ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

自己啓発で人々をハッピーにしよう

「私たちは

世のため

人のため

金のため

世界の人々を不幸な人間をハッピーにするために。教祖の勉強をしているの」

「大変よ!先進国では宗教信者が減少しつつあるわ」

「先進国の人が科学の進歩とインターネットでカルト宗教の悪行を知り、若い人たちが宗教離れをはじめたの

インターネットで情報が氾濫しても人間の本質は変わらないわ。逆に情報がありすぎて何を信じたらいいかわからず、かえって不安になるの

科学が進歩しても、基本人間は自分で考えるのが面倒くさい生き物なの

今時の若い人は不安になると宗教に頼るのではなく、自己啓発本を読んだり、自己開発セミナーに参加して自分で考えて解決する代わりに

自己啓発本セミナーのカリスマに考えてもらって安心するの

XのToshiは宗教ではく自己啓発セミナーで洗脳されたのは有名ね

今日は起業家のカリスマ堀江貴文先生の「全ての教育は洗脳である」を研究するわよ

f:id:jw1972w:20190715092029j:image

ホリエモンの本を読んで見習ったら刑務所にぶち込まれそうじゃない?」

ホリエモンにはカリスマがあるわ。ホリエモン信者と呼ばれる人までいて、まるで新興宗教の教祖様のような人気なの」

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。学校のはじまりは産業革命のイギリスだ。子供たちを工場労働者育成のため、国民のナショナリズムを育むための恰好の教育機関である。インターネットの発達により、義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかない

努力をコツコツと積み重ねること

勉強して、いい大学、一流会社に働くこと

結婚、子供を持つこと 

道徳、常識

全ては日本政府が国民を従順な家畜にするための洗脳だ  

日本人の99%は日本政府に洗脳されている

そうか!今まで気づかなかったけど私たち日本人はみんな国家と学校に従順な家畜になるように洗脳されていたのね!

このままじゃ時代に乗り遅れてしまうわ!

早くHIU(堀江貴文イノベーション大学)を受講しなきゃ!

なんて

誰が騙されるかボケェ!

「この人の手法はニヒリズム(いろんな価値を否定する。宗教、あらゆる道徳、権威に意味はないという結論)あらゆることを疑い、冷笑し、今まで皆が正しいと信じていた既存の価値観や常識をぶった斬って、ターゲットを不安にさせ自分の思想に依存させる戦法よ

わかりやすく言えば

既存の大きなものをポカポカしながら"私の方が正しい"というの」

「反抗期のガキが親をポカポカしながら

"おい、ババア!小遣いよこせ!"と言ってるみたいなものね」

ホリエモンの手法は「このままじゃ、オメー国に洗脳されるよ。やべーよ」と不安を煽り、困らせターゲットの判断力を鈍らせ自分の意のままに心理操作する作戦よ」

細木数子

"このままじゃアンタ死ぬよ"

と不安感を煽り占い料をボッタくる感じかしら」

「不安で煽って依存させる。イエスと同じ戦法よ

キリスト教は人類最初の人間夫婦が木の実をつまみぐいしたため、その子孫である私たち人類は皆

罪を受け継いでいる(原罪)

お前ら、このままじゃみんな地獄にいくぜ。大変だよ

私たち人類は天国に行きたければキリスト教徒になるしかないの

私たちはイエスの教えを聞かなければ地獄にいくわけで確実に困るわけだから

「そうか今まで気がつかなかったけど、オレって困っていたのか」と初めて不安になるの

キリスト教は人類を不安にさせキリスト教徒に依存させることりより世界一の信者を集めたの」

「ターゲットが困ってなければ困らせればいいのね」

1.ターゲットに不安を煽ろう

僕は宗教には何の興味もない。否定も設定もしない。それによって幸せになれると思うのであれば、好きな神様を拝めばいい

だけど常識の信仰だけはおすすめしない

大人たちのいう常識を疑い、常識に背を向けたこそ、今の自分がある。かくして運良く僕は洗脳されずに済んだ

2.常識に疑問を呈そう

「世間の常識は絶対じゃないわ。昔は地動説を唱えただけで裁判にかけられた人もいるわ。常識は時代、地域、国によって変わるもの

ホリエモンは今までの既存の常識

日本政府

日本社会

義務教育

日本人の美徳といわれている

従順

努力

我慢

に疑問を呈したの

ホリエモンのような既存の「常識」を疑う先駆者によって文明は発達してきたのよ

f:id:jw1972w:20190621221341j:image

産業革命(18〜19世紀)によって生活水準の向上した私たちの社会だけと

国家、会社、政党、学校など組織が巨大化すると合理的運営原理が必要とされるようになったの

官僚制(ビューロクラシー)(マックス・ウェーバー)

特徴

  • ピラミット型の指揮命令系統による権限と責任の明確化
  • 上下関係(ヒエラルキー)
  • 職務の専門化、規則による固定化
  • 公私の分離、文書主義、ハンコ主義
  • 専門知識・能力による選任と昇進の原則

官僚主義には

セクト主義(縄張り主義)

形式主義

に陥りがちなの

組織が巨大化するこの難点

  • 労働者は組織の歯車になる
  • 生活水準や思考方法が画一化・企画化
  • 大衆は人間性を喪失し個人は没個性化
  • 画一化された大衆は総中流意識を持ちな同じような思考(ステレオタイプ的思考)になり、世論操作受けやすい

人間の社会的性格の分類(3種)

伝統的思考型(封建社会)

権威、慣習などの伝統を行動の指針とする

内部志向型(近代市民社会)

近代社会を形成した市民のタイプで自己の良心、信念を行動の指針とする

外部的(他人)志向型

自分の良心、信念のような内部的権威でなく、仲間、世論のような他人の意見や行動を指針とする

(リースマン/孤独な群衆より)

堀江氏は巨大組織化した現代社会において、失われつつある人間性や個性を憂いて、伝統的価値観、社会規範を「洗脳」と考えたのね

f:id:jw1972w:20190821112315j:image

歴史上、どんな組織、社会でもはじかれた者は必ず存在する

教祖の仕事は国や社会の問題点だけをあげつらい、現代社会に適応できない不幸な人に救済を与えること

3.ターゲットの頭を空にしたあとは、新しい価値観を刷り込こもう

伝統的価値観、社会規範が崩壊すると大衆は精神的に不安定(アノミー)や無関心(アパシー)が生じ、正常な判断ができなくなるの

人間は不安になると認知能力が働かなくなる。思考力がなくなり、強いリーダーに頼ってハッピーになりたい要求が出てくるの」

「救済と称してハッピーに(洗脳)する。教祖(詐欺)の基本ね

さすがホリエモン。ムショ帰りは一味違うぜ」

ターゲットの頭が不安で頭が真っ白になったところで新しい思想を書き込む

私たち人間は白紙状態(タブラ=ラサ)で生まれてきます。私たちは経験から知識が生まれ、感覚と反省から観念が生まれる(ロック)

人間は相互に影響され生きている。私たち人間は皆マインドコントロール(洗脳)された状態です

洗脳・・・監禁、暴力などを用いてターゲットを操作する(北九州監禁事件/1999年)

マインドコントロール・・・恐怖、不安感など与えターゲットの認知機能を弱らせて、依存させ、行動を操作する(カルト教団)

教育、メディア、広告もマインドコントロールです

現代の人間はマインドコントロールを受ないで生活することは不可能です

洗脳されたくなくば、通信機器を一切もたず、無人島で一人で生活するしかありません

「私は洗脳されていない」という人が最も洗脳されている

f:id:jw1972w:20190622112013j:image

なぜなら

洗脳された人間程、自分を客観的に見ることさえできないから

政府

「国民の生活を豊かにします」

グーグル

「あなたの暮らしを劇的に便利にするアプリを開発中です

どっちに期待してしまうだろう

クイズ100人に聞きました

あなたはどちらを信頼してしまうだろう

A.日本政府

B.堀江貴文

4.救済を与えよう

行動せよ

自分の楽しいこと、好きなことにハマり、サルのように没頭せよ

不安を煽る男の話

第一次世界大戦後のドイツ

多額の賠償金

多くの植民地と領地を失う

インフレ

世界恐慌

不安になったドイツ国民は当時の政府に懐疑的になり強いリーダーを求めた

「今の政府は害悪だ。私の言うことを聞けばあなたがたは豊かで幸せになる」と言葉巧みに、国民の不満と不安を煽って国ごとまるまる支配した人がいたわね

5.大衆の心を掌握しよう

ヒトラーの率いるナチスは多くの国民に頭が悪くても理解できるようにわかりやすい希望と目的を示した

6.希望と目的を与えよう

ヒトラーアーリア人優秀説は戦争に負け自尊心を失くしたドイツ人を救済した

更にこの対極にお金持ちで選民のユダヤ人を劣等民族として置くことにより

自分たちはお金持ちより選民より優秀だ

ドイツ人というだけで自動的に何の努力をしなくてもエリートになれるという餌を大衆に与えたの

どんなマヌケでも、ウスノロでも役立たずでもドイツ人というだけで合格なの

ヒトラーは権力を掌握するために

大衆=弱者

の心理を研究し尽くしたの

大衆のその愚かさ

単純さ

飽きっぽさを理解して

大衆の心を掴んだの

大衆は眼を輝かせてヒトラーを賛美し、ユダヤ人を差別し、告発するようになったわ

日本経済GNPは下がり凋落の一方

終身雇用制度

年功序列制度

国民年金制度崩壊

今の仕事は半分はAIに奪われると言われている

今の日本の閉塞感と不満は世界恐慌のドイツに似ているわ

f:id:jw1972w:20190621221418j:image

第一次産業(農業)

第二次産業(工場)

第三次産業(サービス業)

ダニエル・ベル(米)による予測

時代はAIの発達によりモノを作る工業化社会から情報やサービスを提供する

第四次産業に入ろうとしている今は時代の転換期よ

子供たちの65%は、今存在していない職業に就くと言われているわ

起業をテーマにした本が売れているのは、管理型社会から起業家社会の過渡期でもあるからよ

今後の時代に対応するためには

一歩先を読む洞察力

問題処理能力

型にはまった思考ではなく直感力、創造性が求められるの

f:id:jw1972w:20190821112503j:image

時代についていけない者、組織に還元しない者から淘汰されるわ

従来の詰め込み式の学校教育は加速的に変化する社会に対応が追いつかない状態です

転換期の今こそ人間は強いリーダーを求めるの

6.安心要求を満たそう

何も考えずに強いリーダーの言うことを聞いて、面倒くさいことすべてやってもらって、楽チンしてハッピーに人生を謳歌したいの」

「弱っている人ほど洗脳しやすいということね。私たちにもチャンスだわ」

「現在不幸な人は、今の社会の価値基準に対して不幸なわけなの

不幸な人「弱者」彼らの社会評価(学校などの成績)平均を超えないが、彼らは決して「平均」でありたいと願ってはいない

社会のあらゆる評価が自分に特別能力がないことを示していても

自分は平均以上。もしくは八村塁、藤井聡太みたいな天才と思っているの。何の根拠もないのに

マイナスの塊がいつか一挙にプラスに転じると模索してるけど

プラスになるための具体的な努力や行動は一切しない

彼らは別の角度から見ると聡明だから自責の念はない

なぜなら

考えれば考えるほど全ての社会的評価において自分が悪いことが明白だから思考停止せざるを得ないの

ヒトラーのように大衆掌握しよう

大衆掌握のコツとは

大衆の欲しいものを与えること

弱者は自分の不幸を他の何かのせいにしたいの

自分は本来才能があるのだが

社会システムのせいで自分の才能が発揮する場がない

f:id:jw1972w:20190821112558j:image

「君たちが不幸なのは国のせいだ。国家は日本人を従順な家畜にしようとして義務教育で洗脳している。国家と学校が君たちの才能、可能性を潰していたのだ」

と誰かに言って欲しいの

ナチスが全てをユダヤ人のせいにしたように自分の不幸を全てを他の何かのせいにしたいの

現行の社会は絶対ではない。見る角度を変えれば弱者はそのまま強者になりうる

現行社会のシステムや価値観から外れた人たちに、別ベクトルでの存在意義を与えるのよ」

「ただの自己欺瞞では」

ホリエモンの教えは、今の社会で不幸な人たちに、今までにない新しい価値基準をを与えたの

それはかつて、イエス、釈迦、マホメットが当時の不幸な人々に新しい価値観を与えたように」

「国家の洗脳からホリエモンに洗脳されるだけでは

コツコツと努力を重ねて達成することや我慢する事は国家の洗脳だ

「堀江氏は自分がやると決めたことはとことんやり抜くストイックな努力家よ。起業するなら人の20倍、30倍は努力しろ」と書いても、不幸な人は努力や我慢が大嫌いだから本を買ってくれないの。堀江氏はビジネスマンよ。本を出版するからには沢山売りたいの。弱者は何も努力しないで人より良いものを得たい

「楽」と「徳」だけして生きたいの

弱者の性質を知りつくした堀江氏は「努力」という言葉をあえて使わず「ハマれ」仕事を「遊び」にしろと書いているの

一流大学、一流会社に働く奴は洗脳されている

世の中は資本主義である以上椅子は限られているの

ほとんどの人間はなりたくてもエリートになれないの

ホリエモンの教えを信じれば

"あいつらは洗脳されているんだ"とエリートを上から目線でで見ることができるの。貧乏でも、学歴がなくても、ひきこもりでも、ボッチでも、彼女いない歴が自分の年齢でも

"はぁ?オレが不幸?オレ負けてないから!"

