洗脳の楽園

なぜ人は心を奪われるのか?エホバの二世が宗教について研究してみた

宗教ブログ

エホバの証人「解毒」ネタバレあり

f:id:jw1972w:20210513094601j:image

「解毒」坂根真実さん。TV出演祝い

「今日は「解毒」を学ぶわよ」

著者が生まれるまえに両親がエホバの証人と研究を始めた。著者を身篭りお腹の大きくなった母親にエホバの証人は大患難の聖句を読み上げる

「妊婦に対して滅びの予言!不安を煽るのはカルトの王道ね」

マタイ24章16節 その時、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい‥19節 それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ

著者の両親は今すぐに終わりが来ると信じてエホバの証人に入信した

「今だに終わりはこないわ。騙されたのよ!」

「いいえ、エホバに不可能はないの!エホバにとって千年は1日くらいの長さなの。だから千年以内には来るの。詐欺じゃあないのよ」

著者は聖書に因んで「真実」と名付けられた。真実さんは「懲らしめの鞭」という体罰を与えられエホバの証人になる宿命を背負わせた。自我を持つことは許されず常に母親のご機嫌をとりながら成長していく

父親がエホバの証人に不活発になると母親は「お父さんはサタンに取られた」と父と別居する。真実さん11歳、小学生でパプデスマを受ける

世間のママたちなお受験で競い合うが、エホバ母たちは霊性(子供の信仰心)の高さで競い合う

極力早くパプデスマを受けた子供はステータスとなる

小学生のうちにバプテスマをを受けるとは、世で言うならば私立中学で御三家に合格するみたいな栄誉である。他の成員からチヤホヤされるテモテ(神童)扱いされる

親の虚栄心を満たすものである。本人はエホバよりも母を喜ばせるためにパプデスマを受けたと述べる

思春期になり自立心が芽生える。厳格な組織の教えに生きづらさを感じ、姉と一緒に組織を離れたいと母親に迫るも母親から

エホバの証人辞めるなら家を出て行きなさい」

と言われ仕方なく組織に遺留する

エホバの証人の親は

社会性、一般常識、学歴などをサタン的、世的と洗脳されています

そのため子供に社会常識をいっさい教えません

子供はエホバを辞めたくても「エホバを辞めるな家から出て行け」と親から脅されます

子供は社会で生きる術がわからないから親の言いなりになるしかありません

その後、組織の2世の男性と結婚しますが夫はDV男であり暴力を振るわれ続け離婚した

エホバの証人では相手の不貞以外では離婚できません

不貞以外の理由で離婚は可能らしいですが、再婚はできません

DVの方も浮気同様に有害ですが、DV夫にはお咎めなし

その後、別の2世の兄弟と結婚するも淫行とされ夫婦で排斥される。次の旦那もDV男で2度目の離婚を経験する

宗教に心の拠り所を求める人は、私生活に問題がある場合か多いのです

主婦がカルト宗教にハマる場合は、夫婦の仲、もしくは夫に不満を抱えている場合が多いのです

夫婦仲が良くないからカルトに走る

カルトにハマることにより家庭より信仰を優先する妻に更に夫婦の仲は更に悪化する。負の連鎖に陥ります

著者の2人の夫は父の母に対するDVを目撃して育ちました

子供の時期に親のDVを目撃する事は強烈なビジュアルになって記憶に残ります。自分が暴力振るわれるより影響力があります。

またエホバの証人体罰を推奨しています。2人の夫たちは道具を使用した体罰を母親から受けています

そのような子供は何を学ぶのでしょう?

父は暴力で母を支配

母は暴力で子供を支配

彼らは他人を暴力で支配(動かす)ことを学んだのです

彼らは自分の要求を通す時、暴力で妻を意のままに動かそうとする大人の男性に育ったのです

彼らはそのような大人になるよう育てられたのです

子供を体罰で意のままに動かす。エホバの証人の教育はDV人間英才教育です。

体罰を受けた全ての子供がそうなるわけではなく個人差がありますが、暴力的になる傾向が強くなります

排斥後真面目に集会通うも組織に対し疑問を感じ離れます

当時2世は高校卒業後は掃除ふ(ダスキンが多い)などのバイト生活させられスキルを与えない

著者の母親はエホバの証人にしては珍しく仕事スキルを与えています。経済的に自立できるため組織から離れることが可能になりました

組織から離れた後も生きづらさを感じカウンセラーに通う真実さん

「子供というのは自分が社会に出るまでの間は、自分が育った環境に疑問を持つことはすくないんです

カルト信者の子供は児童擁護施設で育った人たちと同じようなハンディを持っています施設で育った子供は結婚してから

「普通の家庭がどんなものかが分からない」と悩むことが多いんです

エホバの証人で生まれ育ったことは、一般社会の常識を一から学ぶわけですから、大変な苦労だと思いますよ

児童養護施設で育った人たちと同じようなハンディを持って社会に出ていることになります」

カルト2世の悩み普通の家庭がわからない。皆大人になってから苦しむ

「子供というのは、本来親から無償の愛をもらうことで初めて「自分は生きてもいいんだ」という自己評価(セルフエスティーム)ができるんです

無償の愛をもらうことができないと、子供は親を疑うことをしないので、努力で自分の存在価値を買おうとするんです」 

エホバ親は子供がエホバの証人でなければ愛さない。存在価値さえ認めない。真実さんは母親のそんな想いを常に忖度して母親から愛されるためにカルト信者になる努力をしていたのだ

先生からの宿題

もし私が五体満足ではなく、障害を持って生まれてきたとして親の世話になるばかりで何もできなかったら、それでも私を愛してた

と両親に聞いてくるお 題をだす。著者は「愛せなかった」と言われたらどうしようと怯える

真実父

そうだなぁ・・・自分の子供だから大事に育てると思うよ

真実母

「あなた集会行ってるの?」

f:id:jw1972w:20210513124746j:image

(引用 ジョジョの奇妙な冒険4部)

質問を質問で返すエホバ母‥カルト信者には常識がない。吉良の方がよっぽど常識がある。人の話を聴かず自分の主張ばかり一方的に話す

あなたがエホバの証人に復帰しなければ、私はあなたのこと、死んだと思っているから。・・・もうこないでくれる?

母親は「条件つきの与えられない人間」と理解した真美さん

一般の人から見れば信じられない発言ですがエホバの証人は信者に排斥者は「死んだ者」と扱えと洗脳しています

エホバの証人の親はエホバの証人の子供しか愛せません

エホバの証人にならない子供は存在しなくてもいい

「子供から親に無償の愛を与えられることができるんだよ」

「そんなのサタンの世の哲学にすぎないわ」

エホバの証人の愛は条件つきです

彼らは自分たちエホバの証人以外は存在さえ認めません「ハルマゲドンで滅ぼされる者」軽蔑しています

なぜなら

彼らの崇拝する人格神エホバ神自体が、ご自分を崇拝する人間しか愛さない条件つきの愛しかできない神だからです

f:id:jw1972w:20200111090400j:image

エホバ神を見倣うエホバ親は、子供に条件付きの愛しか与えません

エホバの証人の2世は信仰心で帰依するのではなく、親から愛されるためにエホバの証人になる場合が多いのです

子供に児童養護施設の子供のようなハンディを負わせて掃除ふ、新聞配達院など、社会の最底辺にし悲惨な人生歩ませてるのに

自分たちだけが正しくて最高の教育をしてると思いこんでいます

聖書にちなみ「真実」と名付けられた真実さん

親からエホバの「真実」を押し付けられた真実さんは本当の「真実」を見つけ自分の人生を歩み始めた

「解毒」とは「毒親」との毒を断ち切る物語である

 

 

 

 

 

 

 

 

「オウム事件17年目の告白」から考察

f:id:jw1972w:20210506020119j:image

うまい棒お得セット買ったわよ

今日は口から生まれてきた男 上祐史浩の「オウム真理教17年目の告白」より学ぶわよ」

上祐史浩

父は九州大学卒の銀行員の父と母は教師。世田谷の小、中学校に通い学級委員に選ばれた時もあった。高学年の時に父が浮気をして家に帰らなくなり母子家庭となる

早稲田の附属高校に入学。本人は天才型ではなく努力型と語る。早稲田の理工学部に入学。英会話サークルに所属しディベートを学ぶ

ヨーガ、禅の本をよく読み、神秘主義で空想少年だった

1986  オウム神仙の会に入門

Q.上祐がオウムに入門した理由

f:id:jw1972w:20210506014445j:image

上祐は特に深い意味はないと語る

私の場合は誇大妄想的なところがあって、超能力に関心があったんです。世の中を良くしたくてオウム真理教に入ったんですけど‥他人にはない、他人を超える力を手にしたい欲求を無意識に持っていた

特別扱い

麻原から特別扱いを受けた上祐は麻原に好意を抱いた。3回目のシャクティーパッドで神秘体験をする。さらに麻原に大絶賛された上祐はオウムにハマり出家する

上祐は宇宙航空研究開発機構に就職したばかりだった。反対する母に「第三次世界大戦をから全人類の救済するため」と説得すると「世界大戦を防ぐなんて言われたら、どうしようもない」と母は観念した

世界観、価値観が変わると、善悪が正反対になる。戦争では人を殺すことが善とされるように、誇大妄想を抱いていた私は、他人も自分も苦しむ行為が大いなる善(救済)になると考えたのである

出家

修行

仏教の経典に書かれているような様々な体外離脱、神秘体験をした

(麻原は)私の身体に触れながら、麻原は通院歴のある私の身体の悪い部分を言い当てた

帰依

「グルへの帰依が解脱には重要」と刷り込まれ

私は麻原を確かなグルであり、霊的指導者であり、しかも人の輪廻転生をコントロールすることができると信じるようになった

解脱者の演技

解脱者らしくふるまう修行を課された

違和感

洗脳されても違和感は感じる

自分が期待したような悟りや超能力を体得できたとは思えなかった

洗脳された信者は、グル(指導者)に疑いを持つのは煩悩と罪悪感を感じ思考停止する

Q. 信者が麻原を盲信した理由

f:id:jw1972w:20210506014408j:image

1. 選ばれし者

麻原から「菩薩」と呼ばれた極めて高く賞賛された上祐は御大妄想的な自尊心を満たされ、麻原を信じたい気持ちになった

つまり正しいから信じるのではなく、自分を高く評価するものを信じたいという心理である

2. アィデンティティの喪失

経済成長重視の競争社会である現代は、自分の存在価値が感じにくい

他者に勝ってこそ幸福になれるという価値観が強い中で、負け組は自分の価値や、生きる意味を見失って悩む

少数の勝ち組やエリートでさえ、社会の上層部に行くには、長い年月の地道な努力が必要だ

みんなが、自分の価値を見出しにくい社会の歯車の一つ、群衆の一人なのかもしれない

3. ハッピーになる(ドーパミンをだす)

