したのは生きてる人間のみだけだから

生きてる人間が一番悪い

「悪」は「悪魔」「サタン」など霊的なものではなく、人間のこころの中にある

何かあると「悪魔」、「サタン」の仕業と言う人は自分の悪を他人に責任転嫁したいだけの思考停止した無責任な人間です

f:id:jw1972w:20190511194409j:image

行き過ぎた正義と邪悪は表裏一体

サンバルテルミの虐殺

1572年8月

カトリーヌ・メディチとギーズ公の謀略でパリで3000人を超えるユグノー(新教徒)が虐殺されました。ユグノーの家に暴徒や兵隊が押し入りユグノーたちは窓から突き落とされた。彼らは街中を引きずりまわされ、最期は広場で吊るされた

1556年  

メアリー1世は大勢のイギリス国教徒を処刑する。後にメアリー1世は血のメアリーと呼ばれる

カトリーヌとメアリー   彼女たちのしたことは虐殺です。2人とも敬虔なカトリック信者である正義の自分が異端である悪の新教徒を鉄槌をくだしたと信じていた

有史以来、幾度となく繰り返される残虐行為の数々。人間の歴史の闇とも言える、そんな行為の多くは全て「正義」のもとに行われてきた

自分の正義を確信している人間こそが、最も残酷になれるのである

なぜなら、どれだけ残酷なことをしようとも、彼らにとってその行いは「正しい」ことだから

実際に正義、常識なんてものは、それぞれの共同体、個人、国、地域ごとに変わるものである

客観性を持たない正義は単なる思考停止に他ならない

f:id:jw1972w:20190702231337j:image