とハッピーになれるの」

「信者をルサンチマン(奴隷道徳)にしてハッピーにするのね」

f:id:jw1972w:20190722191303j:image

やっぱりパスタにはこれよね

それ、パルメザンチーズや

ルサンチマン

原始キリスト教は社会的弱者だった。彼らは豊かで力のあるローマ人を

「神を信仰しない悪だから負け組」とみなし

「清貧、信仰のある」自分たちこそが「善、正義、勝ち組」とみなし自己を慰めていた 

主に社会的弱者が、社会的成功者に怨念や復讐感情を持ち

「この人は裏で悪いことしてるから成功したんだ。貧しい私たちこそが勝ち組だ」

と弱者が成功者を上から目線で見て溜飲を下ろすこと

このような心理状況をニーチェルサンチマンと名付けた

f:id:jw1972w:20190621221527j:image

7.出版をしよう

日本では社会に適応したエリートよりエリートに嫉妬する、社会的弱者の方が層が厚いのだからそちらをターゲットにした方が本は売れるわ

社会的弱者は頭がシンプルだから、だから貧乏なんだけど、小学生レベルの文章でないと理解できないの。それは著者のホリエモンにとっても楽ちんなの

プロパガンダは最も知的水準の低い者に理解できるように作るとヒトラーも言っていたわ」

f:id:jw1972w:20190711030938j:image

結婚する人

子供を育てる人は洗脳されている

誰からも相手にされない人

離婚された人

ガキのために自分の楽しみを奪われたくない幼稚な人にはハッピーになるわ

少子高齢化なんて知ったことか

自分さえ良ければどうでもいい

人間は基本自分勝手な生き物よ

道徳、常識は洗脳

人間は誰しもが、他人に気を遣わず自分勝手に生きたいの」

「道徳を守らず自分さえ良ければいいというハッピーを与えられたのね!

他人に気を遣わずに済むって自己中人間には楽ちんね」

ホリエモンは社会に適応できない弱者に新しい価値観を与えてハッピーにしたの。頭の弱い人を騙してる訳ではないのよ」

「なんていい人なの!   

でも  解決策の

自分の好きな事に没頭する事

行動する事だけでは

信者は不安になるんじゃないかしら」

「洗脳(マインドコントロール)は義務教育だけではなく、メディア(テレビ、広告、インターネット)など至るところである。洗脳の全てを説明すると長々しくなり複雑になるわ

社会的弱者の頭はシンプルだから

「絶対悪」は一つだけじゃないと理解できないし

解決方法も簡単でシンプルでなければすぐ忘れちゃうの

ホリエモンの本は内容は同じ

一般常識をこき下ろして

自分の提言したことに都合のいい論証だけあげる(一見、論理的に見せかけたへ理屈)

解決方法は

行動せよ

自分の好きな事をする

言い回しが変わるだけ」

「同じ内容の本ばかりでは信者に飽きられないかしら」

「いいえ

洗脳するためには

シンプルな

同じフレーズを絶えず

繰り返し、繰り返し流すものなの

ヒトラーもシンプルな同じ

フレーズを絶えず繰り返し国民を洗脳したわ

f:id:jw1972w:20190711031047j:image

ホリエモン信者はほとんどは企業する気はない

ただ、読んで自分が賢くなったような自己陶酔に浸るだけ」

「本当に起業する人は、ホリエモンの本なんか読まなくとも起業できるわね

ホリエモンは起業家としてはしくじり先生よね」

アドラー心理学のような

"今の自分の置かれた境遇は100%自分の責任だ"

なんて言われたって普通は受け止めきれるものではないわ

弱者は自分の不幸を何かのせいにしてハッピーになりたいの」

f:id:jw1972w:20190622112857j:image

「全ての責任を日本政府のせいにされて、日本政府も大変じゃないかしら」

「いいえ、日本政府も国民が頭いいと支配しにくいから、ホリエモンの本を読んだ人たちが本当に勉強しなくなってバカになってくれたほうがハッピーなの

この人昔   自民党から出馬した事あるわ。資本主義の椅子は限られている。ホリエモンだって新規参入の素人が増えたほうが、賢い自分の取り分がそれだけ増える

起業家の世界は弱肉強食

ホリエモンは笑いが止まらないわ」

「新しい価値観を与えられたホリエモン信者は、貧乏でも、結婚できなくとも、ハッピーになり

日本政府は、国民がバカになってより扱いやすくなってハッピーになって

ホリエモンは印税ががっぽり入ってハッピーになり

みんなが幸せになれるのね

XのToshiは自己開発セミナーに約10億円以上のお金と嫁さんを取られたけど

ホリエモンは本一冊1500円程度で信者をハッピーにしたの

ホリエモンはいい人だわ。隙がない

ホリエモン信者はホリエモンに言われるままにに会社を辞め

起業して成功してお金持ちになればハッピーになれるし

起業に失敗して貧乏でも「社会に適応している人は国家に洗脳されている人」と上から目線でみれてハッピーになれるの

ホリエモン信者には失敗はないのよ

ホリエモン今昔物語

信者を裏でバカにしながら時価総額商法で株を売りつけて儲ける

信者を裏でバカにしながら、メルマガと本で儲ける

世界は生成変化するもの、価値基準、道徳、常識は絶対的ではなく時代、地域、国ごとに変わり、正解も不正解もない」

f:id:jw1972w:20190821112806j:image

「ここまでくれば最早教祖。自分の信者に自己啓発セミナーと本を売りつけるだけなら豚箱にぶち込まれずに済むわね

自己啓発本に正しいも悪いもないのだから

やはり教祖は手堅い職業ね

不安を煽りぼろ儲けした占い師  細木数子も教祖になったわ

一度は豚箱にぶち込まれ、終わったかのように見えても、戦略を変え不死鳥のように復活

流石、東大現役合格の幅広い知識と頭の良さは伊達ではないわ。人間、持つべきは学歴ね」

ホリエモンも学歴は必要ないといいながら自分の経歴は東大現役合格を常にアピールしてるから説得力ないわね」

我が闘争 (幻冬舎文庫)

我が闘争 (幻冬舎文庫)

 

ホリエモン以前NHKヒトラーTシャツ着て出演した

自分の自伝の名前は我が闘争

ヒトラーどんだけ好きなの

この本の感想

苫米地英人氏の洗脳の本の劣化パクリ

脱洗脳教育論

脱洗脳教育論

 

人生山あり谷あり

楽チンたけの人生は有り得ない

信頼する人を間違うと大変なことになりますよ

f:id:jw1972w:20190802002503j:image


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な人の話2

カルトに洗脳された人間はカルト活動だけしてればそれでいいと教え込まれている。教団は信者をマインドコントロール下に置き一生支配するためカルト活動で常に忙しくさせる。カルト活動に追われた信者は私生活はなおざりになる。そのためカルトにハマればハマる程人間性は荒廃する

入信する前はとても真面目な良い人と評価された人々が詐欺行為、テロ、殺人まで犯す程に人格が荒廃することもある

周囲からみて以前と比べ人格が荒廃しているようにしか見えないのだが本人は自分たちだけは素晴らしく、正しい人間と信じている

○エツの悲劇

小学校の時、家族でプールに出かけた帰り途中で晩御飯は焼肉にしようと○エツにより肉を買い込む。晩御飯、焼肉が美味しくない。肉をは傷んでいた

「肉美味しくない変な味がする」

母が「肉が腐っている。 スーパーが古い肉を売った」

翌日店にクレームして

家から遠いスーパーだがわざわざ謝罪させに来させた

母は「あの店は腐った肉を売るのよ」と何度も悪口を言う

私は車のトランクに買い物袋に入れていたことがよぎった

「車のトランクに生肉を入れたよね」

「ええ、そうよ」

「あの場所から家まで1時間程かかる。夏になればトランクの中は40度は軽く超える。40度以上の中1時間放置すれば生肉は痛むに決まっている。お店が腐った肉を売るはずないじゃない」

この人、自らの失敗を店のせいにして何の落ち度もない店に謝罪させ、更にその店の中傷を散々言いふらす

この人の言いたいことはつまりこうだ

お客様は神様です

だから私は神だ

さあ!

店員たちよ!

私にひれ伏せよ!

エホバ神を愛し過ぎた母はなかなか来ない終わりの日にシビレを切らしとうとう頭が逝っちゃって自らが神となったらしい

この人モンスタークレーマーだったのか。これは○エツに対するテロ行為である。この馬鹿婆さん○エツに謝れ!

羽毛テロ事件

母がゴミ捨ての日に

「羽毛ぶとんって本当に羽毛が入っているのねー」と言っていた

その後外に出ると

家の庭が羽毛だらけだった。その日は風が強く家の庭どころか

通り中が羽毛だらけだった

古くなった羽毛布団を捨てる時に、母が羽毛布団を開いてみたのだ

ゴミ袋の締めが甘く

布団の羽毛がうちの庭をはじめとして通り中に強風によってばら撒かれた

私は焦りほうきとチリトリで庭にあった大量の羽毛を掻き集めたが

風も強く細かい、軽い羽毛は掻き集めるのは大変である

ゴミ回収車の職員たちが来て通り中に舞い散った羽毛を回収しようにも回収しきれず応援を頼んだ

10人以上の職員たちが羽毛を回収しにやって来た。この騒ぎに近所の人たちまで集まってきて手伝う人もいた

職員たちは

「なんだろう?イタズラかな?わざと羽毛をばら撒いて僕たちが掃除をしているのを遠くから見て笑っているのかな?そうとしたらタチ悪いよな」

と言いながら回収していた

庭の羽毛を回収した私に近所の人が手伝ってくれたと思いこんだ職員に

「ありがとうございます」と言われ顔が紅潮してしまった。うちの庭の羽毛の多さにバレてしまわないか恥ずかしくてたまらない。母はこの騒ぎになっても他人事のように平然としていた。この人は心臓に毛でも生えているのだろうか

イジメを武勇伝にする人

母は蕎麦屋でホールでパートタイムの仕事をしていた。新しく入った若い母親のホールがマイペースな人で一緒に仕事をするとイライラするらしい。新しいパートBさんの悪口を語る。蕎麦屋の奥さんもBさんのマイペースに対し「一緒に仕事したくない」と言い出し

蕎麦屋さんはBさんを解雇することにした

「君はウチには合わない。1ヶ月後までここにいて良いから新しい仕事を探してくれないか」

いきなり解雇宣告をくらいBさんは

「どうしてですか?」

Bさんは天然であるが悪い人ではないので優しい店長さんは面と向かって文句を言えないらしく

母に「○○さん僕の代わりに言ってくれる」

母は

「あなたは○○だし、**で☆☆なのよ」と怒鳴り散らした。Bさん面食らって

「それもそうですよね。わかりました」

従業員は帰り間際にまかないを食べれるが、Bさんは解雇宣告と意地悪パートに怒鳴り散らされてまかないにほとんど手をつけられずそのまま帰った

まかないを食べた後は自分で食器をかたづける決まりだがBさんは片付けず帰ってしまった

母は怒り心頭に発する状態で帰ってくるなり

「あの人自分の食べた食器片付けないで帰ったのよ」とグチグチ悪口を言い始めた。突然の解雇宣告にパートの意地悪おばちゃんになじられれそのショックで呆然として忘れたのだろう。こんなことは家族ではなく本人に伝えるべきだ

「本人にそれ言えばいいじゃない」

「そうね。言うわ」

次の日

Bさん!昨日やりっぱなしで帰ったわよね!片付けないよ!」怒鳴り散らしてやったのよ!

と勝ち誇ったように私に武勇伝を語る

Bさんが片付けを忘れたのは人前で罵倒しミスリードするよう追い込んだ意地悪婆さんのせいなのだ。ミスをするように精神的に追い込みそしてミスをしたら更に他の従業員の目の前で失敗を怒鳴り散らす

この人って

f:id:jw1972w:20190817190601j:image

イジメです

私が本人に後片付け忘れたことを話したらと提案したのは

本人にだけに聞こえるように「後片付け忘れたよ」とただ一言普通に伝えたら

という意味で本人に伝えた方がいいと提案したのだが

まさか

解雇宣告され傷ついている人に追い打ちをかけるようにみんなの前で失敗を怒鳴り散らしてさらに恥をかかせる

そんな真似をするとは

後片付けを忘れたのは突然の解雇宣告されたからでわざとでない

Iさんにが仕事ができないのは天然キャラでこのような人は害を与える人ではない

まだ人生経験の浅い自分の子供より歳下の人にこの仕打ち、この人は他者を思いやる気持ちが全くない

いい歳こいた人間が公衆の面前で人に恥をかかせるというイジメを平然と行い

更にイジメを武勇伝として語る

この人はなんて性格が悪いのだろう

一体、この人はどんな育てられ方をされたのだろう

次の日Bさんは

親が具合悪いためもう店に来れない

と電話してきた

母が仕事の帰りBさんに出くわし

「親が具合悪いとお店に説明したのは嘘なんです。お店には黙っていてもらえせんか」と懇願されたのだが次の日

「お店のみんなに言いふらしてやったわ!」ザマァみろという感じで嘲笑いながら私にBさんイジメの武勇伝を話した。天然のBさんを親の仇のように当たり散らす

この人の性格の悪さには呆れるばかりだ

Bさんは意地悪婆さんに散々イジメ抜かれからお店にいられず嘘をつかなくてはいけない程追い詰められた

それを

更にお店の人たちに言いふらし笑いものにしようとする

韓国では

溺れた犬を棒で叩け

という諺があるがまさにこの人のことである

この人は常に強い人間には卑屈に媚びへつらう、Bさんは天然だが何も悪いことをする人間ではない。自分より立場の弱い人だからとことんイジメ抜く

強きを助け   弱気を憎む

この人はタケちゃんマンなのか?