そうした若者の渇きを、麻原の言葉は悪い意味で満たした

麻原に帰依すれば「偉大な自分になれる」と錯覚させたのだ

4. 誇大妄想

誇大妄想にほかならないのだが

5. 麻薬のような魅力

だからこそ麻原は麻薬のように魅力的だったのだと思う

6. 神となる

麻原が神の化身だと主張するだけでなく、弟子たちも、麻原に帰依すれば「解脱者」「超能力者」になれると説いた

7.唯一無二

これは他の教祖、教壇にはあり得ない特徴だ。若者は救われるだけでなく、自ら神に近づけるというのだ

8. 地球を救う

自己存在価値に飢えていた私を含めた若者たちは、地球を救う重要な存在ができるという話に信者たちは熱狂した

神秘体験

オウムの神秘体験の正体とは、ヨーガの行法で得られるドーパミン(脳内麻薬)の働きである

スピュチアル体験。今では何処にでもあるが、当時神秘体験ができる団体は少なかった。スピュチアルに対して情報がなく信者たちはヨーガによっておきる神秘体験を信者たちは麻原の神秘力と錯覚した

最終的にはLSDドーパミンを放出させハッピーにした

Q.麻原は霊能力あるの?

f:id:jw1972w:20210506013858j:image

  • 麻原馬他人に触れ、霊的なエネルギーを移入し他人の心やエネルギーの状態を感じ取れる
  • 六神通を有し、前世や未来を主張していた

しかし、他人の状態については外れることが多く、弟子たちに疑念を持たれる場合もあった。麻原の予言はほとんど当たらなかった

霊能力があるからといって、人格が優れているとは限らない。個人的見解だが、短所と長所が裏表と言われるように

霊能力が身体障害や人格障害とセットである場合が少なくない

上祐は洗脳時代の自分をオウム人と例えた

信者の間には神の化身である麻原の弟子としてある、一緒に転生を繰り返す魂の集団だという認識が形成されていった。喩えて言えば、日本人なのに、日本社会への帰属意識は乏しく。あたかも「オウム人」であるかのような意識だ。この意識が、麻原の意思と来世を重視し、日本社会と現実の生命を軽視して、一連の犯罪を行っていく土壌となっていったのだと考えている

カルトに洗脳される人は自己アィデンティティが喪失している場合が多い。カルトは自己アィデンティティを喪失した人に

カルトの価値観と居場所を提供するのだ

人間とは自分と違うものに対して とことん排除する。それは歴史が証明している

アメリカ人が日本に原爆を落としたのも

  • 日本人がアメリカ人ではないから
  • 白人ではないから
  • キリスト教徒でないからこそできた

ドイツのユダヤ人狩りもそれがドイツ人でないからできた

オウム人だからこそ、オウム人ではない日本人にサリンをばら撒いて粛正しようとしたのだ

犯罪を正当化するヴァジラヤーナ(金剛乗)の教え

麻原は1985年にはテロで日本を乗っ取ろうとしていた

殺人鬼など悪行をする人に対して、他に手段がない場合は殺してもいい

麻原はこの教えを曲解し弟子たちに教えた

麻原流ヴァジラヤーナ

  • 修行をしない人は「三悪趣」に堕ちる
  • 最速の解脱の道
  • 悪人の唯一救われる道
  • グルの絶対的な帰依が必須
  • グルの指示した犯罪行為を行わなければならない
  • グルは麻原彰晃のみ

1988年 在家信者が修行中に死亡した時

これは「ヴァジラヤーナへ入れ」というシヴァ神からの示唆だな

ヨハネ黙示録の終末予言

世紀末にハルマゲドンが起こり、自分がキリストの再来として登場し、悪との闘いに勝利し、真理の国をつくるとした

予言‥自ずと起こる

預言‥信者が実現に努力するもの

ポア‥死後、高い世界の転生させる瞑想

麻原流ポア‥悪い人を殺害することにより、麻原の霊力で来世をよくする

キリスト宣言から麻原は反米思想を抱きはじめた

衆議院選挙

1989 いきなり衆議院選挙にでると話す麻原。選挙に勝てるはずないと反対したのは上祐とあと1人だけだった

坂本弁護士一家失踪事件

マスコミはオウム真理教の仕業と報道した。上祐は教団の仕業では?疑問に思うことがあったが、麻原の一番弟子という名誉欲を与えられ絶対的な居場所を見出したため、麻原を信じ抜くことをした。上祐は麻原と共にテレビ出演をはたす

広報戦術

テレビなどでの私の弁明は嘘であるだけでなく、その表現自体もよく言われる「フリップ投げ」のように、過激だった

上祐のフリップ投げ - ニコニコ動画

どんな疑惑に関しても、非を認めずに教団側の論理を主張して「ああ言えば上祐」と揶揄されのも当然だ

f:id:jw1972w:20210506135947j:image

「弱い者が強いものと闘うためには、批判に対して、180度の主張をするしかない。自分たちが加害者ではないと主張するだけでなく、被害者で、自分と違うものが加害者だとするように」(と麻原から指導された)

この戦法は極左北朝鮮の広報担当者が、自分たちに疑惑が向けられた際になす反論と似ている

選挙落選

選挙の敗北は、開票操作の陰謀だ。合同的な活動では、救済できないことが明らかになった。ヴァジラヤーナ(テロ)が唯一の救済策だ

上祐は出口調査をしていた。100人以上の回答を得たが、麻原に投票した人は一人もいなかった

麻原のいうとうりであれば、投票の修理合同から開票までの短いあいだに、総得票数と同じだけの票を、様々な手書きの筆跡で偽造して全部を入れ替える作業を秘密裏に実行し、マスコミ関係者全てを騙すか、抱き込む必要がある。不可能だ

調査結果からも今回の選挙の敗北は、陰謀とは思えない

という上祐の意見に賛同したのは、一人だけだった。上祐は自分が間違っているのかと自信がなくなった

これは心理学でいうと認知的不協和である

選挙陰謀説を唱えたのは、麻原の長女(当時14歳)だった

選挙の惨敗は教団のヴァジラヤーナ(テロ)に加速させた

ヴァジラヤーナに加担せず、ポアされないためには、一つだけ方法がある。麻原を裏切り、極秘のハルマゲドン計画を社会に告発し、麻原を極刑に追い込む‥

自分が殺されるか

麻原を極刑に追い込むしか二者択一しかない

疑い深い

麻原は弟子の裏切りを恐れてていた。弟子たちに裏切られないように根回しをする

ヴァジラヤーナを告発した人は、日本で英雄になるだろうね。来世は地獄だけど

みなヴァジラヤーナに対し抵抗があるが、背後世界(来世)に縛りつけられ従わざるを得る

奔放な性

教団には麻原の子を産んだ女性信者が複数いた

タントラ・左道 密教、ヨーガでは性交を肯定する

麻原と関係を持たないと最終解脱ができないと麻原に言われた

天輪聖王 多くの妻を持つ王の教えを説いていた
ダーキニ(女神)修行

麻原馬、若い、美しい女性信者に、男女の仏が抱き合う仏画を見せて、「この男性の仏を私と思い瞑想しなさい」と説き、恍惚状態にして性的関係を持った

お布施(武装化のため)

ハルマゲドンが来ると予言をする。「救われるには出家するか 在家ならば全財産を払う」と問う。この2者択一は両方とも全財産を差し出さなくてはならない

「ハルマゲドンで銀行は倒産するのだから、銀行から借金してお布施しなさい」

「オウム銀行に預けましょう」など

ヘッドギア

教祖の脳波の電流を流す機械 1000万円

精神病

麻原の脳波を採取していた当時‥麻原の脳波は解脱者のものでなく、精神異常者の脳波のタイプとよく似ていた

ロシア進出

ロシアの政治家などに献金などでコネクションをつくりロシアで衆議院選挙法人を設立した

1995 10月 上祐 偽証、偽造の罪で逮捕。有罪判決を受け

1988年に服役しても洗脳は解けず1997年の予言を期待していた

1999年になっても何もおこらない。上祐は考えはじめた

オウムが大日本帝国ナチスとの類似点に気づく

熱心な法華経信者の石原莞爾法華経の予言を解釈し、仏教国の日本がキリスト教アメリカを倒し世界を制すと解釈した

カルト宗教とは全体主義であるファシズムと類似性がある

1999 上祐出所教団に戻る。オウムをアレフに変え新体制をつくった

上祐の教団改革

  • 被害者に賠償を払う
  • 麻原を絶対視しない

と主張する上祐は麻原母娘たちと対立する。アレフでは上祐派、麻原家派に分かれる。麻原家派から教団内で幽閉された上祐

麻原の家族

教団は宗教画の使用料という名目で、麻原家族に毎月40万円支払いをしていた。世話役の信者たちからもお布施を貰っていた

三女

麻原逮捕後1996年には、当時まだ12歳前後に関わらず「観念崩壊セミナー」と称して無理な修行をさせ、自殺しようとした者、入院したもの、障害を負ったものが出たと聞いた

四女

4女は家出をし自立するために、江川紹子を後見人においた

家族は教団と関係ないと嘘をついて、教団を裏で支配し、信者に貢がせて贅沢な生活をしている(4女)

4女も江川紹子の約束を反し、秘密裏に信者たちのグループをつくっていた。江川は後見人を辞退した

更に麻原家族は、三女や次男が私学への入学を拒否された件について、実際には教団を裏から支配しているにも関わらず、教団とは一切関与していないとして損害賠償を求める裁判をした‥

教団から分派したケロヨンクラブで無理な修行で一人が死亡、一人は一命を取り留めた事件を内部告発した。麻原家族はそれを警察に通報することに消極的だった

麻原の長男と次男は「生まれながらの最終解脱者」とされている

教団にさめてきた上祐

2007 上祐は自分の宗教を作りアレフから脱退し自分の宗教を立ち上げた

  • 特定の人物を神、絶対者としない
  • 全ての人に神格を認めて学ぶ
  • 「新しい知恵の学び場」を目指している
  • 師を盲信せず、自分で考えること
  • 輪廻転生(背後世界)でなく、今生の智、幸福の実現
  • 危険度の高い密教の修行は避ける
  • 気功法
  • 麻原は人格障害

上祐はアレフの違法行為をブログなどで告発している

上祐による麻原彰晃プロファイリング

1. 誇大妄想(自己愛性人格障害)