人間の本質を見極めるには

f:id:jw1972w:20190817221518j:image

自分より立場の弱い者に対する態度で見極めるという

この人って

真のクリスチャンと自称しながら人を許そうとか情状酌量の余地は皆無

どうせこの意地悪婆さんはインチキ宗教に所属しているのだろう

毎日、職場の人の悪口を父にグチグチ話す。子供の見てる前で人の悪口なんて言ってはいけない

そんなことは常識だが

この人には子供の前で人の悪口を平気で言う

こんな不寛容な母親を見続けるなら子供もそうなるだろう

他人の時間を奪うのは当然と思う人

我が家は、エホバの証人の会社でモップと浄水器を定期的にレンタルしていた。ある日会社で宅配の家の担当の兄弟が我が家の配達の担当になりたくないと言った

理由は

いつ交換に来ても不在が多く何度も行かなくて はいけないから困っている

ということだ

新聞の集金が来た時母が不在のため新聞料金を私が立て替えたとき

母に酷く怒られた

「なぜ払うの!」

「何度も来させたら新聞の人大変でしょ?」

「それがあの人たちの仕事なんだから当然でしょ」

ダスキンのレンタルだって、新聞の集金係だって何度もその家に来るのはその分時間が奪われて大変でしょう

仕事であっても何度も人を来させ、それが当たり前と考えるなら、その人に対して失礼ですし時間を奪うことになります

良識のある人間ならダスキンの宅配なら日にちも時間も決まっているのだから

その時間は家にいるように、何度も来させないように心がけるものでしょう

この人は幼児のように自己中心的な人です。宅配業者に何度も来させ自分のために時間を割くのは当然と思っています

ましてやエホバの証人の会社で働いている男性は、まず開拓者で奉仕の僕か、長老です。当時90時間の野外奉仕以外にも会衆の仕事もあり物凄く忙しいのは知っているはず

エホバの証人でありながら、自分が開拓者+奉仕の僕の時間を奪い取って迷惑かけていることに気づかない。この人は平気で他人の時間を奪う人です。他人の時間を奪うことは万引きと一緒です

近所のスーパーがなかなか半額シールを貼らないことに対して怒り狂い

「○○ストア  おかしいのよ!」

「おかしくないよ!おかしいというのは失礼だよ。お店にはお店の立場があるよ。できるだけ半額にしたくないだろし

「アナタはなんでそんな酷いこというの」

酷いこと言ってんのアンタじゃん!

何が「おかしい」のか人によって違いますが、他者に対して「おかしい」と決めつける言葉は差別やいじめにもつながりかねません。他者におかしいというのは失礼だという意味で言ったのですが

自分が否定されたため、私が酷いこという人とレッテルを貼り被害者ぶるし

この人は他者がない。周囲が自分のために働き、尽くすのは当然と思いこんでいる。自分が女王様と思い込んでいる模様

更に

強者には卑屈なほど媚びへつらい

弱者には徹底的にイジメ抜く

それを武勇伝にして語るアレな人だが

姉たちは

私のママは真理を知っている!

私のママは世界一ィィー!

と酔いしれていた

母も姉たちもエホバの証人の集会と奉仕活動だけしてれば良い人だと自惚れ自分磨きを怠ってきた

だが洗脳されたカルト信者は自分を客観的にみれない

洗脳されたカルト信者は、鏡をみると、鏡に映った自分の姿を見て

うっとりするだけ

f:id:jw1972w:20190813140238j:image

客観的にみてイタイ

こんな我儘、意地悪女王様と娘のプリンセスが仮にいい人と仮定するなら地球上の8割以上が超善人だ

カルトを離れてからは

カルト活動がなくなりますから、生活に余裕ができ劇的に癇癪も愚痴も減り笑顔が増えました

また、「真理は一つだけ」という束縛から自由になり様々な価値観を受け入れるようになり他者に対し寛容になりました。今は人並みに人格が向上して良かった

こんなエセクリスチャンを沢山見続けましたから子供は絶対にエホバの証人にしないと決めていました

毎年学級委員になる子供たちは勉強。スポーツ、芸術などすべてでき素晴らしい人徳がある

彼らに近づくためには教育が必要と考え、病院から退院した日から絵本を読み漁り教育を始めました

あくまで自信を積みあげるためのものです。人間には余裕が必要です。学校などでいい成績をとれれば自信が生まれます。人間は自信があるからこそ自分が好きになり、それから余裕が生まれるから人に優しくできるのです

人の悪口を言ったり人を虐める人は、結局は自信がないのです。自信がなく余裕がないので他人を認めたり、思いやるこてができないのです。彼女たちが人の悪口ばかり言うのは自分に自信のない焦りの気持ちの裏がえしでしょう

f:id:jw1972w:20190813183207j:image

山咲千里の美しさ

湘南高校卒の高偏差値

昔IQクイズに出演した時、東大王みたいな難問を易々クリアーしたことがあるそれ以上にダウンタウンの芸能人格付けで完璧に正解できる。他の芸能人は

「うーん。何となくコッチ」

みたいに感で当てるが

山咲千里はどうしてそちらが本物なのかを説明をした上で正解している

大事なのは

本質を見極める能力

それを論理的かつ的確に説明できる知性

更に美しい容姿

山咲千里さん

完璧美人です

目標は山咲千里さん

山咲千里のように知性と本質を見極める能力を子供たちに身につけさせたい

私の目指すのは本質を見抜く力です

キレイの魔術

キレイの魔術

 

本物は美しい

完璧なる美の調和がある

偽物は美しくない

美の調和がない

ピアノコンペ小学生低学年の部に参加した時に5番の少年が貴婦人の乗馬を演奏した

「何といい曲だ  来年これ弾かせよう」

5番の少年が全国1位だった

貴婦人の乗馬

発表会で誰かしら弾いている曲

上手い人が弾くと貴婦人の乗馬さえ素晴らしいとしいと感じる

美の黄金律

レオナルド・ダ・ビィンチは絵画をデッサンする時に黄金比で比率を図り計算し尽くすという

レオナルドは黄金比を見る時人間は最も美しいと感じることを知っていたからだ

音にも黄金律がある

一位を取る人は

完全なる音の黄金律がある

黄金律があるからこそ美しいと聴衆は感じるのだ

演奏家とは生涯をかけて音の黄金律を極めていく美の求道者である

f:id:jw1972w:20190817191239j:image

少なくとも

何十億の人びとを自分たちと信仰が違うという理由だけで罪人と決めつけその滅びを祈り

その犠牲の上に

永遠の若さと命を得ようと夢見る人

ありもしない虚構をあたかも本当と言いふらしながら歩き廻る人

自分の利益のために人を利用する人

幼児を虐待する人は美しくない。美しくないものは理由がある

f:id:jw1972w:20190816222232j:image

私の母と姉はそんな人たちが美しい、素晴らしいと感じそのような人間と永遠に共存することを選択しました

日本という国は人権があります。長きわたり勝ち取った素晴らしい権利なのです。職業、宗教も自分で選択ができるのです。今でも身分により職業が限定される地域があります

中東のある地域では宗教を自分で決めることができません

自由には責任が伴います。自分の選択したことについて失敗するリスクもあります

彼女たちは自由を放棄して、エホバの証人たちや会衆の言われるまま思考停止して自分の人生を自分で考えたり、選択肢を放棄してものみの塔のロボットになるという選択をしました

なぜ自分の人生を自分で選択しないのか

f:id:jw1972w:20190818161703j:image

無責任だから

このような人は自分の人生にさえ責任をおいたくない

自分の人生を自分で選択しないということは結局自分の人生をないがしろにしていることなのです

ましてカルト活動にハマることは自分の人生だけでなく家族、親戚にまで巻き込み迷惑かけていることに気がつかない天然を通り越した無神経さは度し難い

カルト信者は洗脳されると思考停止状態になる

私の母と姉に関していえば

彼女たちは思考停止していない 

なぜなら

生まれてこの方一度も自分の頭で考えたことがないから

思考力が産まれたて赤ちゃんと同レベルだから

考えるために機能していない頭はただの装飾品です

美の基準は一人一人異なります

f:id:jw1972w:20190817220524j:image

人間には自分個人の価値観を選ぶ権利がありますから私には他人の価値観や美の基準に対して口出しはできません

自分の価値観を他人にまで強引に押し付けられるのは親切ではありません

他人の人生を奪うのと一緒です

他者には他者の人生があります。自分の価値観を無理やり他人に押しつける権利は誰にもありません

桃井かおりの魅力

桃井かおりは自分をバッシングした週刊誌の記事をスクラップにして保存している

週刊誌などでバッシングされ落ち込んだ若手女優さんに過去に自分のバッシングスクラッブを見せて

「アタシだって昔はこんなに叩かれていたんだから気にすることないわよ」と励ましたりするとインタビューに語る 

落ち込んだ時に「私も昔はそうだったのよ」と共感して貰えることが一番励まされます。桃井かおりさん優しい人ですね

昔テレビのトーク番組で

美人と不美人どちらが得かというテーマで

桃井かおりは不美人の方が人生を得をすると語る 

美人は何をしなくても人からチヤホヤされるから努力しない

不美人はその間努力する

歳を重ねた時

美人は歳をとりチヤホヤされない

努力を重ねた不美人は魅力を備え内面的なものからチヤホヤされる。だから不美人の方が得をする という見解だった

彼女の魅力は剥きたて卵肌という美しい肌日々のお手入れの結晶だろう

f:id:jw1972w:20190817191346j:image

桃井かおりの考え方が違うなと思うのは、不美人が全員努力をすると思っていること

不美人でも

「どうせ自分はブスだから」と開き直る人もいるし

努力する根性もない人もいる。そういう人間はいじけるか最悪の場合は他人を貶めて悦にひたる

綺麗になる努力のベクトルが間違っている人もいる

桃井かおりは努力で美しさを築きあげた人だからみんながみんな綺麗になるために正しい努力をしていると思っているのだろう

f:id:jw1972w:20190817215142j:image

オードリー・ヘップバーンの美しい生き方

銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンは外見にコンプレックスがあったそうです。そのため内面性を磨くためのたゆまぬ努力をしてきたそうです

f:id:jw1972w:20190817110255j:image

美しい唇であるためには

美しい言葉を使いなさい

美しい瞳であるためには

他人の美点を探しなさい

晩年のオードリー・ヘップバーンの名言

確かに私の顔にはシワも増えました 

ただ、それは私が多くの愛を知ったということなのです

だから私は今の顔のほうが好きなのです

f:id:jw1972w:20190816223041j:image

樹木希林の美しい生き方

去年お亡くなりになった女優樹樹木希林さん。テレビで生前の希林さんの映像が流された

うちの子供たちは

「この人凄いおもしろい人だよね」

きりんさんは容姿はよろしくはないが話術が上手くユニークなことをポンポン話す

きりんさんの過去の面白トーク映像をみて子供たちは笑い転げた

一番綺麗な人は希林さんのような人を笑顔にできる人です

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
 

f:id:jw1972w:20190816223059j:image

 



 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な人の話

場面緘黙症だった長女は幼稚園で発語ができなかった。幼稚園の帰りYちゃんが「うさこちゃん。バイバイ」と手を振っても長女は下をうつむいたまんま全く反応しなかった

返事がないため。Yちゃんはすこし困った顔をしたが、すぐ微笑みを取り戻し

うさこちゃんは恥ずかしがりやさんなのねー」との神対応してくれました

人によっては

「無視した」

「挨拶できない人」と怒るかもしれません

まだ年中さんのYちゃんは

恥ずかし過ぎて挨拶することができない場面緘黙症の長女を理解を示してくれたのです

場面緘黙症の長女は小学校に入学する

うさこちゃん。小学校で楽しくやってますか?」とあからさまな嫌味を言う幼稚園のママもいらっしゃいました

このような人の悪いようなかたはスルーに限ります

一年生の担任の面談より

「自分の友達の名前を書いてください」というアンケートを先生がとりました。Aさんだけがうさこちゃんを友達と書いたと知らされました

Aさんが長女によく声をかけてくれていたことは長女から聞いていましたが

長女は声をはっすることさえできずコミュニケーションは取れる状態ではなかった。意思の疎通さえできなければ友達とはいえないだろう

Aさんは長女の名前を書いてくれる人がいないのではないかと心配し長女の名前を書いてくれた。なんて優しい子なのだろう

Aさんはお勉強もスポーツ、芸術も全てができる上に人格まで備わっている

Yちゃん、Aさん、まだ幼い少女たちが私の心に綺麗をくれました 

人を癒し

人の心に綺麗を与えられる人

それこそが綺麗な人である

まだ年端もいかない少女が洞察力を持ち、他人の気持ちを慮る心を持ち人に綺麗を与え人を癒すことができる

場面緘黙症の長女は小学校では声をだして話せなかった

中学校は学区外の学校に通わせる。小学校では「喋れない子」のラベルを貼られた長女。学区外のため「喋れない子」のラベルはまだ貼られていない。自分を変えるチャンスはある。だが、中学校では小学校出身同士で最初からグループに固定する。自らその固定されたグループに入らなければならない。その牙城に入り込むのは場面緘黙症にとってそれは最難関の技術である

またボッチになるかもしれない

入学式の次の日、1時過ぎ私が仕事から帰ると長女はすでに学校が終わっていた。家には鍵がないため家の前に立っていた。長女の隣には同じ中学校の女の子Eさんががいた。家の鍵が開かないため私が帰ってくるまで長女と一緒に待っていてくれたのだ

ついこの間までランドセルを背負っていた少女が大人のような対応をする

なんとよくできたお嬢さんだろう

彼女の瞳に知性と正義感の強さを感じ取る。頭の中は大人並みに人間が出来上がっている。教養と人格のある両親に育てられたに違いない

この子さえいれば長女は大丈夫

場面緘黙症は克服できると確信した

後から長女から聞いた話では、その子は早生まれ3月後半生まれ。12歳になったばかりであの神対応

やはり両親は有名大学を卒業していたそうだ

顔、言動、立ち振る舞いにその人の人格がでる

責任感が強く親切なEさんが側にいてくれたからこそ長女は場面緘黙症を克服できた

Eさん良い人です。私的にはEさんのような心の美しい人が綺麗な人である

Yちゃん、Aちゃんにしても心が美しい

子供は親の鏡

親が優しく教養のある人格者なのだろう

f:id:jw1972w:20190808002218j:image

私が綺麗と思う人は

小1の時の学級委員Kさんです

勉強、スポーツ、芸術全の教科ができる

真面目で責任感が強いが明るい。そして誰にでも親切で人気者

小1からまるで大人のように人間ができていてできないことはない完璧少女だった

Mさんの神対応

ある日クラスのガキ大将的存在の子が何か悪いことをやらかしクラス中から顰蹙を買う

クラスの何人かがガキ大将的存在のH君を罵り、とりわけ前期クラス委員のYさんがとりわけキツイ言葉で責め立てる

Yさんの言葉にH君は逆ギレし、泣きながらYさんに体当たりする。ジャイアンのように体格の良い男子に体当たりされた 小柄なYさんは泣き出し、クラス全員に非難されて追いつめられたクラスの片隅で一人泣いていたH君

後期クラス委員Sさんが近づいて

「Yさんのあの言い方はないよね。あんな言い方されたら傷つくよね・・・となだめ始めあの猛獣を大人しくさせ

仲裁して仲直りをさせる

人の心を開くには北風より太陽を

人間は皆間違いを犯す

間違いをした事をクラス中で非難するのは理不尽です。怒り、悲しみしか感じません

問題解決にはなりません

間違いをなくすために、これからどうするのか、みんなで話し合い協力し合うものです

Sさんは

最初に共感を示し

心を開き

問題解決を導きました

まだ10歳の子供とは思えない素晴らしい神対応である

今でも大人の彼女の対応に感心している

Sさんも毎年学級委員で全ての教科オールマイティにこなす人格者です

f:id:jw1972w:20190808024558j:image

中3の時クラスでイジメにあっている男の子がいた

クラス委員のT君は2学期からイジメにあっている子と一緒の班になり、常にその子がイジメにあわないよう守り庇っいた

親切な人格者であるT君はあの人はいい人だとみな尊敬していた

私が後期の体育委員になった時のこと

体育委員は体操の授業にみんなの前に出て体操をする役割があった

私にはみんなの前で体操するのが憂鬱であった

体育が始まると何故かクラスの人気者Fさんがみんなの前で体操してくれた。私は助かったと思った

Fさんは体育の時間に体育委員でないのにみんなの前でずっと体操をしてくれた

今から考えれば場面緘黙症の私がみんなな前で体操するのは酷と考えFさんが代わってくれたのだと思う

なんて良い人なのだろう

クラスでイジメがはじまりそうな時は、彼女は何気にイジメにあった子をフォローしていた

明るく誰にでも優しいFさんはモテモテである

容姿は普通の子だが

特別に勉強とかなにかが際立ったわけではないが

高度なコミュニケーションスキルがある。コミュニケーションスキルに数値をつけるならコミュニケーション偏差値75である

明るくおもしろいことをポンポン言ってみんなを良く笑わせていた

人を魅了するのはその外観ではなくその人のうちからでてくる特質である

昔読んだ童話に娘が出てくる

話すと口から宝石と花がでてくる娘

私にとって綺麗な人は

他人を慮る人

人の良いところを見つけることのできる人

宝石や花のような美しく人を癒す言葉を話す人である

Kさん、Sさん、Fさんみたいな人が綺麗な人で

T君のような人が立派な人である

勧善懲悪の世界観

戦隊ヒーローやセーラームーンみたいな絶対正義が絶対悪を倒す

幼児向けテレビ番組は勧善懲悪である。それは幼児の道徳を育むものである

五歳までの幼児は「善」と「悪」の概念がまだ定まっていない

だから脚本家は、幼児にもわかりやすいように「善」と「悪」を創作する

現実の世界にはあんなわかりやすい「善」と「悪」は存在しない

以前NHKの教育番組で小学生向けに「怪人二十面相」を解説していた先生がいた

小学中学年くらいの子供を集めて

明智小五郎は正義感に溢れる探偵。きっと明智小五郎

子供の時に優しくて、正義感に溢れる人に囲まれていたんだ

と解説する

怪人二十面相について

「どうして彼は悪いことをするのかな」

子供たちに問いかける

「意地悪な人はかりに囲まれたから?」

「うん。きっと生まれ育った過程で哀しいことが沢山あったんだ。それで悪いことをする人になってしまったんだ」

と子供たちと議論していた

完全な悪はいない

人間の行動には理由がある

人間は不完全さ、弱さから間違いや失敗をする

麻原彰晃、女子高生コンクリート事件。日本を震撼させた大事件だ。「鬼畜」といわれたほとんどの犯罪者たちは虐待、ネグレクト、悲惨な幼少期を過ごしある時点までは被害者だった。完全なる「悪」はテレビなどのフィクションの世界しかない

人間は小学校中学年になる頃には、誰かが問題行動を起こす時には

何か理由がある

と他人の理解できない行動に対し情処酌量できるようになるほど精神が発達する

ただ、たまに戦隊ヒーロを愉しむ五歳児の精神年齢のまま「完全なる正義」が存在すると信じている大人がいる

完全なる正義が絶対悪を倒す

f:id:jw1972w:20190808000144j:image

私の両親がそうだった

父はいまだに、水戸黄門が一番面白いという

母は自分たちだけが正しいと謳うカルト教団にハマる

「完全なる正義」が存在すると信じてる人間は自分たちを絶対正義の側に置く

彼らには自分が正しいと感じる価値観が一つしかない

人間は十人十色であり、価値観は人それぞれ違うこと

f:id:jw1972w:20190808002430j:image

人間は誰しもが弱さや不完全から罪を犯すということが理解できない

そのため

他人の気持ち、感情を慮る感情、寛大さが欠如してしまいがちになる

他人は、世界は、正しい自分の意のままに動いてしかるべきと考える

自分と違う価値観を持つ人間は「邪悪」「サタン側の人間」とみなす

あたり前だが、自分中心に世界は廻らない

だから常に不満を抱えている

常にテレビて文句を言う

「世の中が悪いのは政治が悪い。自民党、官僚のせい」

母は世界や政治に失望してカルト宗教に希望を託し

「サタンと悪霊が世界を支配しているせいだから世の中は悪い」

と痴呆老人ように何十年も同じ言葉を繰り返す

自分の現状をよくしようとする努力は一度もしたことはない

この人たちは幼児のように自分が何もしなくても世界が右往左往して至れり尽くせりするのが当たり前と思い込んでいる

f:id:jw1972w:20190813135507j:image

このような幼稚な親は

子供は自分の思い通りに動く道具としか思わない

親は子供の人生に対して責任感を持つ義務があるが

責任感自体全くない

だから

子供が思い通りににならない時は、幼児のように癇癪をおこして子供を自分の意のままに操作して支配者する

母親のカルト宗教の週3日の集会では

誰かしら叩かれている子供を見続けた為に子供の虐待を何とも思わなくなった。寧ろ虐待する母親を

「なんていいお母さんだ」とエホバの証人の子供であることに誇りを持っていたと酔いしていたように見えた

幼少期のときから

正しい人のは神から選ばれたエホバの証人だけでそれ以外は悪といい差別思想を刷り込まれると

特権意識が生まれる

特権意識のある人間は、特別でない他者を慮る感情が欠如し不寛容になる

昔の特権階級の支配者が社会的弱者を蹂躙したように

弱者とみなしたものを差別しぞんざいに扱うようになる

カルトに洗脳された人間に育てられた子供は世間一般と大きく道徳、価値観などの認知形態が通常と異って成長してしまう

f:id:jw1972w:20190810143351j:image

私が小4の時姉が

「あんたの学年にKっているよね」

「Kさんがどうしたの?」

「あの子はおかしい」

「Kさんいい人だよ」

姉の話によると書道教室でKさんがふざけてばかりいてムカつくそうだ。姉は延々とKさんの悪口を言う

理解できない

怒る理由が正当ではない

Kさんが意地悪するとか、失礼な言動とったとかではなく

Kさんは毎年学級委員で成績優秀で優しい人格者です。児童も先生方もKさんを尊敬していた。Kさんの悪口言う人は存在しない。Kさんの悪口を言うのはこの人だけである。悪口言う理由が理由になっていない

Kさんは、暗い人を見るとほっとけない。暗い人を見ると笑わせようとお笑いみたいにコントをよくしていた。それが不満らしい

確かに年下の子から同情されるのは惨めに感じるかもしれない

エホバの証人の子供は覇気のない暗い人が多い。きっと暗い子を見て心配して笑わせようとおちゃらけてしまったのだ

私からみたら少しもおかしくない。寧ろいい人だ

この人の怒る理由が私にはわからない

私たちは、母親から私たちは真の宗教を実践している「特別」な人間と教えられた

姉たちは大きくなってもアレキサンダー大王のように自分は特別な者と本気で信じていた

学校に入学しても特権意識は消えなかった。だが、ただ集会と奉仕に連れ回されるだけの教育を受けた子供は学校に入学すれば普通の子でしかない

社会では特別な人と認識されず埋もれる存在になる

カルトの世界と現実世界の乖離にカルト信者の子供はジレンマに陥る

ジレンマを解消するには

親は怪しい宗教に騙されたのだ

という結論に至るか

親の言う通り、世界は邪悪だから特別な私は認められない

こんな世界は滅びに値する

やはり私の所属する教団は正しい

と世界を憎む

以上の2つに分かれる

真の自信とは

自信を持つために必要なものは

行動と小さな達成の体験の積み重ねです

小さな仕事でも達成感を感じることが成長になり自信につながる

所属するだけで「特別な者」になるカルト集会に通い続けるだけでは達成感は得られず真の自信はつきません

何も積んでいない人間は卑屈になるか、誰かを差別し蔑むことでしか自分の自尊心を保てない人間になる

おそらく妹の学年のカリスマ完璧少女をディスることにより

私は完璧少女より上の存在だ

と考えることで脆弱な自尊心を保とうとしたのかもしれません

f:id:jw1972w:20190809231645j:image

エホバの証人の会社で最も美人といわれた

美人姉妹

初めて会った時、あまりにも綺麗過ぎて見惚れてしまった

美人姉妹は会社に人気ナンバーワンの爽やか兄弟と結婚した

一番モテるもの同士のカップ

私はお似合いのカップルと思ったが、姉は許せない

美人姉妹は霊性が高くない

顔が可愛いだけ

爽やか兄弟は顔だけで選んだ

爽やか兄弟は結婚してらから大したことない

正直、大きなお世話です

結婚に他者がどうこう言う権利はありません

なぜ他人の門出を祝福することができないのか

f:id:jw1972w:20190809231613j:image

本人が幸せでないから

人の幸福が妬ましいのは

自分が満たされていないから

エホバの証人は真理を知らない

本当に真理を知る者なら満たされる筈

美人姉妹は大人しすぎて確かに積極性には欠ける面はある

悪くいえば

大人しすぎて何を考えているのかわからないと言われるかもしれないが

陰気ではなく常にニコニコ笑っている人畜無害な人である

自分がモテないからひがんでいるようだが、モテる人を嫉妬で攻撃してもモテない人がモテるようになるわけではない

f:id:jw1972w:20190809231923j:image

彼女が霊性に大したことないと言っているが

一度も離れたことのないずっと集会に通い続けた開拓者姉妹に対して離れ2世が「霊性が低い」と悪口言うなんて

それはギャグで言っているのか?

少なくとも離れ2世よりずっと頑張った分霊性は上である

大人しく近寄り難い感はあるが、余計なことは言わない人畜無害な温和で綺麗な女性

容姿並程度、癇癪持ちで余計なことばかり語る女性

エホバの証人の世界でも

どこの世界でも

だいたいの男性は

大人しく余計なこと言わない人畜無害な美人を好むだろう

多分この方はカリスマKさん、美人姉妹みたいな人気者をディスることにより不満の溜飲を下げているようです

綺麗な人を攻撃しても自分の価値は上がることはありません

綺麗とは上や下でなく

人それぞれの色んな綺麗がある

人は自分の綺麗を追求するもの

他人を攻撃するなら自分の綺麗さを失ってしまいます

f:id:jw1972w:20190809232002j:image

私の姉たちはは悪口ばかり

悪口が楽しい

悪口言われる奴は原因を作っているから

とさえ言う始末

昔見た童話でみた

口を開くと害虫、ヘビ、トカゲが出てくる女の子のようだ

ヘビ、虫、トカゲが出てくるのは比喩であり

人の悪口や傷つくばかり言う人間のことです

風水で人の悪口ばかり言う人間は悪い気を招き寄せる。人を呪わば穴二つと言われるように、他人の悪口は自分に全て返ってくる

今から考えればあまりにも姉たちが私の悪口ばかり言うから、周囲の人は私を気の毒に思い私のことを「かわいい」といってくれたのだろうと思います

健全な人間は

他人の悪口ばかり言う人を嫌悪し

悪口を言われている人に同情するものだ

話せば口からゴキやヘビをだすような人間は綺麗にはみえないだろう

妹の悪口ばかり言いふらし

妹をみんなの前にで鼻血が出るほどビンタををする(2回も)

そんな女の子はかわいく見えないだろう。仮に橋本環奈や広瀬すずみたいな整った顔をしていても嫌な子にしか見えない

学校の人気者、Kさん、MさんFさんは決して美人ではない

卒業アルバムで

「クラスの男子の男子の8割はこの子が好きなんだよ」と言うと皆

「へー性格がいいんだ」 

彼女たちは普通の容姿だが中身の美しさ優しさで人を魅了する

口を開くとお花や宝石のでてくるような言葉を話す。人を慮んばかり、癒し、幸せにする心の美しい人が一番評価される

口から蟲、ヘビばかりでてくる人は評価されない。彼女たちは自分で自分の価値を下げたとしか思えない

綺麗な人は信仰のある人でもなく、真の宗教を実践する人でなく、他人を寛大で慮る心の優しい人です

f:id:jw1972w:20190809231806j:image

叶姉妹神対応

叶姉妹がマスコミに取り上げられるようになった頃

叶姉妹たちがヤラセ、わざとらしいとマスコミに叩かれていた

ライターの中村うさぎも雑誌で全身整形。ただの綺麗な姉ちゃんとボロクソに書いていた

ある日、中村うさぎ叶姉妹と一緒にお仕事をすることになる

叶姉妹に対抗するため全身ブランドの服を着て撤退的にお洒落をしてきたもの

近くで見る叶姉妹は「ただの綺麗な姉ちゃん」でなく、めちゃくちゃ綺麗で圧倒されてしまった

美香さんに

「すいません。雑誌で悪口を書いてしまって」と謝ると

「お仕事ですもの。仕方ありませんものね。・・・この皺取りクリームとても良いんですよ。差し上げますわ」

皺取りクリームをプレゼントされた

中村うさぎは完敗してしまった

敵に塩を送られたのでなく

敵に皺取りクリームを送られて

皺でもとってまた出直してきな

と対応されてしまった

悪口を言う人にも寛大に接し

さらに塩

皺取りクリームも送る素晴らしい神対応です

美の伝道師   叶姉妹

この方たちは外観だけではない

立ち振る舞いは全て完璧

話す言葉は全て宝石とお花のように美しく輝き人を魅了させる

美しさは内面から溢れるものである

叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

 