自分を救世主として世界の中心に置き、妄想の中の自分の神をつくる。幼児には風船のように膨れた「万能感」がある。その万能感は成長、社会の関わりと共に自分中心に世界がまわらないと気づきやがてしぼんでいく。それが社会人になるということだ。中には大人になっても「万能感」という風説はしぼまない人がいる。麻原彰晃はとりわけ大きな「万能機」という風船を持っていた

救世主らしく熱心に信者の面倒をみたが、それは強い支配欲と一体である

2. 支配欲

あくまでも来世にわたる麻原への永久の服従を条件をとしたものだった

3. 服従

そのため服従しないもの(信者以外)に対しては、無慈悲な排除、殺傷という形で容赦なく攻撃した

麻原にとって信者以外の人は、来世は動物、地獄に転生する下等生物で従属させる存在ですらなかった

4. 空想虚言症

教祖は詐欺師ではなく、誇大妄想タイプが多い

なぜなら、自分が信じていなければ、周囲を信じ込ませることはできないからだ

  • 空想力が豊かで、空想を現実より優先する
  • 博学だが知識は寄せ集め
  • 弁舌がよどみなく、人の心を操り、関心を惹くのが上手い
  • 自己の万能感と芝居的幻想的があって、自己中心の空想に陶酔する
  • 他人の批判を許さず、問題は責任転換する

麻原は本当に自分が預言者でハルマゲドンを自らおこしたかった。そのためには理系のエリートが必要だったのだ

預言とは計画なんだ(麻原)

5. 演技性虚言症

幹部たちに解脱した演技をせよと命令。麻原自身も最終解脱者の演技をしているうちに本当に解脱者、キリストの再来と思い込んだかもしれない

6. 被害妄想

選挙に負けた政府の陰謀だ

政府、警察はオウムにサリンをまいている

弟子の自白は薬物を使用した強制的なもの

7. ヒトラー毛沢東に心酔していた

上九一色村の子供たちは、ヒトラーを偉大な人物と尊敬し、ヒトラーはまだ生きていると信じていた。(ヒトラー約600万人虐殺)

麻原は青年時代に長兄の影響で毛沢東をよく読み、毛沢東を尊敬していた(毛沢東 約2000万人虐殺)

毛沢東を最も尊敬している人物で、神に繋がった存在であり、理想の国家体制は「宗教国家だが、経済体制は共産主義だ」と語ったことがある

反米主義、ユダヤフリーメーソンなど左翼的思想が混入していた

北朝鮮とロシア

オウムか北朝鮮とロシアの傀儡だといった安直な陰謀論が一部にあるが‥麻原は、自分がキリストであり、自分が1番であった。他国を利用はしても、その配下になったりなどはしない

麻原の目的

「真理の国」をつくることを目的とした、対立破壊兵器の使用を含めた武力革命。イメージ的には、日本改造計画、人類史改造計画

社会に対する復讐

麻原の視覚障害水俣病が原因と言われている。しかし住む地域が少し外れたため水俣病であることを認定されなかった。国は麻原を救済しなかった‥麻原は自分を見捨てた国家に復讐したのだ

Q.麻原がサリンをまいた理由

麻原は70トンのサリンをつくれと命令した。70トンのサリンは日本人全員が死滅する量である

サリンを吸うと視覚障害になる。つまり全ての人を自分と同じ視覚障害に導こうとした

Q.カルトに入信する心理

f:id:jw1972w:20210506014624p:image

1980年代からカルト問題に取り組んできた有田芳生によると、カルトにハマる人の特徴は

  • 文学的想像力の欠如
  • 社会性の欠如
  • 反抗期の欠如
  • 親子問題(父性)の欠如 

上祐もカルトは「親子問題」が起因の一つとしている

競争社会

経済拡大は競争社会になります。資本主義の世界は勝ち、負けが明らかです。努力しても、一部の勝ち組しか自己価値を感じられません。生活保護で物質的に最低の保障はされているが、精神面での保障はない

宗教に所属することにより「自分たちは神の民」(内部にも競争があるが)同じ神の民になるカルト宗教こそが救いになるのです

Q.真面目な人ほどカルトにハマると言われるのはなぜ

私の友人に少し前までアレフの代表をやっていて、今は追い出された野田成人という人物がいます。彼は東大出身で、けっこう優秀な人材だったのですけど「(このまま研究を進めても)自分はノーベル賞級にはなれそうもない」‥

学問の道を進むよりも、麻原の下で修行すれば最終解脱者となって、人類のトップと立てると考えたわけです

よく「オウム信者には真面目な人が多い」と言われますが、その真面目さの裏には

真面目=向上心が強い=誇大妄想になりがち

という図式があると思うんです。‥要するに「天才と狂気は紙一重」というわけです

戦後の日本

日本とアメリカ、連合国と枢軸国は双方とも、植民地を失い、帝国主義全体が敗北した。国家神道やナチズムが負け、キリスト教勢力が勝ったのではなく、全てが敗北した

日本のバブル崩壊の後は、アメリカのリーマンショックが起こった

独善的な思想を持つものは、宗教であれ、ナショナリズムや経済思想であれ、みな敗者となったのではないか

ナショナリズム

国家神道だろうか、中華思想だろうが、韓国の小中華思想だろうが、自国を他国の上に置くのであれば、オウムのようなカルト教団と似てくるのではないだろうか‥自国だけが神の国だというのは、オウム信者の誇大自己症候群と似てくるのではないだろうか

親子問題

f:id:jw1972w:20210506014000j:image

カルト教団に入信する人は親子問題(特に父性の欠如)を抱えている人が実に多い

麻原自身も親に捨てられた感があり親を恨んでいた

私の母は餓鬼に転生し

父は地獄に転生する

私の霊力で母は畜生、父は餓鬼にした

親の愛情飢餓の寂しい人々の集団がカルトなのかもしれない

心理学に見解では、望ましい発達のプロセスとは、子どもの頃に、自分の親ないし親がわりの人に、自分の見本、理想を見て、その後、大人になるにつれて、徐々に、親も自分も、欠陥を抱えた多くの人間の一部であるという現実を受け入れ行く

しかし親との関係に欠乏があると、大人になっても、子どもの時のままに、理想の親を求める心が残り、同時に、理想の親に導かれる理想の自分(誇大妄想的な偉大な自分)を求める欲求が残る

私たちは「自分の父親がわりの尊師は、キリストであり、自分もキリストの弟子だから凄い」という意識を持ったのだと思います

麻原彰晃について

彼は救世主らしく熱心に信者の面倒を見たが、それは強い支配欲と一体であり、あくまで来世にまでわたる麻原の絶対服従を条件としたものだった

そのため、服従しないものに対しては、無慈悲な排除、殺傷という形で容赦なく殺した

母について

真面目でいい人だが、辛そうな様子を覗かせるため、身勝手で(誇大妄想的なまでに)上昇志向の強かった自分には、理想像とはなりにくかった

父について

私の場合も、麻原を理想の父親がわりにしていた部分が強かったと思う。実の父の存在が薄かったこともある

一周廻って自分を最も愛してくれた人は麻原ではなく両親と気づいた。今は両親に感謝し、尊敬しているという。自分の教団ではまず親を敬い、感謝することを説いている

母親は家族を捨てた父親の悪口を一切言わなかった

父親は、会社の倒産後、少ない給料の大半を養育費を払い続けた‥そのため父親に捨てられたという恨みを抱えずにすんだ

Q.愛する人がカルトにハマってしまったら?

f:id:jw1972w:20210506015503p:image

他人の盲信を脱却を手伝う場合は、全面否定せずに相対化する

共感しながらも、質問をどしどしして、相手にこたえさせ矛盾に気づかせる

オウム事件 17年目の告白

オウム事件 17年目の告白

 

上祐史浩 切れ者、頭の良い人です。洗脳された自己と教祖を客観的に観察し、分析してカルト信者の心理を的確に論じています

それは違うと感じることが一つある

上祐史浩は両親を生涯許さなかった麻原を批判しているが

敬うに値しない親は間違いなく存在する

上祐に関して言うなら、素晴らしい両親をお持ちである

九州大学卒の父、元教師の母譲りの賢さを受け継ぎ

裕福ではないが、身を粉にして、早稲田高校から理系大学院を卒業させてくれた無償の愛を与えた両親の元に生まれた

オウム入信前は美人のお嬢様の恋人がいて

オウム広告塔としてマスコミに登場するや否や、追っかけギャルのアイドルになったモテモテ男にはわからないだろう

麻原の実家は教師によると「あんな貧しい家は見たことない」という極貧状態であり

全寮制盲学校にいれた後は、一度も会いに来なければ、衣料の差し入れ一つすらしない、そのくせ就学援助金は遣い込む

妻と結婚するまでには、沢山の女性にアタックしては逃げられ続けた

生まれついて目の障害を持ち、歳を経るごとにどんどん目が見えなくなる恐怖を感じながら生き続ける恐怖と虚しさ

この状況下で生まれ育父、無償の愛を与えられなかった人に対し親の感謝の念は持つのは難しいだろう

上祐史浩をテレビで初めて見たのは1989年坂本弁護士失踪事件の直後、深夜放送で麻原と出演「坂本弁護士失踪はオウムの仕業ではない」コメンテーターに対し、論点ずらし、屁理屈なんだけど頭の回転の速さ、饒舌さにコメンテーター脱帽。反論できないのだ

隣りの教祖はまるで置き物状態だった。たまに中身のない言葉を呟くだけだった。麻原はいかにも怪しい宗教の教祖そのもので「この人が教祖になった方がいいのでは?」

上祐が新興宗教をたちあげたことは全く驚かない。少なくとも麻原みたいなペテン師の下におさまる人間ではない

上祐史浩は麻原の真理を鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考え、自分の真理を追求する人生を歩んでいる

 

 

オウムと私

 

f:id:jw1972w:20210428012912j:image

「私たちはオウムとインコ。林郁夫先生の「オウムと私」から学ぶわよ」

「林郁夫先生ってしくじり先生では?」

慶応高校から内部進学で医学部に入学

慶応でオール5は必須で更に+αが無ければ通過しない「狭き門」を通過したエリート医師だった。オウムに騙されるまでは

人生

農業の傍ら勉学を励み医者になった父、薬剤師の母 清貧ながらも家族は仲良く、林は読書好きな賢い少年だった。高校時代から釈迦、仏教に興味をもった

慶応高校から慶応医学部に内部進学する狭き門を突破した林はエリートコースを突き進む

当時は学生運動が盛んだったが林は興味がなかった

林は心臓外科になる

理由は心臓に癌はないため。「がん患者に対し嘘をつくのが辛いた」というとても真面目で優しい好青年である

昭和天皇崩御は衝撃を受けた

名家の娘と結婚。結婚の条件は「同じ仏教の教えを信じること」というくらい信心深い人だった。子宝にも恵まれ、愛人。他者から見たら順風満帆な人生を歩んでいた

苦悩

我々のような心臓外科の場合、予測もしなかったものが出てきたらそれは即、死につながるんですよ。しかも、対象のほとんどが40代、50代 で、その一家にとって大事な人ばかりですから。手術を境に死なせたらそういう人たちに申し訳ないじゃないですか。だから準備に際しては、本当に慎重に慎重を重ねて、万全の体制でやっていましたよ。それでも。それでも何人かはやっぱり死んでしまうんですよね‥単純に理屈では割り切れない、不思議な力が作用していると認めざるを得ませんでした(オウムと私)

現代の医療の限界を虚しさを感じた林は仏教に心の拠り所を求める

もし超能力があって人のカルマとかそういうものが見極めたら、無駄な手術を避けられるし、どんな効果的な治療ができるだろうって真剣に考えたこともありました

超能力修行のある阿宗宗に入信。ある日、書店で見つけた麻原の本に目を通す。麻原が釈迦、聖者のように見えたという

神秘の力を借り、より多くの人命を救いたいと考えた林医師は麻原の阿含宗より実践的な超能力修行に興味を抱いた

f:id:jw1972w:20210415011314j:image

「胡散臭い人にしかみえない」

f:id:jw1972w:20210327120805j:image

オウム初期の麻原 

「やはり 怪しいオッさんにしか見えない」

「怪しい、胡散臭い人 それがカリスマよ

カリスマ

カリスマとは、シャーマン、凶暴な戦士、海賊、デマゴーグ預言者

カリスマ的指導者となる人は、誰にでも好意を抱かれるような、明朗で物わかりの良い存在というわけではない。むしろその逆。犯罪歴のある前科者であり、社会に対して強い敵意を受ける一方で、同じく程の強さの深い自己陶酔の感情に浸っている

典型的なカリスマとは

反社会的な自惚れ屋

カルトにハマる人は自己のアィデンティティが喪失感した根なし草人間であることが多い

自己のアィデンティティに喪失した人にとって自己陶酔したカリスマは 完全なる自己統御を成し遂げた人物のように見えてしまう

修行

オウムの実践的な修行こそが真の宗教と思った林医師はオウム道場に通う

ビルの一角にある侘しい道場に違和感を感じるも、熱心に修行する若者たちを見て純粋な宗教と解釈した

松本の言う通りに修行していくと、教義で言われている様々な体系をすることができるので松本の示す世界が真実であると思いました。松本は神のような存在であり、全ての魂の苦悩を取り去ることができる存在だと信じていました(廣瀬健一)

麻原の説法は色んな話に例えて分かりやすく伝えている。聞くほどに人を惹きつける力があると信者たちはいう

殺生

オウムでは、虫、ゴキブリ、蚊も殺してはならない教えがあり、信者は蚊も、ゴキブリさえも殺生しなかった

そのためサリン事件など監禁致死事件などの報道を信者は信じなかった

オウムの救済活動

一人一人が修行により超能力を得た成就者になり、世界に変化をもたらすという救済活動を謳う

しかし、麻原はの最終目標は、教団を武装化し、戦いを起こす、つまりハルマゲドンを自ら起こし、社会を転覆(革命)によって世界を変え自分が支配者になることだった

6人の解脱者

ハルマゲドンで日本が壊滅しても、6人の解脱者がいれば救われる。(6人の解脱者は麻原と正妻の子供たち)それを知らない信者たちは皆6人の解脱者を目指し修行に励んだ

麻原の子供たち

麻原は正妻との間に6人の子供がいたが、他にも教団の若く美しい女性信者たちを「ダキニ」と呼ばれる愛人にして自分のハーレムをつくっていた。子供は少なくとも9人以上はいるという

信者には禁欲、自慰行為も禁止

しかし麻原は 自分はハーレム、美食三昧だった

幹部たちも愛人がいた

真面目に禁欲し殺生を守ったのは末端信者だけだった

原理主義

原始仏教の正道を現代に実践していた。仏教原理主義

修行

一日一食

睡眠時間三時間

睡眠を削った極限の奉仕こそが真の宗教の証と教えこむ

ターゲットを疲労させ、思考力を奪い洗脳する終末予言カルトの典型パターンである

無料奉仕活動

ビラ配り(バクディー)により功徳が積むそうだ

ビラ配りは楽しく達成感を感じたと信者たちは語る

商業主義

オウムグッズ販売

グルのカセットテープ

麻原の髪の毛、麻原の風呂に使用した水など(麻原からパワーを貰えるようで、信者は喜んで買ったらしい)

バブリー拝金主義の世の中を忌み嫌いオウムに入信したと証言する信者は少なくない

しかし、オウム真理教ビジネス奉仕は立派な商業活動であり、矛盾である

交通事故

平成元年7月 林医師は睡眠不足から交通事故を起こす

オウムでは信者が結構沢山交通事故で死んでいるんです。僕はそれは何か変と思いまして、他の信者に質問したんです。そしたら「そういう人たちは死んでも良いのよ。尊師は40年億後に弥勒菩薩となって生まれ変わって、今死んだ人の魂を引き上げてくださるんですから」

真理を実践しているはずなのに、交通事故の多さを疑問に思った信者が幹部にそれを問うと幹部はこう答えた

「この世で尊師と何かしら縁を持つことがらできた人間は幸せなの。いま仮に地獄に落としておいても、あとからちゃんと引き上げてくださるのだから」(約束された場所)

オウム真理教 死者、行方不明信者の数

46名

  • 事故死8名
  • 殺人被害者6名
  • オウム病院の死亡18人
  • 行方不明10人

オウム闇堕ち

オウムは元々らヨガ(ヨーガ)サークルだった。かなりハードな修行だったそうだ

88年9月 修行中の男性信者が正気を失う。麻原の「水をかけて頭を冷やしてやれ」の指示で浴室で、水をかけたり、浴槽に頭を入れてるうちに男性が死亡。教団は麻原の命を受け遺体を焼いて捨て隠蔽した

その後現場に居合わせた男性信者が麻原を非難し、教団からの脱退を申し出た。麻原は「ポアしろ」と命令のまま信者たちは男性を殺害。この事件をきっかけにオウムは狂気に向かう

1989 10月 洗能された未成年の出家がマスコミに報道される

出家信者の家族から事情を聞いた坂本弁護士はオウムを非難し「オウム被害者の会を結成した」麻原は坂本弁護士一家をポア命令をだした

坂本弁護士一家失踪

マスコミは坂本弁護士一家失踪はオウムの仕業と連日報道した。信者たちはマスコミのバッシングは弾圧と信じていた

衆院選出馬

坂本一家をポアした3ヶ月後には何食わぬ顔で選挙に出馬

f:id:jw1972w:20210330024459j:image

プレジデントオンライン

Q.信者は疑問に思わないの?

選挙運動が始まって、象の帽子を被って、踊り出したり歌い出したりした時には「なんじゃこりゃ」と思いました

天ぷら定食を食べる麻原に幻滅した

麻原の妻の妊娠は、性的な接触なしに妊娠したと信者たちは考えた

グルを疑うのは自分の心の汚れと考えた(端本死刑囚)

全員落選

麻原彰晃は選挙を不正と訴えた

f:id:jw1972w:20210330024532j:image

信者たちは票にすり替えがあったと信じた

麻原は日本に天変地異が起きるとと予言し教団は石垣島に避難

ボツリヌス菌を偏西風にのせで飛ばすことにより人工的に天変地異をおこす予定だったが、菌の培養に失敗

ヴァジラヤーナの教義

目的(教団)のためには手段を選ばない

世間一般的に犯罪とされる反社会行為を救済として正当化する

マキャベリ君主論の宗教版みたいなものかしら?違法行為だわ」

「倫理、価値観は変わるもの。今ある常識を覆し新しい価値観を提供するのがカルト」

時に宗教は時代や社会を超えて、倫理、道徳よりも大きな価値のある営みになる

違法行為すら時代を超え、社会を超えるものであると考えてしまったのです

寧ろ、その行為を違法であるとする倫理、道徳が逆に人間の自由を束縛するものだと思えるようになってしまいました

個を規制する時代、社会のルールから個を解き放つ営みが宗教だという認識が生まれる(オウムと私)

「クレイジーだわ」

「クレイジーこそがカルト」

狂気

もともと宗教、密教や禅では「狂」「狂気」と言われる悟りを得た人の行動を表す言葉と考え方があります(オウムと私)

「つまり林医師は麻原がクレイジーだからこそ「この人は本物」と考えて弟子になったのね」

真理を守るとは

オウムは真理を持っている組織という思い込みから、真理を守るためなら、組織のためなら嘘、違法行為も正しい行為になる。本来は、法を自分の中で継続する営みてある

信者は疑問に思わないの?

人間は、例え洗脳されても常に疑問は抱き続けるが

カルトは教祖を聞き従わない、疑念を持つと罪悪感を感じ思考停止してしまうように洗脳されている

ある信者は自分の疑問を幹部クラスの飯田えりこに問うと

「私たちもそれは同じなのよ。グルについていくしか私たちには道はないのよ」

「無批判にグル日本ついていくのは危険では?」と追求すると

「グルを信じて とにかくついていくしなないの」

このように幹部でさえ思考停止である

ステージの高い者の指示に従うことが、救済になると思っていたから、指示に従うことだけを考えていました(信者)

「上からの命令をただ聞くだけ、アイヒマンみたいなものね」

犠牲

出家信者は全財産を教団に寄付する。林は病院を辞め、マンションを売り払い(8000万円)嫌がる妻、子供たちを説き伏せて出家した

林は絶えず麻原に違和感を感じていた。しかしオウムを辞めれば

出家の時に払った8000万円が無駄になる。オウムにつぎ込んだ時間も無駄になる。しかも妻子まで巻き込んだのだ。林は認知的不協和に陥った

多くの犠牲を払った林はオウムを信じ抜くしかないのだ

依存

カルト教団全体主義

  • 皆同じ目標
  • 私たちは同じ目標に向かって努力をしているという一体

信者たちは口を開けて餌を食べさせてもらい、思考停止してワーク(無料奉仕)をするのみの家畜になった

f:id:jw1972w:20210331214819j:image

麻原が家畜を乗せた車を運転して、家畜は何処にたどり着くかわからないが、麻原が新しい世界に連れていってくれる構図になった

f:id:jw1972w:20210331214836j:image

画像 朝日新聞デジタル

信者の考えることは麻原が運転する車の運転の邪魔をしないこと。ただそれだけ

当時の私は自分自身では正常人で、何事も自ら洗濯し、決定し、行動しているのだと思っていました(林郁夫)