叶   恭子さんの名言は芸術レベルに美しいですね

見習いたいです^o^

美の哲学者

他人を慮る優しい心こそが人を美しくする

f:id:jw1972w:20190808024755j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンセス物語

私たちは母から

「全世界は悪魔サタンに支配されている」

「私たちは真の宗教であるエホバの証人で他の宗教は偽りの宗教」

「今すぐにも、ハルマゲドンが来て真の宗教エホバの証人以外の悪い人は滅ぼされ私たちエホバの証人だけが楽園で永遠に生きる」

五歳までの子供は

自分を起点としてに世界を認識する

また

親の力は絶対的存在であり、親のいうことはどんな嘘でも信じてしまう

だから母のお伽話を私たちは本気で信じた

f:id:jw1972w:20190803213609j:image

私は幼稚園や学校に通うようになると世界は広く、自分中心ではなく、広い世界の片隅にに自分がいるという認識ができエホバに疑問を感じるようになったが、姉たちは母のお伽話をずっと信じた

母は怠惰な女で集会に連れて行くだけで自動的に子供が立派な特別な人になると思い込んでいた。家庭聖書研究は2回だけはした事はある。熱心な母親は集会で注解させる訓練をする事さえ知らない。集会で注解しない子供は小学校高学年くらいで集会に参加しなくなる。姉たちの例外なく集会に来なくなる

姉2人は社会人になってから

「この世は今にも終わる!」とエホバの証人と聖書研究を始める。姉たちは

「ママの言うことは真実だった」

「ママがエホバの証人と研究しなければ私たちは真理を知らなかった」

母は娘たちを真理に導いた「偉大な母」になった

姉たちは「真理」を知りたい訳ではない

母が オウム真理教なら、麻原を崇拝し

母が創価学会なら、池田大作を崇拝し

母が幸福の科学なら、大川隆法を崇拝する

要は、母親の宗教であれば何でもいいのだ

f:id:jw1972w:20190723075920j:image

彼女たちは「エホバ」も「真理」もどうでもいいのだ

彼女たちにとって大事なのは自分のみ

エホバの証人だけが姉たちの夢を叶えてくれるからだ

姉たちのなりたいものは

特別な人つまり

である

彼女たちはプリンセスになりたいのだ。自分の母が唯一真の宗教の信者なら、何の取り柄もない、容姿も秀でていない、小さい自営業の娘が「特別な者」になる。姫になれる

アレキサンダー大王の話

彼は幼少の頃から家来たちに「神の子である」と聞かされて育ち、「自分は神の子だ」と信じるようになった。ある日、怪我をした彼は、自分の身体から血が出ているのを不思議そうに眺めてながら

「なんだ、私も人間と同じ血が出るんじゃないか」と嘆いたという

姉たちは幼少時から母の

「私たちは真の宗教を行う特別な者」と刷り込まれた為、姉たちは自分がアレキサンダー大王のように「神から選ばれし特別な者」と本気で信じた

現実の世界では彼女たちは特別ではない。ミゼラブルな両親の娘であり、これといった取り柄もない、お金持ちでもない。彼女たちは普通のお姉さんになった

普通は悪くない

だが、彼女たちは普通の人になりたくない。このままでは彼女たちは普通に結婚し、普通のおばさんになる。社会のありとあらゆる物差しが彼女たちを「凡人」と査定しても彼女たちは「凡人」であることを認めない。彼女たちはこのまま大衆の中に埋もれ普通のおばさんになんかになりたくない

エホバの証人にさえなれば、週3回の集会出席と、終わり来る来る活動さえすれば、何も取り柄がなくても「特別」な者になれる

エホバの証人になれば誰からも選ばれない自分でも

全知全能の神に選ばれる

そして神から永遠の命を与えられる「特別な人」になれる

f:id:jw1972w:20190723080136j:image

エホバの証人になれば、エホバ2世と呼ばれる

普通の家の娘が2世と呼ばれる。エリザベス2世と同格になれる

エリザベス2世は人間が決めた王

エホバ2世は神から選ばれし者

「エリザベス2世より私たちは格上だ

なぜなら

エリザベス2世は真理を知らないが

私たちは真理を知っているから

だから私たちはエリザベス女王より上

とプライドを持って生きられる

昔、私が 紀子さんのことを

紀子さまがね・・・

と話題を振ると

紀子さまはおかしいわ。紀子さんよ。あれは人間の決めた特権なのだから」

エホバ2世になれば、ミゼラブルな自営業の娘が皇族のプリンセスより上から目線にさえなれる

特別な者は努力してなるものではない

最初から、王族や大富豪、財閥、大物政治家の子として生まれなければならない

自分の母が真の宗教の特別な人であれば、自分たちは生まれながらにして特別なプリンセスになれる

常識に考えて、あの愚鈍でミゼラブルで何一つとして取り柄のない母親が特別な者であるはずないであろうが

彼女たちは母親の宗教を真の宗教と信じることよって

エホバ姫

になった

エホバ姫になれば世界は自分中心に廻る

もう大衆に埋もれた「普通」の存在ではない

あとはハルマゲドンが来て、エホバを信じぬ邪悪な者だけが滅ぼされ、楽園で選ばれた正しい私たちだけが永遠に幸せに生きられる

昔クイズミリオネラで

Q.次のうちどちらがラッキーか

A.大富豪の子供として生まれた人

B.宝くじで30億当てた人

「うーん。宝くじかな、いや違う、宝くじを買うという労力をしなければいけない。大富豪の子として生まれた人は、本人は何も行動していない!正解はAの大富豪の子供として生まれた人」

「正解」

特別な者の子として生まれることこそが最も幸運なこと

エホバ姫はエホバの証人の女性としては最上位の開拓者になり(特別開拓者が最高位だがまず、なれない)それは彼女に揺るぎないプライドを与えた

長女が五歳の時、一緒に高級リゾートホテルのプールに遊びに行ったのだが

エホバ姫はプールサイドで長椅子に座りお洒落にネイルをしていた

五歳の子供とってマニキュアはキラキラして魅力的な物であり、手にとって見ようとして手を滑らして落としてしまう。マニキュアは割れてしまった

エホバ姫は激怒した

怒鳴り声は広い高級リゾートのプール中に響き渡る

いい歳こいたオバサンが

「なぜマニキュアを触るの!」大人の女性が五歳の女の子に罵声を浴びせているのを

プールにいた全員が注目する

どうみても虐待である。当時日本は虐待に対し法律が甘かったが、今ならば通報される案件である

スマホで動画撮影され「虐待オバさん」と貼られと炎上してもいいレベルだった

私のそばにいた若い男性2人が呆れ返ったように

「あんなところでマニキュアを塗ってる方がおかしい」

「あの子は少しも悪くはないのに」

これがマトモな大人の認識である

私は割れたマニキュアを拾いに行きたいのだが、あんなのと身内と思われたくなくなす術もなく立ち尽くしていた

いい年こいたおばさんがみっともない。これでは嫁にいけない

あまりにも、みっともないので注意したい。プライドの高いエホバ姫を怒らせないように私が低姿勢で

「あの怒り方はちょっと・・言ったら

エホバ姫は逆ギレして、私をえんえんと罵倒し始めた

エホバ姫にとって世界は自分中心に廻っている

美しくない

f:id:jw1972w:20190723080052j:image

子供イビリする大人程美しくないものはない

同級生の神対応

私の高校の同級生たちで集まったことがある。子供たちを集めて軽食を作った。その時二歳の子供がジュースをこぼしてしまう

Sちゃんは(当時28歳)は

「子供がこぼしやすい所に置いたのが悪いのよね」と言いながらこぼれたジュースを拭いた。もちろん誰も怒らなかった

これが普通の大人の女性の対応である

エホバの証人でない彼女たちは

誰もが体験する思春期のモラトリアムを乗り越えて、社会に適応し、大人の女性に成長した

エホバ姫(34)は大人ではない

思春期のモラトリアムを乗り越えれず、現実の世界からカルト宗教に逃げた彼女は大人にはならない

だから大人の対応ができない

なぜなら

エホバ姫は大人にならないから

今すぐ、ハルマゲドンが来て、エホバが悪いエホバの証人以外を滅ぼし、エホバ姫は若い姿で永遠に生きるから

だからエホバ姫は大人にはなる必要性がない

f:id:jw1972w:20190803213753j:image

開拓者は忙しい

週3日の集会

月90時間の奉仕を

バイトや学校を兼用しながら、あくせく開拓奉仕に励む

カルト宗教にハマる人間は未熟な大人が多い。だからカルトに深く関わると未熟な大人たちに悩まされて鬱状態になりやすい

忙しい

人間関係のストレス

カルト宗教はブラック企業みたいなものだ

90時間(当時)の奉仕だけで精一杯、自分の人格など磨く暇はない

90時間(当時)奉仕するだけでみんなから認められる(エホバの証人以外から見たら迷惑行為)

奉仕さえすれば人格も、サタンの世の道徳も、常識もとるに足らないこと

エホバ姫は大人になる必要はない

エホバ姫はずっと若い娘なのだから

もちろん、身体はオバサンだが頭の中だけいつまでも若い娘だ

若い娘といっても

電車の中でお化粧する女子高生のレベルだが

プールサイドはマニキュアを塗るところではない

それは世間の常識である

だが

エホバは姫は自分が律法だ

なんてたって

エホバの証人の開拓者様なのだ

偉いのだ

だからプールサイドでマニキュア塗るのは恥ずかしくない

当然の権利で常識なのだ

だから、マニキュアを割った邪悪な五歳の子供をイビリ散らす権利がある

あの時、周囲の人間は呆れ顔でエホバ姫を見ていた

マトモな大人の女性なら、ガラスを拾いながら

五歳の子供に

「大丈夫ケガなかった?ごめんね」

というところだが

カルト信者に常識はない

求めても無駄

本人の主観では永遠に若い娘のつもりだが

客観的にみたら

若作り

意地悪オバサンである

エホバ姫の子供が今度なんかこぼしたら(あの年頃の子供は必ずやらかす)私があの時と同じように怒ってみるとしよう

必ず彼女は言うであろう

「こんな怒り方をして虐待よ」

と美辞麗句でいかにも、私は今の今まで何も罪は犯したことのない清廉潔白な人間ぶって

子供を虐待するアナタは未熟な人間ね!それと引き換えこの私は素晴らしい

と上から目線で説教するのが目に見えてわかる

彼女は母親に似て

常に自分だけに甘く、自分の普段の言動は棚に上げ他人には完全であれと要求する

エホバ姫にとって

自分のイビリは

綺麗なイビリで

私の怒りは

汚いイビリなのだ

特別なエホバの証人として生まれたエホバ姫の姉たちは、ナッツ姫と水かけ姫並みに傲慢で我儘になった

小さな自営業の娘がエホバの証人にさえなれば、アレキサンダー大王のような偉大なものもしくは財閥令嬢のように偉くなるのだ(本人の頭の中だけだが)

ナッツ姫も水かけ姫も間違いなく、国の経済を動かす財閥の家に生まれた姫である。2人ともモデルのような長身でみてくれだけは綺麗な人ではある。あれでは横柄になっても致し方ないが

エホバ姫は自分だけが特別と思っている姫である。子供は虐待する(当時エホバの証人の世界では子供を虐待することが最高の教育と教えていたため全く自分のした事に罪悪感は無し)はっきりいって痛い妄想おばさんである

自称   姫

永遠に美しく

母と姉たちは常に楽園の希望を語る

「楽園で私たちは永遠に若い姿で生きられる」と 

f:id:jw1972w:20190723233823j:image

マジか

ツッコミ所満載である

「おまえらが永遠に生きたら

まさに

永遠のブスじゃねーか

おまえら永遠のブス目指すの

ウケるー」

と言いたい。本音は。しかし心の優しい私はとてもこんな酷い台詞は言えない。口が裂けても。だが、可笑しい。爆笑もんである。流石に目の前で爆笑が出来ず必死で笑いをこらえなくてはいけない。だから、笑いをこらえた反動でお腹がよじれ窒息死しそう。素晴らしいお笑いのセンスだ。森三中のコントより遥かにおもしろい

大会の締めくくりに

さあ!

私たちは来たるべき楽園で、永遠のブスを目指し、ともに鼓舞しあい励ましあいましょう!

ワーパチパチ

ないわー

昔観た

ゾンビ状態で永遠に若く生きようとするおばさんたちの映画みたいにシュールだ

あのミゼラブルな容姿で「永遠に生きろ」と言われたら私にとっては罰ゲーム、永遠の責め苦。希望なんか全くねーよ

カルト信者の下層階級は恐ろしい程無能だが唯一人より優れていることがある

彼らは

真実を自分の都合よく捻じ曲げる達人なのだ

母と姉たちの何でも真実を自分の都合よく捻じ曲げる技術は空よりも、天よりも高みにのぼり、ついにとうとう芸術の領域に登りつめたのだ。それは何人たりとも凌駕できない。ニーチェも羨むだろう

f:id:jw1972w:20190809094211j:image

楽園に行けば「完全な身体を手に入れられる」と教えられた為

楽園に行けば不完全な自分の顔が完全な顔になると思い込んでるようだ

どうやら自分たちの顔が汚いのはサタンのせいだと思っている模様

ものみの塔でも

「エホバは全ての人を記憶されていて元の状態で復活させる」と教えているからどう考えてもそのまんまの容姿だろう

仮に

森三中の大島が復活した姿が米倉涼子みたいな美女で復活したら、旦那さんと息子さんはお母さんとは認識できずトラブルが生じる。楽園にいけても美化はない。そのままの状態のはずだろう

まるで神から直接創造されたような美しすぎる元巡回監督長老夫妻がいた

あれぐらい美しいならみんなから容姿を絶賛されているんだろう。あの美しい人たちが永遠に生きたい気持ちは理解できるが

母と姉たちは、カリスマ好きでカリスマ長老夫妻の取り巻きパシリになった

美しすぎる長老夫妻の取り巻きになれば美しさを

おすそわけ

してもらえると思っているんだろう

美しすぎる人の取り巻きになったらブスが余計に引き立つだけなのだが客観的にみて

本当にこれが同じ人間?人種?