洗脳された人間は自分はマトモと信じている

組織

共産主義に似ていて、物凄く段取りが悪い。どんな失敗してもクビにならない。彼らは無責任。精神向上すればあとはどうでも良い。世間の人は結婚して家庭があるから責任感がでてくる。オウムにはそれがない。例えば何か悪いことが起きても「あ、カルマが落ちた。よかったね」と皆んな喜んだりします。失敗して怒られても、「これで私の汚れが落ちたんだ」と非常にポジティブです。ですから教団の人たちは現世の人を見下してしまうんです。「皆んな苦しんでるな、でも私たちは平気だ」オウム真理教団は懲りないことにおいては世界一

なんです。何を言われても聞いていないというか、全然こたえてない。地下鉄サリン事件についても「あれは別の人の仕事、自分とは関係ない」という感じです(約束された場所で)

他宗教

エホバの証人の人たちともよく話します。あの人たちの話は無茶苦茶ですけどね(約束された場所で)

エホバの証人からみたら「あんな胡散臭い教祖を何故信じることができるの?」と会話しているんだが

仏教(密教)なのにヨーガ、シヴァ、キリストにハルマゲドンと千年王国。信者は疑問に思わないの?」

「人間とは皆自己中心的なのだ。自分こそが、自分だけがまともと信じている」

踏み絵

医療の知識が全くない麻原の提案に対し「不可能」と断言するプロ医師林。元信者を拉致する命令を断る林

社会経験のあり、宗教的蓄積のある林は常に麻原に従うわけではなかった。つまり 林医師は麻原にとって反抗的な不安要素だった

Q熱騒動

f:id:jw1972w:20210330032212j:image

第十サティアン感染症がおきる。麻原と遠藤は林にQ熱という感染症だと林に伝え、アメリカから入手した医学書をみせる。林は本気で信じた

原因

第十サティアンに廃棄したサリンを吸ったため

林医師は刈谷さん監禁致死事件については

刈谷さんは悪人だからポアされて転生したほうが彼のため」と無理矢理自分に言い聞かせた

刈谷さん監禁致死事件が発覚。マスコミに報道される

坂本弁護士の時は上手くいったのに」と呟くグルの言葉に林は愕然とする

Q.カルト信者は現実を無視し、自分に都合よく考えるのは何故?

林医師はその心理を「自信の無さの裏返し」と語る

松本サリン事件

実行犯たちは、サリンの毒性は、排気ガス、殺虫剤みたいなものとしか考えていなかった。7人の死者を出したと報道で知った実行犯の富田は愕然とし、数日後、自殺をはかった

刈谷さん失踪事件がオウムの仕業とされ強制捜査がはじまる

林は麻原が何とかしてくれるだろうと、ただマニュアル通りの指示を出していました

違法行為

指名手配中の信者の整形と指紋を消す手術を実行。手術を嫌がる妻に林は「つべこべ言わずいうことを聞け!」と妻にまで違法行為を強制。マッドドクターに闇堕ちした林医師

3月18日 

村井が幹部を集めた。地下鉄にサリンをまく命令をした「君たちは特別に選ばれた」

Q.なぜサリンまいたの?

警察の強制捜査を阻止するため

村井はやりたくない人はやらなくていいと言葉ではいうが彼らには選択肢はない

あの状況だったら、みんな自負が選ばれたんだからと喜んで進んでやっていたと思いますよ(約束された場所で)

Q.なぜ幹部が汚れ役するの

口止め

麻原は疑い深い。100%聞き従わない林に対し踏み絵を踏ませたと林は考えている

Q.殺人と思わないの?

オウムは真理を実践し、広めている

現代人は三悪趣に圧倒され、生きているだけで悪業を積むと信じている

殺人ではなくオウム真理教を守るための行為なのだ

サリンで殺されても、真理を守る功徳を積み、最終解脱者である麻原彰晃に高い世界に転生させてもらえる

ポアとは殺人でなく救済なのだ

ポアにより高い世界に転生さるると、教義的に正しいと彼らは無理矢理に信じこんだ

Q.殺人とポアの違い

自分たちの制御感というか、ポアが高低される前提で、(殺人)が人を救うことになると信じていました。そうでなければ、私たちは単なる殺人者に過ぎないことになる(杉浦繁郎)

Q.ポア(高い世界の転生)があるなら麻原のいうこと聞かないで、自分が(ポア)殺されてもいいじゃない

合理的に考えればそうです。その時は我が身がかわいさから(自分が殺されるのは嫌だけど他人をポアするのはいいことだとか無理矢理考えていた

信者はポアを高い次元の転生であると自分に言い聞かせながら実行するが、自分はポアされたくない

1995 3月20日 地下鉄サリン事件

林は女、子供の側でサリンをまかないように細心の注意を払った。林がサリン散布した線はサリンを捨てた2名の駅員が亡くなった

実行犯たちは逃亡

林は逃亡中 放置自転車を運転したところを逮捕

青山弁護士から黙秘を強要された

取調べの刑事たちは林に敬意を表し「先生」と呼び続けた。警察はオウムを弾圧していると信じていた林は警察に対して少しずつ心を開き林の思考力が久々に活動をはじめた

麻原に疑念

宗教的見地を広めることが救済のはずなのに何故黙秘させるのか?

グルは真理を訴えるべきでは?

林の停止した思考が活動しはじめる。麻原に対し疑念を抱くようになった。林は取調官に真理を語りはじめた

サリンをまきました」

「先生、ウソだろう。また誰かを庇っているんだろう?」信じられない様子で聞き返した。テロ組織は幹部たちは命令するだけで、テロ実行は下っ端にやらせるものなのだから刑事たちは驚いた

「私がサリンをまきました」林の供述が突破口になりほかの信者も追随し捜査は進展した

病気で苦しむ人を救済するために、帰依した林医師は数々の違法行為を行い、最後は妻、家族まで巻き込み、遂には2人の無辜の人間の命を奪うことになった

麻原は人格的に歪んでいる。宗教心のない人だ。私はそういう人を見抜けなかったちために、多くの人に悲しみを与えてしまった

裁判 師弟対決

人それぞれ、麻原にくっついていた理由はことなる。自分の経験からした事実を麻原に突きつけ逃げる余地のないところまで追い詰めないと

林郁夫の問いかけに対して麻原は論点をすり替えたり、キレたり、論破された麻原は居眠りしたり、意味不明英語もどきを呟きはじめた

私は、まだこういう人について行く人かいると思うと情け無い。英語で喋ったりして‥

そうすれば、あなたは現実と向き合わないで済むし、その世界に逃げられるんだろうけど仏教を信じているなら、輪廻転生を信じているなら、恐ろしくて生きていけない気持ちになるはずです。結局、あなたは転生も信じていないでしょう。宗教はあなたの道具だった。盲信していた人はあなたの手足にしか過ぎなかった

いち早く供述し裁判では「麻原」と呼び捨てにして涙に言葉がつまりながらも誠実に受け答えをした。「林だけは、本当に罪を悔いている」と捜査員は語る

死亡した髙橋車掌の妻は「林医師を許す」と裁判で証言する

林はサリン実行犯のうちたった一人だけ死刑判決を免れた

一人でも多くの命を救うために帰依した林郁夫

ファウストのが悪魔と取り引きしたように

林が取り引きをしたのは悪魔よりタチの悪い生き物だった

悪魔との取り引きによって視力を失ったファウスト

麻原との取り引きによって林はかなり多くを失った。無期懲役だがおそらく終身刑みたいなものだろう。通常 経験できない哲学を学んだのも真理

f:id:jw1972w:20210330020134j:image

林医師による麻原のプロファイリング 

  • 麻原は歪んだ社会環境観、人間観を持っている
  • 言葉は仏教の用語を使っているが、オウムの教義は、麻原の人格的な病理からでたものです
  • 麻原は教団の発展の妨げになる人を殺し、人を騙してお布施や信者を集めた
  • イニシエーションと偽って自分の性の充足を図った

私は彼は自己愛的な人格と思うのですが、その根底には、その根的には劣等感とか小心さがあり、自分のやっことを自己弁明せずにはいられる、仏教の言葉を借りて、それらしく説明した教義がが、タントラヴァジラヤーナです

マインドコントロールについて

マインドコントロールがどういうものを指すのか、正確にはわかりません。ただ、人間は心の中に原因かなどの価値観を作ってしまうと。私たちにはそれが麻原だったわけですが。それまでの価値観より、それが上位に来てしまうんです

戦争でも、虐殺でも、通常の倫理よりも上位の価値観を作っちゃて、その中で行われたことだと思う

参考文献

「オウム真理教」裁判傍聴記 1 (文春e-book)
 

 

オウムと私

オウムと私

  • 作者:林 郁夫
  • 発売日: 1998/09/01
  • メディア: 単行本
 

 





ことり真理教

「私たちことり真理教は

世のため

人のため

金のため教祖になるために研究しているの。今日は90年代日本中を震撼させたオウム真理教を学ぶわよ

f:id:jw1972w:20210412215105j:image

オウム教義とは?

1. 超能力修行

  • 神秘経験、ヨーガ、密教の修行を実践修行により潜在していた脳力が開発され空中浮遊などの超能力が身につく
  • 人間の魂を支配する輪廻転生の法則を理解できるようになる修行者は、過去に背負った自らの宿業(カルマ)を落として霊格を向上させる。

2. 解脱

  • 「真我」の到達=解脱を目指さす
  • 解脱者‥輪廻の法則を知り尽くし、そこから自由になった者のことを意味する

3. 真の宗教

  • 教祖の麻原は、日本で唯一の最終解脱者である
  • 麻原は人間の生死を自由にコントロールできる
  • 信者たちは麻原に帰依することによって、その霊性を速やかに進化させうる
  • 日本国民は麻原に帰依し、信者とならなければならない
  •  国家も麻原を主権者とする体制に改変させなければならない

4. ハルマゲドン

現代の社会は、物質的快楽に溺れカルマを増大させ霊的な進化を説くオウム真理教を迫害している故にカルマ落とし世界の破局(ハルマゲドン)が当来することは避けらない

5. 千年王国

ハルマゲドン後には、麻原を主権者とする「千年王国」が建国され、その国家は世界初中を支配する

オウム真理教は唯一の最終解脱者麻原の元の修行により得られる解脱(超能力)でハルマゲドンを生き残るという終末論で多くの若者を獲得した

オウム真理教のここが凄い

「世界初 化学兵器を使ったテロ教団なの。この宗教テロは2001年同時多発テロのお手本になったの」 

「なんて反社会的なの。カルトの鑑だわ」

「終末論で信者を獲得するカルトは沢山ある。でもオウムは自分たちでハルマゲドンを成就させた最初のカルトなの

この化学兵器テロを可能にしたのが

理系エリート軍団の幹部たち」

「でも何故理系エリートたちか麻原みたいな盲学校卒詐欺師に騙されたのかしら?」

「いい質問ね。麻原が理系エリートたちをどうやって帰依(洗脳)させたテクニックを学ぶわよ」

麻原彰晃 生い立ち

本名 松本智津夫

1955年 3月2日 熊本県八代郡 畳屋を営む夫婦の7人兄弟の5番目の子供として生まれた。祖父は平壌で警察署長を務めていたと親戚は語る

智津夫の兄は全盲で智津夫も生まれつき視力が弱かった。生活に困窮した両親は、智津夫を兄と共に盲学校の寄宿舎に入れてしまう。国から下りる就学奨励金を実家に送らせて生活費に充てることが目的と知った智津夫は両親に対し不信感を持つようになる

両親にとって私はいらない子だっんだ。私は親に捨てられた

盲学校の生徒たち週末はみな自宅で過ごすのだが、智津夫と兄だけは寄宿舎で過ごした。14年間の盲学校で両親は一度も面談にさえ来なかった。洋服などの差し入れは全くなく、みかねた教室たちが上級生のお下がり譲っていただいたものを使用していた

父親からたびたび折檻され、母は「智津夫は私の子じゃない」恥ずかしくて表を歩けないよ」と大声で言いふらしていた

サリン事件以来、本当に恥ずかしくて表を歩けなくなったわね」

学校は教室がベニヤ板で仕切られただけの老朽化した建物で、寄宿舎は6人部屋だった。そんな学校生活が楽しいわけないだろう

そんなコンプレックスを抱えた智津夫少年。しかし、弱視である彼は盲学校では強者だった

支配者

自分の欲しい物を全盲の生徒たちに万引きを強要させ取り上げるなどの支配型虐めをした。視力のある智津夫にとって全盲の生徒たちは、服従できる道具だった。そのため人望はなかった

支配欲の強い智津夫少年は小学校、中学校と生徒会長に立候補した。舎弟たちからくすねたお菓子の賄賂を配って支持を得ようとしたが落選。なぜ自分に投票しないと陰で虐めまくった

オウム事件により、両親は畳店を閉じ、熊本市内で鍼灸院を営んでいた長男一家に移り住んだが、鍼灸院も閑古鳥になる。松本智津夫の母は96年に亡くなり、翌97年には長男が53歳の若さでこの世を去り、父親は消息をたった

盲学校卒業後、熊本大学医学部に受験しては落ち、東京大学法学部に落ちた。受験を諦めたた智津夫は鍼級師、マッサージ師として生計をたてた。智津夫はマッサージ、鍼級の腕は良かったようで マッサージ師として某暴力団に出入りすることになる

詐欺師

1678  松本鍼級院を開業、保険料不正請求で670万円返還した

1981  BMA薬局を開き ダイエット食品を売る

1982 薬事法違反で逮捕

極貧少年時代を過ごした智津夫は手っ取り早くお金を稼ぎたかったのだ。詐欺で失敗を重ねた智津夫は暴力団の総長から神爺と呼ばれる詐欺師を紹介された。手っ取り早く金持ちになりたい智津夫からの相談を受けた神爺は

「お金持がない奴が手っ取り早く金を稼ぐならば教祖になれ」と諭され神爺の教祖レッスンを受けた

教祖レッスン

1. ヒトラーから学ぼう

ヒトラーから人身掌握を学んだのだ

2. プロデューサーをつけよう

神爺他に、坊さん、長老と呼ばれる人が教祖になる教えをプロデュースした。神爺を麻原に紹介した暴力団の総長は94年に割腹自殺していた

神爺から詐欺と伝授された智津夫は麻原彰晃と名乗り

84年 神仙オウムの会というヨーガ教室をはじめた

ヨーガ道場からスタート

1987  オウム真理教という教団に方向転換する

受講料は高くなる

純粋にヨーガをしたい会員たちは離れていった

麻原夢の教祖生活でハッピー人生スタート

ヨーガ

ヨガ(オウムではヨーガという)元信者によると麻原のヨーガ師としては素晴らしかったそうだ。ヨーガ術で信者を獲得していく

3. オカルトを取り入れよう

70年代はオカルトブーム

  • 日本沈没」ベストセラー。映画も大ヒット
  • ノストラダモスの大予言
  • ユリゲラーのスプーン曲げが流行る
  • オカルト雑誌類が書店に並ぶ
ムー 2021年3月号 [雑誌]

ムー 2021年3月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/02/09
  • メディア: Kindle
 

4. 不安を煽ろう

信者の中には高学歴だがノストラダモスの大予言を信じている人が結構いた。オカルト好きは世紀末の滅びを疑いもなく信じてしまう

5. 不満を解消しよう

時はバブル。ディスコ、車、ブランド、クリスマスにはブランドの指輪が飛ぶように売れた物質主義の時代。でも全ての若者がジュリアナでイケイケしてハッピーになる訳ではない。人間は金があるだけでは満足はできない

教祖のお仕事はまず。人間の欲望を満たし人をハッピーにすること

麻原は人間の欲望を満たしてハッピーにしたからこそカリスマ教祖になったの」

Q.人間の欲望の最終的目標とは?

f:id:jw1972w:20210411154519j:image

画像 マイナビウーマン

自己実現

この世は卑しい物資文名に支配され、人々の心はよごれきっている(信者)

「上から目線だわ」

オウム真理教に入信する若者は現代社会に居場所が見いだせなかった人が多い。オウム道場に通うことにより居場所を見出したと感じハッピーになったの

本当は現世に馴染めないぼっちが現世で普通に生きている人に対し

オウムを理解できないコイツらは劣っていると見下すことによりハッピーになったの

自分は教団の中でしか生きられない。サリンを作れと言われたら作るし、(実行犯)として行けと言われれば行くつもりだった(中川)

トランスフォーム

淀んだ快楽と倦怠に満ちた孤独の生を過ごすのでなく、若者たちは自分を超越する者に縋りつくことにより、自己実現をしようとした。麻原の超能力修行こそが、自己超越(トランスフォーム)したい意識高い系の若者の心を掴みハッピーにしたの」

「現実逃避では」

6. 宣伝しよう

「信者を集めるのは宣伝よ。ヒトラーも宣伝で信者を獲得した

麻原はオカルト雑誌に空気浮遊の記事で自分の超能力道場を宣伝した

キモ画素 閲覧注意

f:id:jw1972w:20210407082030j:image

これは、色々な雑誌で見られる「特集企画」題した広告関連記事なんです。麻原は当時、毎号のようにカラ2ページ、モノクロ1ページの広告を出し、多い時には百万近い広告費支払っていたお得意様だったわけです

空中浮遊能力撮影の時麻原は、確かに足を組んだ格好から何度も飛び上がったものの、1秒とは浮いていられず、膝の力を使ったジャンプにしか見えかったが

「おかしい、以前は1秒近く浮かんでいたけど 皆さんはどう思いますか?」と麻原が問うと「凄いです。落ちる時に全く音がしなかったです」

このやりとりを聞いた記者は、詐欺ではと疑った

この空中浮遊記事は広告である。この広告記事を本物と思い込んだオカルト愛好家が道場に通いはじめた

7. カリスマを利用しよう

聖者パイロット=ババ、ダライ=ラマなどと会見にこぎつけ、写真撮影をした

f:id:jw1972w:20210403102912j:image

宗教の大物から推薦状などをもらう。英語のわからない宗教大物に英語で書いた推薦状をサインさせたと言われている

Q.何故 高僧たちは麻原をしょうさんしたの?

ダライ・ラマ法王には、少なくとも100万ドル以上の寄付をしていた(難民援助のため支援を必要としていた)。賞賛は寄付に対しての外交辞令だろう(上祐)

地下鉄サリンがオウムの犯行と報道されるや否や高僧たちは掌返しをした

麻原と会ったことはあるが、私の弟子ではない。私は会いに来る人は、誰でも友人として接している・・第一、私は超能力とか奇跡に対しては懐疑的です

当時、麻原がやっていたものはヨーガやヒンドゥ教などを混ぜ込んだもので、仏教とは違ったものでした。仏教は一人の指導者に信者が依存するべきではない(ダライラマ)

日本を支配したい麻原は高学歴を狙った。しかし、麻原の矛盾した言動に不信感を感じ離れる人もいた。そのため

最終解脱者

麻原は修行の途中ということにして、話すことに矛盾が生じても辻褄が合わせた

8. 奇跡を起こそう

最終解脱者である麻原は奇跡の業がおこせたという

全盲を装う

右の視力が1.0近くあった麻原が全盲を装えば超能力者にも見える「グルは超能力がある」と「グルに追随すれば自分も解脱し、超能力が持てる」信者は信じた

神秘体験

オウム道場のヨーガ体験による神秘体験を経て、信者になった人がじつに多い

麻原に出会って特殊体験したことにより、この世と違う別の世界があると思いました(中川死刑囚)

修行中、下腹部あたりが熱くなり頭頂部を突き抜ける。光が見えたなど元信者は語る

「麻原のシャフティーパッドで持病が治った」と信者たちは語る

Q.麻原の超能力の正体とは

麻原はペテン師である。超能力の正体は

仮説

人間の脳はいい加減な情報機官でかある。情報処理ミスによって起きたに過ぎない現象を、脳はリアルに感じてしまうのだ

人間は、ストーリーさえ上手にできあがっていれば、リアルな神秘をいくらかでも体験することができます

現実にありえない話しでも、脳はが「それが現実であるという情報をつくってしまいます

キリストのイニシエーション

  • 麻薬

教団が大きくなるとLSDを用いて幻覚を神秘体験と錯覚させ信者を獲得した

心眼

グルと話すと「君の場合は現世と合わないようだね」と見事に自分を言い当てる。どんな質問にも答えが返ってくる(信者)