人間って不思議

という感じにしか見えない

美しき者の引き立て役

それがブスのレゾンデートルだ

楽園で結婚する

なんて

楽園では完璧な男が35億人いると信じ

結婚できると儚い希望を持つエホバ姫

現実の世界で兄弟たち誰からも相手にされない人は

楽園行ってもきっとないと思う

顔もミゼラブルだが頭の中もミゼラブル

こんぐらい綺麗なら永遠に生きたいが

理解に苦しむ

「美しくなければ生きてる意味がない」とコーキの父親もハウルで言ってるし

f:id:jw1972w:20190730093447j:image

美人だって大変だ

中学生で場面緘黙症を克服した長女はみんなから

「美人」

「美形」

「理想の顔」

「女優の○○に似てる」

「アイドルの○○に似てる」

と言われる

容姿を褒められた時にどう返せばいいのと相談され

相手が可愛いかったら

「○○ちゃんも可愛いよ」と褒める

相手の容姿が残念系なら逆に嫌味だから

「そんなことないよ」と言ってその子の良いところを褒めるんだよ

最近は

「語彙能力のない人に思われるから、他のバージョンない?」と悩むようになる。美人は悩みが多いのだ。まあ仮に、母と姉たちが永遠に生きても長女の悩みはわかるまいが

場面緘黙症の長女は姉や母のような誰からも褒められない容姿だったら、いまだに全く自信が持てず、今だに家以外で声も発せられないだろう

場面緘黙症の人間からみればある意味羨ましい限りの自信である

永遠に誰からも褒められないのに永遠に生きたいって

凄いわー

私と長女には無理だわー

昔から

私だけかわいいと言われてしまう

エホバの証人の中でも

学校でも

近所でも

親戚中でも

姉たちは誰からかわいいと言われないから心の優しい私は

誰からもかわいいと言われないなんて

あーかわいそー

と常に思っていた

親戚中いい顔の人いないし

両親はまるで汚物なのに私は汚物ではなから

これは

エホバが汚物両親から救ってくださったと私は信じている

エホバありがとう

エホバの愛情を感じるわ!

私が結婚した時

エホバの証人の間で美男美女のカップルと言われた。もちろんお世話だが

エホバの証人は10人人並み以上程度で性格が温和であればそう言われる

長女を身ごもった時

エホバの証人の中で

「どちらに似ても綺麗な赤ちゃんが生まれる」と評判になり、エホバの証人の期待どうりの「綺麗過ぎる赤ちゃん」が生まれた

3人目を生んだ時

つぶれたような目

めり込んだ鼻

なぜ!ブサ

パパは

「何これ!オレの子じゃない」

という激怒

ブサの一族の顔!

この一族は呪われてるのだ

先祖がブサの神の怒りを買い、一族郎等ブサの呪いをかけられたに違いない

私はブサの呪いから解放された筈なのに。ブサの隔世遺伝。まるでどこかの国の皇族のよう・・・ブサの神の呪いおそるべし

近所のオバさんが

「3人目生まれたの!お宅はみんなモデルのように可愛いから」

「いや、その、あの

「・・・あら、毛並みが違うわね」

犬とか猫かじゃないんだから

確かに血統書付きのポメラニアンの兄弟とぶさかわ犬わさお状態

上の2人はモデルクラブだが、これは無理

長女五歳

「○○ちゃんが嘘をつくの」

「なんて?」

「うさこのことをかわいくないって、うさこはかわいいのに」

赤ちゃんの時から「かわいい!」と大絶賛されていて既に自分の美しさを認識していた。自分で自分のことを言っちゃってるよ

ことり(三歳)長女の赤ちゃんの時の写真をみて

「ことりだーことり可愛いわ」

「それ、うさこ(長女)なんだけど、ことりちゃんはこっちの写真なんだけど

「キー可愛くない!。こっち(長女の写真)がことり

長男の赤ちゃんの時の写真を見て

「あーことりだーことりかわいい」

「あの・・それグテ(長男)なんだけど、ことりちゃんはこっちの写真

「キーかわいくない!こっち(長男の写真)がことり!」

長女とは逆の意味て自分のことを自分で言っているよ( ̄◇ ̄;)。マズイ末期症状だ

ことり(四歳)長女の四歳の写真をまじまじ見つめて

「うさこはいいなーことり、うさこみたいになりたいんだけどお。なれるかなぁ?」

うさこ「無理!」

これはマズイ

なんとかしなくてはいけない

容姿が優れてなくて誰からも褒められなければ卑屈になり、性格が歪む。誰かさんのように、人の悪口を言いふらし自分の不満や溜飲をさげるような人になったり、所属するだけで特別な者になると謳うカルトに洗脳されるかもしれません

人間の一番大事なものは内面性です。内面性の美が容姿に反映されます

内面性の美の確立しなくてはいけません

f:id:jw1972w:20190803214037j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙で支配する女(支配、寄生型マニュピレータ)

f:id:jw1972w:20190803154017j:image

「洗脳」について学ぶわよ。X JAPANトシの自伝より

f:id:jw1972w:20190626221029j:image

トシは1992年に個人事務所を立ち上げ長兄を社長に任せた。金回りのよくなった兄はタレント活動まではじめ豹変していく

母親は実家にファンを入れ、お金を取り昔のビデオ、写真を見せるようになる

母と兄のクレームが多々ありトシはYOSHIKIをはじめ関係者に平謝りするハメになる。次に社長を任せた人物もトラブルを起こす

自分が憧れ、必死で目指してきたロックスターの座・・・そうなることが親孝行、家族孝行だと思っていた。だが結果はその逆、家族不信、友人不信、自分不信になってしまった

気がつけば周囲にはトラブルばかりが蔓延していた

頼れるもの、信頼できるものが何一つなくなってしまった

X  JAPAN世界進出のため、英語を勉強するトシなかなかYOSHKIの要求通りの英語の発音ができないToshi

「トシは弱っているわ、もし街角で"幸せですか?アンケートお願いします"なんて言われたら、うっかり持っていかれる状況だわ」

その折以前舞台で共演した守谷香から頻繁に手紙がきた

「メイクも金髪もいらないんだよ。ありのままのあなたでいいんだよ」

憔悴したトシは守谷の手紙をいつしか心の拠り所とするようになった。再会した守谷に手渡しで短冊を100枚渡される。その一枚に

「死ぬ時は一緒に手を繋いで逝きましょう」

その言葉にトシ感涙。守谷と交際を始める

「その短冊よく考えてみたら怖くね」

「人間は不安を抱いた時、家族や親しい人と一緒にいたいと感じるの。このような心理現象を親和欲求という。家族に囲まれ順調な毎日を送っている人は大丈夫だけど孤独や不安を抱いている時に安心させてくれる言葉を言われると、その相手に依存してしまうの

1.ターゲットが精神的に弱まった時に助ける振りして近づく

サイコパスは性的な誘惑に弱い相手を狩る肉食動物のように見分けるの。獲物を見ると、その相手をじっくり観察するの肉食の動物のように、どのように相手を操作し利用するか、そのためには相手をどのように嬉しがらせ魅力するか考える。ターゲットはサイコパスと別れた後でも自分の心を掴んだ台詞を覚えているの」

トシは守谷の感情の起伏の激しさに違和感を持つつ

2.ターゲットは最初は洗脳者に違和感を感じる

精神世界、スピュチアル、宇宙の話ばかり話す守谷に影響される。守谷に促されるように入籍。守谷に言われるままX脱退を決意する

f:id:jw1972w:20190702055312j:image

事務所の社長に就任した次兄は守谷を疑い始める

「守谷は演技してるだけだぞ」

「自分の生きてきた銀行業界の常識では、ああいう感じの人は最も危ない」

「あんな目をした女には気をつけた方がいいぞ」

3.異常な目つきと演技

他人の同情心を誘う演技を繰り返す

守谷は

「極秘入籍がマスコミに知られたのは次兄が漏らした」

「弟を操り人形にしようとしている」

「裏表のある嘘つき」

「お母さんは息子を自分の所有物にしようとしている」とトシ家族の悪口を言い始める。嫁に影響されたToshiは家族と距離をおき始めた

4.ターゲットの周りの人の悪口などを吹き込み孤立させる

「トシを所有物、操り人形にしてるのは守谷自身よ。彼女こそがとんでもない裏表のある嘘つき女よ」

5.裏表のある嘘つき

守谷に勧めらるまま「ホームオブハート」MASAYA氏のセミナーに参加する。MASAYA氏が歌い始めると参加者は全員感動の涙を流す

「怪しい宗教では?」とよぎるも

涙を流す妻を見ると自分の感受性が乏しいのかと自分の認識をの方を疑いはじめた

「ターゲットは認知的不協和状態に陥らせる洗脳の基本よ」

MASAYA氏との出会い

音楽で癒して世界平和に貢献するなど夢を語る

6.魅力的で饒舌

「MASAYAは容姿も良く饒舌

守谷は優しく清純そうで男性ウケする容姿だわ」

守谷香ベスト

守谷香ベスト

 

6.愛、夢など世界平和を謳う

「愛、夢、世界平和などを目的とした活動をしていると主張するのはカルトの基本よ

真面目な人を獲得して、奴隷のようにこき使うための詭弁だけど」

MASAYAは幼少期から芸能界デビュー、19歳で企業を立ち上げるなど長々と自慢話をはじめる

7.虚言と自画自賛

聴いてもいないのに自慢話を長々とする奴はだいたい人を騙すための虚言と誇張よ。そのような人は疑い、なるたけ距離を置いてください

隔離した状態にする

トシは乗り気ではないが嫁の熱意に負け泊まり込みの合宿に参加

ターゲットを日常の世界から引き離し、隔離した状態で教義を叩き込みターゲットの思考を停止させるのが目的

自分の過去の悲惨な経験や今の気持ちを皆の前で話す「シェアー」というものをさせられる

カルタシス(浄化)

缶詰め状態で皆の前で過去の悪行などを告白するなどカルタシスを体験させる

狙い

メンバー同士の一体感を強め、集団による高揚感を高めていく集団心理を利用したテクニックです。参加たちは催眠状態になり思考停止する

「出会いの実習」をさせられる。「近づきやすい」「近づきにくい」「よくわかりません」と参加者同士で評価する。

参加者10人から「近づきにくい」、守谷からは「わかりません」と評価されたトシは愕然とする

実は参加者10人のうち8人は「ホームオブハート」の職員だった

「このセミナーはToshiをハメるためのものだったの

アッシュの実験

9人の学生を被験者にして問題を出す。実は9人のうち8人はサクラで8人が間違った答えをだす。すると最後の残りの1人も前の8人と同じ答えを出した。人間は周囲と合わせようとするの。同調心理を利用したテクニックよ

オープンしたお店でサクラをやっとて行列を作らせると並んでしまう心理

なんと、親、兄弟を否定して殺す実習まであった

思考停止して判断力の弱ったトシは、MASAYA、職員、妻の守谷にまで、暴言、暴力を振るわれても無抵抗になる

「X  JAPANはヴィジュアル系という最も自我の強いおぞましい集団の頂点に君臨する悪の権化だ」

8.以前のターゲットの人生、人格を全て否定

守谷は常にトシを監視して、言動をチェックしMASAYAに逐一報告をしていた

9.監視、密告

私も姉たちに常に言動を報告されていました。あと洗脳されにくい性質でしたから、エゴと自我が強いとくどくど言われ以前の人格を常に全否定されました。思い出すわー

10.ターゲットの弱点をついてくる

トシは自分の容姿にコンプレックスがあった。守谷たちはそのターゲットのコンプレックスをさんざん罵倒し自尊心を打ち砕く

ヒデの死

妻と教団の人たちが

「ヒデが死んだことで思い知ったろう。おまえもここを離れて一歩でも外に出たら人生は地獄化し、最後は自殺するんだよ」

「ヒデは自殺なんてしない」と反論すると反抗的と何時間も暴言、暴行を加えられる 

11.反抗、反論は許されない

教団に猜疑心はあるも、何時間にもわたる集団暴行のため「自分の考えが間違っている」と無理矢理に思うようにになった

1999年  マスコミによる「Toshi洗脳騒動」

12.責任転嫁

サイコパスは都合が悪くなると常に人ののせいにする

「おまえのせいで営業できない。莫大な被害を被った。カルト教団に仕立てあげられた」とMASAYA、守谷から罵倒、暴行、罪悪感を抱かされたToshiは完全支配される

何かある度にMASAYAと守谷は「お前のせいだ!」罵声、暴行を受けた

テレビで

「僕は洗脳されていません」とMASAYAの指示どうりの記者会見をさせられる

13.罪悪感を抱かせたり、借りを作り支配する

「あなたは私に借りがある」サイコパスの典型的台詞よ

ラスプーチンは皇后によくこの台詞を言って皇后を操作したわ

  • 常に恩着せがましい人
  • 常に罪悪感を与える人
  • 不安を煽る人

サイコパスの典型的攻撃パターン。このような人がいたら逃げて下さい。このままほっておくと大変なことになりますよ

地方ドサ周りライブなどで稼ぎ教団の集金マシーンにされる。睡眠時間、多い日は4時間、1〜2時間の時もある。常に守谷や信者たちに電話で罵倒される。施設の子供たちにも罵倒されたこともあった

14.常に忙しくさせ、睡眠時間を与えず思考力低下させる

2004年  ホームオブハート児童虐待発覚

MASAYAは講演会で学校について否定的な話をしていた

「子供を学校に行かせるなんて異常者の親のすることだ」

「学校は競争とイジメだけの場所だ」

「学校は間違った知識で洗脳して、純粋さを台無しににする」

「本質のことなんか誰も教えてくれない、本質なことを学べるのはMASAYAのセミナーだけだ」

15.誇大妄想、傲慢、自分だけが正しい

閉ざされた「ホームオブハート」の世界しか知らされず、大きくなってもMASAYAの都合のいいロボットにされてしまうかもしれない女の子のことを思うと、本当に心苦しい気持ちになる

2006年  X再結成の話

今まで「X  JAPAN」は悪の権化と罵倒していたMASAYAが大金が入るとわかるといなや再結成しろと命令する。矛盾した命令にトシはモヤモヤし始めた

X  JAPANのツアーに参加することより、外部の親切な人と接触することにより洗脳が薄れていく

MASAYAと守谷の住んでいる自宅に訪れると美術館のような外観の大理石の床、プール付きの豪邸、高級外車を何台も所有していた

MASAYAと幹部たちの泊まる施設は常に高級ホテルのスイートルームでルームサービスで美食三昧なゴージャスな生活をしていた

ホームオブハートの裁判の傍聴をした際、あまりのMASAYAは感情的になり狼狽するなどオドオドしていた

裁判長に

「セルフコントロールの達人でしょう。それにふさわしい振る舞いをしてくださいよ」とたしなめられてしまうほどお粗末な挙動だったが守谷は

紀藤弁護士はタジタジだ。顔が青ざめてた」

Toshiは守谷とMASAYAに疑念を持ち始めた

いつもの守谷の罵声に

「どうせ金だけなんだろ!」はじめて反撃

守谷、いきなり泣きだし

アゴさん(Toshi)に純粋にやって欲しいだけなのに」

16.暴力がダメなら泣きおどして罪悪感を与え支配する女

「女性のサイコパスは「弱い女」「涙を流す女」を攻撃できないという社会通念を利用し批判する人がまるで極悪人に見えるようなアングルを演出することに長けているの」

サイコパスを見分ける方法は

泣き落とし

「ターゲットに自分の正体がバレそうになると空涙を使うわ」

守谷の涙が演技に見えたトシ

守谷に逆らったToshiにMASAYAは「暴力団に売る」と脅す

逃亡

Toshiの所属権利を暴力団に売り、MASAYAはそこで現金を得て、Toshiは暴力団支配下のもと一生働くと理解し逃亡するもすぐ守谷に拉致される。激しい暴力を受け、逃げても無駄と感じ絶望にうちひしがれる

2009年  疲労のため入院

病院に守谷は何度も電話。病院の職員にまで電話で罵倒。病院は守谷の異常な言動に疑念を抱く。見ず知らずの人に対し、暴言を吐くという狂乱ぶりに守谷の異常性を見た

「あいつは絶対来る!」

まるでホラー映画

また拉致されると理解したToshi。知人の助けで病院から脱出。ほどなくして守谷は病院にやってきて暴れまくる

知人の知人にかくまって貰い弁護士に相談する

ホームオブハートの元信者たちと面会したトシ

MASAYAの目的は信者を洗脳して集金マシーンにして搾取すこと 

地球、平和、子供の未来のためと言いながら信者から集金したお金で自分たちが豪遊するため

MASAYAは豪邸で守谷をはじめ若い女性信者たちを囲いハーレムを作り豪遊していた

17.自由、奔放な性

守谷から勧誘され、暴力、暴言で集金マシーンにされお金をむしり取られ、家庭崩壊、離婚、破産、精神的な病に冒され人生の全てをめちゃくちゃにされた元信者たち。僕だけでなく一般の方までこんなひどいことをするなんて

「トシさんはこれから働いて、お金も人生もある程度取り戻すこともできるかもしれませんが、離婚させられて子供を失った人被害者はお金や人生を取り戻すことはできません」

18.他人を利用したり寄生する

守谷の勧誘はToshiを勧誘した手口と全く一緒だった。守谷はトシと知り合う前からMASAYAと知り合いだった。最初から仕組まれていたことが理解できたトシ

こんな事実も知らずにMASAYAと守谷に指示されるままそれが正しいと思い込んで・・罪悪感に苦悩するトシ

代理人をたてMASAYAたちから決別をしたあとMASAYAからトシオフィス、トシ個人、守谷個人の税金未納(約3億)、家賃、経費、負債の請求がくる

10年以上未納のトシの健康保険

知らず知らずのうちに莫大な負債を背負わされたトシ。今まで稼いだお金は全て搾取された。自己破産するお金さえない

何が目的で人生、生きていたんだろか。何が大切だったんだろう。癒しなどの甘い世界に酔いしれて現実逃避し、世界に貢献するどころか、自分1人まともに生かすこともできない

逃亡中にかくまってくれた知人の知人が色々世話してくれさらに自己破産まで援助してくれた

こんな僕から、お金も何もかも奪っていく人もいれば、何も言わずに与えてくれる人もいる

お金は絶対に返すというToshiに対して

「としさん。この先あなたは今までよりも、もっと大変な人生に向かっていかなければならない。そのお金はこれからの長く険しい道のりを歩いて行く時に使いなさい。これからの人生は短く、そして長いぞ」

素晴らしい方です

真の無条件の愛を与えられ勇気付けられたToshiは再出発を始める

洗脳 地獄の12年からの生還

洗脳 地獄の12年からの生還

 

「人間は1人では生きていけないの。人生の成功は良い人間関係を持つことよ。でも、付き合う人を間違えれば人生が破綻することもあるわ

f:id:jw1972w:20190629172941j:image

誰を信じるかということに関して私たちはみな間違いを犯します

100人に4人は良心を持たない人がいるのは事実よ。そういう人たちを信用したり関わるなら大変なことになるわ」

f:id:jw1972w:20190802001437j:image

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 

「MASAYAと守谷はどうなったの」

「MASAYAと守谷は刑務所に入ることなく普通に暮らしています。セミナーの名前をMARTHと変え性懲りもなくTOSHI名義のCDやグッズをヒーリング商品を販売しています。あまたの人々から大金を騙し取り人生をめちゃくちゃにしても罪悪感は皆無のようです」

19.罪悪感は皆無

f:id:jw1972w:20190802001547j:image





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者がカルトにハマる理由

f:id:jw1972w:20190726102742j:image

「今日は何故若者がカルト宗教にハマる理由を調べるわよ」

カルト・・・小さなサークル

カルト宗教

新興宗教は最初は皆カルトである

多くの新興宗教が目指しているのは、この世の幸福よりも「天国」「来世」などで永遠の至福を追い求めことである

それを見出すために、信者だけの閉鎖的集団や社会を作り出そうとする

結果として

反社会的

反体制的にならざる得ない

組織が大きくなる程

内外で様々な摩擦が生じ、金銭的にも大がかりになる

信者から

高額な壺や印鑑を売りつけられた

多額の献金をさせられた

無償の奉仕活動を強制させられたなどトラブルが絶えない

「なぜ、カルト宗教のトラブルが絶えないのに若者たちがカルト宗教にハマるのかしら」

「若者の間では自分探しがブームなの

自分探し

漫画やテレビ、ゲームでも

「自分が何者なのか」

「何の為に生きているのか」などをテーマにしているものが多いわ  

これは、アメリカの心理学者エリクソンの唱えた

アイデンティティ(自己同一性)

に共通するの

アイデンティティとは

自己が一つの存在

過去

現在

未来

に連続した変わらないイメージ

自分は他の誰でもないということ認識

自己同一性のコア(核)は、三歳頃までに確立し子供から大人への過渡期にあたる青年期に、もう一度アイデンティティを問い直すという

これが青年期の課題よ

青年期の課題

第一次性徴期

誕生時から男女の性器にみられる特徴

第二次性徴期

成長後の成人男女にあらわれる身体の形態的な違い

その急激にな身体的変化や性的成熟がはじまるのが青年期

身体的な発達だけでなく心理的にも大きく変化する

ルソーは青年期のことを「第二の誕生」と呼んでいる(エミールより)

青年は自我意識に目覚め、精神的独立を目指そうとする

精神的に両親から分離、独立することで心理的離乳を果たす(ホリングワース)

疾風怒濤の時代といわれる程、この時期は激しく揺れ動く内面を抱えながら自我形成に奮闘する

f:id:jw1972w:20190725160610j:image

青年は子供と成人の境目に位置して、どちらにも属さない曖昧で不安定な状態でいることから

マージナルマン(周辺人・境界人)ともいわれる

恋愛感情も芽生えていくわ

子供の頃の愛される自己(保護者の愛の容体)から

愛される自己(恋愛をする主体)へと変化するの

モラトリアム

子供と大人の境界時期を成熟した大人になるための準備期間(モラトリアム)とエリクソンは名付けた

前近代には子供は通過儀礼によって直ちに大人になり、境界線は存在しなかった

青年期は文化の所産であり、未開社会にはモラトリアムは存在しない

「日本なら昔は元服という儀式を行えば成人になる

昔の人は15歳くらいで結婚していたわね」

成熟した人間の条件

  • 拡大された自己意識の保有
  • 自分と他人の温かい人間関係の保持
  • 情緒安定・自己受容
  • 外界を認知し、思考、行為する能力
  • 自分の行動を統一する人生観

(オートボルト)

物質的に豊かな現代では、一人前になるための修行期間としての古典的モラトリアムでなく

半人前の自覚もなく自分の欲求に応じて行動して、実社会に対して無関心なまま閉じこもってしまう新しい形のモラトリアムが人間が増加してるの

ピーターパン・シンドローム

大人社会の加入を拒否する男性

シンデレラ・コンプレックス

王子様がいつか現れるという依存欲求を抱き続ける女性

「引きこもりもそれに入るわね」

急激な身体の変化に伴う心理葛藤により精神が不安定になり

占いや神秘的なものにも惹かれてしまう人もいるわ

東京バビロンより

1992年の東京が舞台のファンタジー漫画(2巻callより)

陰陽師家の若き当主  皇昴流が主人公

自らを「特別」と思い込み、ダイヤルQ2で連絡を取り合う少女たちの話

1999年に世界は滅ぶ

その時「特別」な世界を救う「選ばれた」自分たちだけが助かると思っている女子高生たち

少女たちは独学で呪詛を学び「敵」と認識したところにイタズラ電話で呪詛の攻撃を仕掛け迷惑行為を繰り返す。陰陽師である昴に依頼が舞い込む

素人たちが呪詛を使うとその「業」が本人に返ってくる。少女たちの身の危険を感じた昴流は少女たちに説得を試みようとするも、少女たちは昴流を敵とみなし攻撃を仕掛ける。少女たちの呪詛に昴流は意識を失う

それを見た

暗黒陰陽師  桜塚  星史郎は怒る

「いい加減にしたらどうですか?」

「私たちは選ばれたのよ

貴方達悪魔と闘うため特別な力を与えられたのよ

地球が滅んでも私たちは生き残るの!

そして残った人類を救うのよ

普通の奴らと違うのよ」

「特別であることに何の価値があるんですか?」

「私たちは「特別」なのよ!

お父さん、お母さんやまわりのみんなみたいに「普通」になるのはいや!」

「勘違いなさっているようですね

この世界で一番偉いのはちゃんと地に足がついて一生懸命、日々を「普通」に「生活」している人たちです

毎日早起きして、学校に行って、働いて、泣いて、笑って、悩んで、苦しんで一生懸命「現実」を生きている・・・

それ程「普通」の人を嗤うなら、貴方たちはその「普通」の人たちと同じように生きていけるんですか? 

そんなに「特別」になりたいのならお手伝いしましょう」

暗黒陰陽師の逆呪詛を受け、少女たちは発狂し廃人になる

少女たちは本人の望み通り「特別」な人になった

東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1) (ウィングス文庫)

東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1) (ウィングス文庫)

 

少女たちは「普通」の人になりたくないと普通の人たちを嫌悪していた。現実の世界、学校などでは彼女たちは浮いた存在だった。彼女たちは嫌悪する普通の人さえなりえたのだろうか

特別な人にならなくてもいいんだよ

この世に生を受けたことが

それだけで素晴らしい事なのだから

f:id:jw1972w:20190725160943j:image

青年期というのは自分の本当にあるべき姿を主体的に保持しようと自我を追求する時期

現実の自分(現実我)

理想の自分(理想我)

に近づけるために、そのギャップに悩みながら努力するもの

f:id:jw1972w:20190725155628j:image

そして自己同一性(アイデンティティ)が確立されるのよ

この時期の心理葛藤に失敗すると

東京バビロンの女子高生たちのように

理想と現実の自分自身のギャップに耐えきれず

 現実逃避したり

引きこもったりなど

反社会的行動をとったり

自分が自分であるという認識が持てず、いつも誰かに依存したりする自己不安定の状態が続くの

「自分探し」はその不安定な状態である

「自分は一体何なのか」

「何のために生きているのか」

「自分は将来どうすればいいのか」

自分の価値を確認したい

生きている実感が欲しい

という難しい問題に直面する

アイデンティティの確立されていない若者は自分で自分の問題を解決できなければ

アイドル

占い

自己啓発

宗教になどに

依存してしまうの。依存対象がいい人であれば問題はないけど、人を支配する人やカルトならばそのものに従属させられるわ

組織の維持の為に、信者をマインドコントロールをして囲い込み組織の歯車にされ

財産を奪われたり、自己破産したり、精神疾患を抱えたりなど被害者が絶えないの

洗脳

暴力、拘束などを用いて他者を支配する。例)北九州監禁事件

マインド・コントロール

 自分の考え方が行動に影響を与える方法。例)スポーツ選手、癒し系の音楽

自分のために使用するのは問題ないが、他者に対してすれば問題になる

なぜカルト被害者はなくならないのか

権威の服従

「テレビで何か事件が起こると、ワイドショーやニュース番組などが○○評論家という人がゲスト出演して事件について解説してくれるのは良く見るわね

○○大学教授という肩書きがつくと、何気ないコメントでも、もっともらしく聞こえてしまうのこれを威光効果という」

「本当は高卒純日本人なのに、ハーバード大学卒のハーフと肩書きラベルを貼っただけで人気コメンテーターになった人がいたわね」

「人は権威を持った人物に命令されると、行為の内容に関係なく、思いのほかその命令に服従する(アメリカの心理学者ミルグラム)