「誰にでも当てはまるのでは?」

占い

f:id:jw1972w:20210411154808j:image

「あなたは明朗活発だけと本当は寂しがりやさんですね」

「過去に辛い恋をしましたね」

「親しい人かお亡くなりになった」

など誰にでも当てはまることを言い当てる。占い師がよく用いるテクニック

カルトには密告制度がある。幹部の村井は逐一麻原に報告していたという。このように

ホットリーディング

という心理テクニックを利用すれば誰でも言い当てることができるが、信者は麻原の心眼に見られていると信じていた

麻原はスピュチアルに興味があり、宗教本をよく読み、かつては阿含宗に在籍していたこともあった

阿含宗

超能力

原始仏教密教を結びつけた初期の阿含教は修行を積めば誰でも超能力が得られる

儀式、教義は不要

修行によりホモサピエンスからホモ・エクセレンスになると主張していた

進化論

f:id:jw1972w:20210411155859p:image

人類はサル→猿人→原人→旧人→新人→ホモ・サピエンスと進化してきた。ホモ・サピエンスの文明は極限に達し絶滅する。人が絶えるのでなく進化したホモ・エクセレンスの時代になる

阿含宗信者だった麻原は従来の阿含宗の修行よりも更に実践的な修行を取り入れた。そのため麻原がオウムを立ち上げると阿含教信者がオウムに流れていった

オウム真理教と阿含宗

オウム真理教と阿含宗

 

異端者は追放

教義を擁立した古参信者たちを追放

インテリと美人をターゲット

男性は高学歴

麻原は教祖になり、信者を戦士にして武力革命をおこし、日本の支配者になろうとしていたため、高学歴のブレインを得るためヨーガ、能力開発覆面サークルで理系高学歴を取り込もうとした

女性は美人

神爺からは「言葉巧みな美人が勧誘するのが一番信者が増える」教えられたため美人を狙う。覆面サークルで美人のラブシャワーで理系男子を引き寄せるためだ

陰謀論

仮想敵

他宗教、政府、警察などオウム以外は悪と教え込む

信者同士では相互監視させ、結束を強める

霊感グッズ販売

数珠

尊師の説法テープ、ビデオ

甘露水という霊水(ただの水道水)

麻原のDNA販売

教祖のDNAには秘密がある京都大学医学部の研究で分析された(京都大学遠藤誠一の嘘)

キス修行

霊的エネルギー注入

ラクルポンド

麻原の風呂に使用した水を有料で飲ませた

出家信者(サマナ)

Q.オウムの出家は全財産をお布施させる。それは何故か?

f:id:jw1972w:20210411155724j:image

1.金儲け

2.退路を断つため

財産がなければ帰る場所はない。出家後信者たちは、グル、教団に疑問が生じた時もあってろう

全財産を教団に投げ打つ。全てを犠牲にしたのだ。この教団を真理でなければ教団に費やした時間、財産、全てが無駄になる

人間は犠牲にした物が大きければ大きい程、犠牲を払った分の何かを取り戻さなければとおもう

全財産を犠牲にすれば、組織にどんな矛盾、不信感を感じても、失ったものを取り戻すためには信じ抜くしかないのだ

情報遮断

教団の教え以外は悪と刷り込みマスコミは一切見させない

バクティ、ワーク(無料奉仕)

理系のエリートたちは研究所を与えられ、来たるべきハルマゲドンのために、毒ガス、化学兵器などを作らされたそこでワークをする

f:id:jw1972w:20210412203700j:image

一方で、オウムの会社、弁当屋など無給で働かせる者たちは不満を抱える。信者のほとんどは修行のために入信したのだ。麻原が「経済的な基盤があるからこそ、道場が用意できる」など問いかけれは、信者は「はい」と言わざるを得ない

バクティー(ワーク)、極力睡眠させず疲労させる

毎日の単純なワークを続けられさせると、やがて人間は思考停止になる

信者たちはその行為に没入することによって古い人格を克服し、新しい自己、本当の自分に目覚める

実際は、信者たちはそれによって自律的な主体性、自由意志を喪失し、指導者の言うがままの存在になる。信者たちは教団の家畜のようになる

教団のワークとは、二者択一を迫ってくるものなんです 

2次元思考

やらないと言えばグルを裏切ることになりますから、どうしてもやらざるをえないんです

絶対服従 

教祖だけが救済

尊師がいなければ修行も解脱もできず無間地獄に陥ると転生する

尊師の教え、命令は救済であり、その通りに動くのが解脱への道

恩義

弟子たちは麻原に引き上げられた状態で恩義がある

因縁

尊師は前世は明の開祖 朱元璋など色々転生していた。弟子たちも皆尊師と前世から因縁があった

教祖、組織に疑問を抱くことは穢れと教え込めば

東大、京大、医学部のインテリたちはロボットのように服従した

これは修行だと考えて麻原の後をついていったら、とんでもない犯罪者になっていました(豊田亨)

タントラ・ヴァジラヤーナ(金剛乗)

  • グルは絶対的存在
  • グルに帰依する
  • 自分を空っぽにする努力をして、その中にグルのエネルギーを満たしグルをクローン化する

「洗脳ね」

「悪行をした人をどうするか?」と弟子たちに問いかける

「グルの本を読ませる」

「悪党を脅す」次第にエスカレートしていく

「真理に近づけるなら近づけて、どうしてもその人(悪党)のカルマが悪かったら、ポア(魂の救済)させる」

ポアとは殺人ではなく救済と弟子たちを洗脳したのだ

ポア=救済=殺人

と変換したのだ

弟子たちは殺人やテロではなく、ポアという救済を遂行しただけだったのだ

人間の生死は最終解脱者である麻原だけが決める。弟子たちは自分を空っぽにし、麻原の指示に従った

グールヨーガ

グルが弟子に対して無理難題を持ちかけ、弟子が見を捨ててそれを実行することによって、より高い精神的境地に達する

自分たちだけが正しい

日本社会は洗脳されている

オウムは真理を明らかにすることによって日本社会を洗脳を解こうとした

オウムは日本を救済したのだ

カルト信者は、主観的な考えに落ち入りがちだ。 

自分は善である。間違った相手を正してあげる

という気持ちばかりが先行して

自分の言動が客観的にどう映るか、相手がどう受け止めているのかについて、気持ちが及ばない

Q.なぜ弟子たちはグルの言いなりなの?

f:id:jw1972w:20210412203049j:image

グルの脅迫

裏切り者は無間地獄に堕ちる

教団が武装していることを外部に漏らしたら殺す。もし家族の元に逃げ帰ったら家族もろとも殺す。警察に逃げ込んだら、警察署を破壊してでも殺す(麻原)

グルが決めたことにどうして反発できますか。私たちは一生、解脱、悟りを目指すため魂を救うために出家しているから、生殺与奪は全て麻原にある。崇高な知恵に対し、私たちのような者がモノを言えるはずがないじゃないですか(岡崎一明)

思考停止

ヨーガの修行で自分の能力が伸ばせればという軽い気持ちではじめた・・尊師の指示に従わないことは自分の煩悩であり、心の汚れである・・思考停止させ上からの指示に従うことが生き方になった(豊田亨 東大卒)

ニューナルコ

反抗的な信者は、ニューナルコと呼ばれる修行をさせられる

イニシエーションと称して全身麻酔チオペンタールナトリウムを服用させ

スパイチェックなどを行う

頭に電気を流して記憶をけす

麻酔薬を自白剤として使用した

反抗的な信者はニューナルコで記憶を消すのだ

「記憶が消えなければ?」

「ポア」

逮捕

5月16日 強制捜査

捜査員たちは毒ガス攻撃に備えて籠に入れたカナリヤを手に持ち、オウムのサティアンを捜査した

イメージ図

f:id:jw1972w:20210412215950j:image

カナリヤが死んだ時人間も死ぬ

午後11時 壁の中の隠し部屋に隠れていた麻原を発見。麻原は現金960万を抱えていた

f:id:jw1972w:20210413020204j:image

裁判

裁判では麻原は事件の責任を弟子に押し付けようとしていた

f:id:jw1972w:20210413020217j:image

洗脳の解けた弟子たちに非難された

嘘だ‥全部嘘です。正しいことを言っているのは麻原彰晃しかいない

自分の非を省みることはせずに、自分の思い通りにことがすすまなければ他人を攻撃する

沈黙せざる得ない状態に陥いり、英語みたいなものをプツプツ呟いたり、居眠りしたり

麻原の最終目標

1997年、私は日本の王になる。2003年には世界の大部分はオウムの勢力下に入る、オウムに仇をなすものは、できるだけ早くポアしなければならない‥結果のためには手段を選ばない(広瀬が94年2月に聞いた麻原説法)

日本支配

間接的に聞いたのですが、まず武力で破壊する。石川公一(法務省トップ東大卒)が東大、京大などの学生を集めて洗脳し、新たな官僚体制をつくる

ロシア進出

ロシアの大学は科学技術だけでなく、もっと軍事的な色合いを持っている。そういう学生をターゲットにして集める‥最終的には公明党みたいなものを作って影響力を持とうと考えていた(井上)

悪の日本社会を世界をポア(粛清)によって救済(壊滅)させ、麻原を主権者とする新しい正義の国家を作ること

しかし、NO2の村井は逮捕前に暴力団員に殺され、逮捕後の麻原は話をはぐらかし、独り言を呟くだけ 真相は闇の中である

天皇暗殺

松本智津夫は、極度に天皇制を嫌っていました。天皇陛下サリンで攻撃する話もあった

死刑判決

刑務所では、入浴、トイレも一人でできずオムツをつけていた。独居房でプツプツ呟いて精神に異常をきたしたような状態だった(精神異常を詐称する死刑囚は珍しくない)

2018年7月6日 麻原と元幹部6人の死刑か執行された

「裁判では洗脳から解けた弟子に非難され惨めな死に方だわ」

「いいえ、全ては計画通り

日本において新興宗教の開祖が処刑された例はおそらくない

処刑された開祖といえば

エスキリスト

麻原は処刑されることにより本当に

エス=キリストの再来となったの

一度できた狂ったカルトは形を変え存続し続ける。オウムはアレフと名前を変えた

アレフ

アレフ勧誘手口

インターネット人生相談で相談にのる

巧みにヨーガサークルなとに参加させ入信(麻原の名前、教団名は明かさない)が、修行が進むにつれて麻原の説法DVDを何度も見聞きさせ洗脳していく

未だに麻原は生きている

カッコ悪い死に様も、神格させた殉教に変換するだろう。麻原は一部の人には本当に神となった

子沢山の麻原パパ

  • 正妻6人
  • 女帝石井3人
  • 愛人A 2人
  • 愛人B 1人

その他いるようだが確認できていない

「まさに「産めよ。増やせよ。地に満ちよ」

を実現したのね。キリスト宣言するだけに」

「今でもオウム真理教は国際テロ組織としてマークされている

私たちも教祖になるためには麻原みたいに理系インテリをゲット(洗脳)しなくてはならないわ」

 



 

 

 

 

 

 