人間は善悪の判断を自らせず、権威に盲従することで自己責任を回避しようとする要求があるの

権威主義パーソナリティ

つまり自分で考えず責任を取らず、偉くて賢い人(リーダー)に何でもやってもらって

「楽」「得」してハッピーに生きたいという要求があるの」

f:id:jw1972w:20190725155315j:image

奴隷になりたい人たち

日本は江戸時代までは身分制度がありました。最も低い身分の人は人間扱いさえされませんでした。第2次世界大戦までは財閥。華族という特権階級があり、選挙権は一部の裕福な人に限られていました。

現代人は束縛から解放され自由を手にいれたの

私たちは自分で自分の生き方を決める自由を手に入れることができたのす

自由には責任が伴います

それゆえに孤独に陥る時もある

一部の人たちは自分の人生を決めることを自分の頭で考えるとこができず

責任を伴う自由を放棄して強力な指導者に隷属したり、均質な社会のうちに埋没する事により自ら束縛されることを選択する傾向がある

これを

自由への逃走

とフロムは名付けた

一部の現代人は自由から逃走し自ら進んでファシズムのようなカルト組織の奴隷になったのです

「民衆たちの自由からの逃走はファシズムの温床にもなるわ。1940年代のイタリアやドイツでは大変なことになったわ

だから、私たち個人個人は自分の人生を自分で考えることを放棄してはいけないわ」

カルトに騙されないためには

「生きがい」を持つ

自分の存在が誰かのため、何がために必要だと自覚することで張り合いをもって生活できると述べた(神谷美恵子)

モラトリアムの期間に、自分が生涯打ち込める仕事や生きがいを見つけることがアイデンティティと自己評価確立になる

f:id:jw1972w:20190725155453j:image

自己評価(セルフエスティーム)

自分に対し自己評価ができる人は価値判断や選択は自分自身で行う

自己評価の不安定な人は、世間の価値基準を基準にし、受け身的、他力本願的になりがちになる

この世に生まれたからには

  • 誰もが幸福になりたい
  • 意味のあることをしたい
  • 自分をもっとわかってくれる仲間が欲しい
  • 良好な人間関係を築き上げたい 
  • より良い自分になりたい

以上は人間本来の要求である

「カルトはこうした人間要求を巧みについてくるわ

「神は死んだ」ニーチェ

f:id:jw1972w:20190725160026j:image

科学が発達した昨今

宗教に頼るより「自己啓発セミナー」に参加する若者が増えているわ

「積極的な性格になれる」

「新しい自分を発見できる」

全ての宗教がカルトではないようにほとんどの自己啓発セミナーは問題ないのだけど

中にはマインド・コントロールを使用する悪質なカルト系セミナーがあるの

また

カルト宗教は、団体名を明かさずサークルやアンケート調査を装う。ターゲットは知らず知らずのうちにマインド・コントロールされてしまうの

彼らは心理学、洗脳、マインド・コントロールを研究し尽くしてターゲットを狙いにくるの。ターゲットされたら誰でも騙されるわ。カルトに騙された人を「バカだなぁ」なんて言えないわ

カルトに騙される人の特徴

自分は絶対に騙されない

と思い込んでいる人

マインドコントロール

新聞、テレビ、雑誌メディア

つり革、街頭広告

教育

政治

至るところにある

わたしたちはマインドコントロールの影響を受けないで生活することはできません

誰もがマインドコントロールにかかる可能性があるという自覚を持つ

マインドコントロールされたくなくば他人に頼らず常に自分の頭で試行錯誤して行動しなくてはいけないわ」

「今気づいたけど今日私たちことりじゃないわ」

「それは言わない約束よ」

f:id:jw1972w:20190725160430j:image

参考文献

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が物になる心理2(閲覧注意)

「私たちはハルマゲドンを生きて通過するの。ハルマゲドンを目撃することができるの。素晴らしいと思わない?」

私の司会者は嬉々としてハルマゲドンをこの目で観れるという特権が楽しみと語る

つまり

この方エホバを信じないという理由で滅ぼされる当時50億以上の人々が滅ぼされるのを楽しく見学したいらしい

この人おかしい

50億の人が滅ぼされるのを楽しみにしている。彼女の言いかたは穏やかなのだが、常に不愉快になる。彼女と聖書研究した後はイライラして憂鬱な気分になる。今から考えれば彼女はサイコパスだ。カルトの幹部や上の立場の者はサイコパスが多いい

一緒の会衆の姉妹2人に

「カリスマ姉妹が司会者で大変でしょ?」

と聞かれたことがあるが、研究生の分際で本巡回監督、主催監督の奥さん姉妹の悪口は言える立場にはない

「あの人と話すと嫌な気持ちになる」

彼女を異様さは上手く説明できなかった

母や姉たちに文句を言っても

「カリスマ姉妹は霊性が高い。言うことを聴くべきだ。霊性が鍛えられる」 

霊性が高い=サイコパス度が高い

霊性が高ければ高いほど、異様な人が多い

また

「エホバを信じない人が滅ぼされるのは悪い人だから当然。あなたがおかしい」こっちがおかしい認定される

「50億(今なら73億)以上の人が滅ぼされるのを観るのが楽しみ」

これこそがカルト信者の最大の喜びである

エホバの証人は選民であり「特別な人」更にエホバを信じる「絶対正義」の人なのだ

自分は特別

自分は絶対正義

と感じた人間が最も残酷になる

魔女狩り

16世紀、17世紀

彼女たちの大半は身寄りのないやもめや立場の弱い者であった

魔女と決め付けられたやもめは拷問され「自分は魔女です」と自白する。懺悔にきた神父が

「あなたは何故自分が魔女だと自白したのですか」

「私は身寄りの無いやもめです。今は物乞いをして生活をしている状態です。一度魔女と疑いをかけられたら、もう私を誰も施しをしてくれないでしょう。私に残された道は餓死するか、火焙りにさせられるかしかないのです」そしてやもめは火焙りの刑に殉じた

群衆たちは魔女が火焙りにされるのを見て喜ぶ

彼らは罪人だから

裁かれて当然

我々の道徳的世界から排除すべきとみなされる人たちであれば、それは人間でなく「物」になる

「物」は集団の中から排除される、彼らの家を奪い、家族を殺し、火焙りにしても罰せられることはなく、称号さえ受けるようになる

フランス革命では貴族たちの公開処刑を群衆たちは嬉々として喜んだ。ギロチン広場のアパートメントの見晴らしのいい2階席は飛ぶように売れた。これからギロチンに処せらる人に向かい胸をはだけて見せ、はやし立てる女性たちがいた。産業革命で経済的に潤ったイギリスではギロチンツアーまであった。わざわざ海外からツアーを組んでギロチンを観に来るのである

人間は自分たちが正義、特別と思えば、自分と違う人たちを「物」扱いする「物」扱いした時。「物」に対して残虐行為さえ厭わない

本当の善良ななる人間は自分が完全に正しいと思わない

善良な人は絶えず反省を繰り返し、良心に照らして、自分の行動や判断を吟味している。常に自分に疑いを持つ

善良な人間は自分を完全に正しいと思うことはない

良心のある人は本能的に善悪を絶対的なものと考えない

100%の善人も 

100%の悪人もいない

エホバ信者は73億の人の処刑を嬉々として待ちわびる。まるでフランス革命でのギロチン処刑を愉しむ群衆のように

カルト信者にとって自分と同じ信仰を持たない者は排除すべき「物」になる

この処刑の後を楽しんだ後は

楽園で永遠の命と若さを与えられる

カルト信者の幸せは73億の人間の犠牲の上にある

f:id:jw1972w:20190720164400j:image

カルト信者には

自らの若さを保つために600人以上の娘を犠牲にしたエリザベート・バードリー以上の邪悪さと

カトリックが正しいと信じ、プロテスタントを虐殺したカトリーヌ・メディチとメアリ1世のような残虐性がある

エリザベート・バードリは召使いたちに娘を死ぬまで拷問させ、娘たちの苦しみ泣き叫ぶ姿を観て自分が若返ると思い、たいそう喜んだ

エホバ信者はエリザベート・バードリーやカトリーヌ・メディチ、メアリ1世のような邪があるが

自分の中には邪は全くない

自分たちだけが絶対正義でマトモと信じている

母も姉もいつまで経ってももハルマゲドンが来なくて20年近く不活発状態だ。断絶はしていない

叔父がペケ一子連れの綺麗な人と結婚した。結婚する時親戚じゃう反対した

中学生と小学生の子供がいる女性と結婚することは

その子供たちの父親になるという事。自分の子供でない子たちの人生の責任を負わなければならない

簡単にできることではないと

そんな親戚の助言を押し切り結婚した

相手の女性はパチンコ好きで金遣いが荒く、数年程で離婚した

金遣いの荒い女性と離婚した後叔父は経済的に困窮したらしい

叔父は離婚した時、父と母に

自分の結婚で親戚中に迷惑をかけてたことを謝罪した

親戚中に謝罪したのだろう

母といえばカルト宗教活動で冠婚葬祭に散々親戚中に迷惑をかけたクセに

誰にも謝罪しない

反省もない

まともな人間は他人に迷惑かければ謝罪する

カルトの

叔父は人間として当たり前のことをした。母は叔父のことを

「変わってる」

「無教養」と散々悪口を言っていたが、母の方が人間として

母と姉たちは親戚の中でエホバの証人である。真理を知る自分たちが一番まともで優れていると思い込んでいる

母は、常に父の実家を全員無教養、大学に行った人はいない(自分も高卒)、テレビを見てばかり

と娘たちに悪口を吹聴した為、大人になってからエホバの証人になった姉は

母同様に差別的になり、エホバを信じない親戚をあからさまに見下すようになった(エホバを信じない人はサタン側の人間で劣っていると集会、大会で刷り込まれる)

父が叔父を一緒に住まわせるという話をした時、母は

エホバの証人ならとにかく、同居したくないわ!」と何度も繰り返したため、姉は叔父に

「私たちと同居したくば、エホバの証人と聖書研究をして、エホバの証人になって下さい。さもなくば一人で勝手にお住み下さい」と叔父に面と向かって言い放ったこともある

呆れ返った叔父に

「お前らの宗教は、自分たちだけ良ければそれで良いんだな」

と言われたら

母と姉たちは

エホバの証人は愛があるのに」

「サタンが邪魔をして迫害されている」と被害者ぶる始末

母と姉はこんなにも親戚中に迷惑をかけたのだが謝罪もしないし、罪悪感も全くなく平然としている

f:id:jw1972w:20190722214245j:image

父の親戚は一言で言えば普通だ

特別に人格者でもないし

特別優秀でもなく、裕福ではないが

普通の人たちだ

多くの日本人がそうであるように

、新年には初詣に行き、クリスマスを祝い、お墓はお寺の普通の日本人だ

怪しいカルト宗教に騙される訳でもなく、誠実に現実の世界を生きている

母と姉たちが冠婚葬祭でお線香、お焼香をしないことを

「信仰の自由」を尊重し、認めてくれた

姉の差別発言さえ寛大に赦している

エホバの証人に理解のある寛大な普通にいい人たちだ

それに引き換えうちの家族ときたら、幼児のように自分たちのことばかり

姉たちは

「うちは凄い。親戚中うちだけエホバの証人なんだよ」よく言っていた

確かに凄い

愚かさだけが凄い

親戚中、一番劣っているのはカルトに洗脳されたうちの家族

我が家こそまさに

パーの一族

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

 

カルト信者はカルトに洗脳されたら人間としての成長は停滞する

カルト活動をする人間だけが素晴らしいと刷り込まれ、それ以外しなくなる

また、永遠に若く生きられると信じるため

人間として成長しなくてもいいのだ

視野が狭くなり

自己中心的になる

f:id:jw1972w:20190722214158j:image

XのTOSHIも辺見母も洗脳が解けた後は洗脳された自分に羞恥、悔恨、反省の感情があったが、母と姉にはそういう感情は皆無だ

母と姉たちは

自分の中にエリザベート・バードリー、カトリーヌ・ド・メディチ、メアリ1世のような自己本位と邪悪さと残忍さがあるが

自分の中の悪は一切否定する

今でも自分だけは清廉潔白で絶対的に正しいと信じている

洗脳された人間は自分を客観的に見れない

自分のカルト活動のため周囲を振り回し、迷惑をかけてもハッピーでいられるこれが

カルト信者のパラダイスである

他人を犠牲にしても、自分の幸せだけを追求できるパラダイス

f:id:jw1972w:20190722214321j:image

私には信仰の自由があるの

法律で認められているわ

自分の信仰を貫いて何が悪いの?

私の信仰の自由を認めなさい!

アンタの信仰は認めないけどね

他人の不幸を喜ぶ心理

他人の不幸を喜ぶ人は、自分の中に不如意の不満、非力であることをの苦痛、充実していないことへの不満、様々な不平と鬱屈を隠し持っている。だから他人の不幸を知ると、普段の妬み、そねみが和らげるのだ

そして、他人の様々な不幸や失敗を慎重に記憶に蓄えておき、それよりも自分の方がましだから自分へ彼らより幸福と思うのである。つまり、いつも下を見ることしかできず、誰かの不運や嫉みを探している人々なのだ

よって彼らの喜びや悲嘆はいびつなものになる。どちらにしても自分個人の比較で判定されているからだ

「人間的、あまりにも人間的」ニーチェ