よど号事件から学ぼう

1970年 よど号ハイジャック

日本で社会主義革命を起こしたい若者が飛行機をハイジャックして地上の楽園北朝鮮に亡命した。行き当たりばったりで行動した彼らを北朝鮮は受け入れた。人質は無事解放され、日本は安堵したが、これは悲劇の序章だったのだ。物語はこれからはじまるのである

f:id:jw1972w:20210318105512j:image

「今日は日本赤軍からよど号ハイジャックを学ぶわよ」

計画性も無く、おもちゃみたいな銃と爆弾でハイジャックを成功させた若き理想家たち。アポ無しで北朝鮮に亡命した彼らは国賓級の扱いを受けた

f:id:jw1972w:20210318091009j:image

高待遇

  • 高級なホテル住まい
  • 豪華な食事
  • 生活用品全て支給
  • オーダーメイドの背広をプレゼント

金日成に義理を感じ懐柔されたよど号ハイジャッカーたち

しかし、彼らには自由だけがなかった。隔離されて北朝鮮の一般の人と接するのは禁止された

「人民の中へ」こそが共産主義の基本である。彼が憧れた楽園北朝鮮の生活は、人民の中へではなく隔離された特別階級だった。彼らの理想を反する生活にジレンマに陥っいただろう

彼らはマルクス主義でなく北朝鮮の思想教育を受けることになる

違和感

彼らも最初は地上の楽園と信じた北朝鮮に対して違和感を感じ失望しただろう

しかし、彼らはハイジャックまでして亡命したのだ。北朝鮮以外なら刑務所に入るしかないのだ。今更

「おたくの国は私たちの理想と違いましたので日本に帰ります」

なんて言えない。人間には自分が正しいと思い実行したことが間違いであっても認めることはできない

「認知的不協和ね」

彼らのハイジャックが正当化するたもには、最初の志を捨て北朝鮮に洗脳されるしかないのだ

洗脳のメカニズム

1.思想教育

指導員の答えは一つだけであり、それ以外の答えをした者には再び同じ学習が際限なく繰り返された

指導員たちは決して正しい答え方を強制することはなかった

次第に彼らは指導員が気にいるような答えを出す以外に際限ない反復から逃れる術がないと悟るようになり、指導員に気に入られる答えを探すようになった

言わされているのだが、自分で答えを導き出しているわけだから強制、洗脳されたという感覚はなくなるのだ

しかし、自分の意思で動けない、考えられないのは気持ちの良いものではない。本来人間は自由を求めるものだからだ。やがて生きている感覚がなくなり次第に彼らは虚無感を感じるようになる

2.虚無感

虚無感にして頭を真っ白にした後、思想を刷り込む。洗脳の基本である。虚無感を感じた彼らは自我が崩壊する

f:id:jw1972w:20210320164830j:image

3.自己解体

自己解体すれば思考力は停止し、疑う余地なくチュチェ思想を吸収していく。彼らは積極的にチュチェ思想を研究しはじめてチュチェ思想

真理を発見した

と語るようになった

「カルト宗教の信者の決めゼリフ!」

金の卵

f:id:jw1972w:20210318094927j:image

金日成は彼らをそう呼んだ。よど号の9人は自らは選ばれたものと考えていた。彼らは金日成の傀儡人形のように動くだけになる

4.批判

お互いにお互いの欠点を指摘しながら相互批判と自己批判を繰り返す

批判という方法は、人を変えていくうえで本当に威力ある手段と感じるようになった

自分が批判されることを通じて、この方法を持ってやれば人間も革命的な存在に変わることができると確信するようになった

この方々は必然的に、他者を批判することが自分より革新的に表現する構造を生み出していく

批判は生活態度や日常の言動までおよぶ。なぜなら生活態度は思想の表現てみなされるものであるし、一方で規律という名文に縛られるものでもあるからである

批判は限りなくエスカレートし、より痛烈な批判を行ったものが優位を占めることになる

考え方、思想が違ってくれば人間関係もまずくなってくる

痛烈な批判が革命性の高さと評価されるのであれば、その行き着く先は決まったも同じことだ。自己批判、相互批判の堂々巡りは、やがて敵と味方を見誤り、仲間を見失ってしまう

組織の内部に敵を見つけることが、意味のある政治活動と誤解してしまう

チュチェ(主体)思想10大原則

f:id:jw1972w:20210318091808j:image

1.闘争

偉大な首領金日成同志の革命思想で、全世界を一色化するまで闘争しなければならない

2.忠誠

偉大な首領金日成同志を忠誠心をもって仰ぎ奉らなければならない

3.権威

偉大な首領金日成同志の権威を絶対視しなければならない

4.信条

偉大な金日成首領同志の権威を絶対視しなければならない

5.革命

6.統一

7.学び

8.忠誠

9.規律

10.継承

偉大な金日成同志が切り拓かれた革命事業を代を継いで最後まで継承し、完成させなればならない

つまりチュチェ思想で全世界を革命し、子供、子孫まで金日成に忠誠を誓い。最後まで戦わなければならないということ

政治的生命

生物学的に優先される。政治的生命を失うことは肉体的生命を失うことにより不名誉である。政治的生命のためには肉体的生命を塵芥のように捨てる覚悟が必要です

人権

北朝鮮では個人が享受している人権はありません。全ては北朝鮮と首領様のために人民は存在する組織です

f:id:jw1972w:20210318091234j:image

組織

主体思想の最も高度な思想的表現がマスゲームである

f:id:jw1972w:20210318035920j:image

このような全体主義的組織の中で異なる意見を持つものは反逆を意味する

主体思想は白と黒、善と悪の2次元か思考。思想が違えばもはや仲間ではなく敵でしかないのだ。思想教育を受けた彼らは日本人村に住まわされた

次世代に渡り金日成に忠誠を努めるため、日本人村の仲間を増やすことにした

結婚

よど号メンバーには日本人妻と結婚していた。彼女たちはヨーロッパで劇的な運命的な出会いをしてよど号メンバーと結ばれたと彼女らは証言した

f:id:jw1972w:20210318040100j:image

しかし、恋人を追いかけて北朝鮮に入国した福井タカコ以外は架空のロマンスであった。彼女たちのロマンス全てはフィクションだった

f:id:jw1972w:20210320165559p:image

金日成主義では、事実がどうであったかよりも、事実も金日成首領にとってこうあるべきなのが真実である

「洗脳ね」

彼らはヨーロッパで若い日本人留学生勧誘活動をはじめた

勧誘

北朝鮮に行きませんか?

世界中を廻れる仕事がありますよ

スパイゴッコもできるのですよ

生活は保証しますよ

贅沢もできます

給料も国が払ってくれます

ご馳走も食べさせますよ

どうですか?私たちと一緒に活動しませんか?

f:id:jw1972w:20210318092408j:image

「スーパーの大安売りみたい」

北朝鮮はこの地上に出現した たった一つ唯一無二のシャングリラ、「地上の楽園」です

f:id:jw1972w:20210318082654j:image

あの国では首領様と人民が手を取り合って、信じ合いながら苦労も共にして豊かな社会を建設しようとしているのです

若いんでしょう?素晴らしい未来の社会をつくるために、手を携えて一緒にやってみませんか?

f:id:jw1972w:20210318082726j:image

エホバの証人のようだわ」

新興宗教ならば合意がある。違法性はない。しかし彼らは騙して拉致をした」

「犯罪よ」

彼らは、北朝鮮に連れて行き、偉大なる首領者の教えである金日成思想とチュチェの哲学が彼らを変えることになるだろう。この思想で変わらない人間はいない

今は思想的に駄目な人間も、首領様の思想とで会えば素晴らしい人間として覚醒している。その時こそ

「よくぞ私を選んでこの国に連れてくださった」と感謝もされることだろう。そのことは、はっきりしているのだから拉致する相手は誰でもいいのだ。連れて行き方なんか、どうでもいいのだ。後で感謝されることは明白な事実だから

人は誰でも変えることができる、過激であればあるほど変わることができる

私たちは正義なのだ

正義と革命のためには全てが許される

正義のためには俗な人生なんてなんの価値も持たない

北朝鮮に連れて行きさえすれば一挙的チュチェ思想化は可能なのだ

金日成主義の子の優れた方法を帝国主義者共は悪意を込めて洗脳というが

「洗脳そのものじゃねーか」

彼らが日本人獲得作戦に踏み切ったのは北朝鮮に連れて来れば人間は変わることができると信じたからだ

「超主観的で独善的だわ」

ハイジャックをしてこの国にやって来た我々も、北朝鮮で真理に出会い、過去を全面的に批判的に総括することによって変わることができるのだから、チュチェ思想で変わらない人間はいないと彼自身の総括に裏打ちされていた

「ないわー。彼らはもともとマルクス主義者だった。誰も疑問に思わないの?」

しかし、「そんなことしてもいいのだろうか?他に方法はないだろうか?」という意見もあった。しかし金日成主義では自分の頭で考えてはならないのだ。自分の頭で考えることは反逆を意味し、反逆者は存在してはならない。つまり死である。全ては金日成の思し召しのままでなければならない

「ますは声をかけなくてはならないわ」

一緒にお茶を飲みませか?

f:id:jw1972w:20210318092447j:image

彼らは失敗に失敗を重ねた

「ナンパね。渋谷辺りでナンパ師でも「拉致」してナンパを伝授すれば良いじゃないかしら?」

元々は理系のエリートの彼らは不器用なナンパを失敗に失敗を重ね努力のかいもあり、妻たちはにトラに使いマドリッドで2人の日本人留学生を連れてきた

「ハニートラップね」

2人の日本人留学生を軟禁して金日成思想教育をはじめる。2人の日本人男性は自分の置かれた状況が認識できなかったが軟禁され続けた彼らは「騙したな!色仕掛けで騙しやがって」と誘ったよど号の妻に殴りかかった。よど号メンバーは「騙された方が悪いんや!」殴り倒す。あたり前だが、もともと共産主義でない人間に対して共産主義洗脳などできるわけない。拉致された留学生たちは反発した

男性同士だから上手くいかない。ならば彼らには花嫁を連れて来れば良いと彼らは考えた

f:id:jw1972w:20210318092524j:image

彼らは海外留学中の若い日本人女性を探す。それがロンドンでホームステイしながら現地で職をさがしていた有本恵子さんであった

なんだからラッキーだったなぁー、こんな簡単に仕事が見つかるなんて(有本さんの手紙)

Q. なぜ有本恵子さんはターゲットにされたの

f:id:jw1972w:20210318040134j:image

無垢

彼女が仕事を探して新聞広告などを見ていました。本当いい子だったんです。しかし、彼女は人を疑うことを知らなかった。彼女はマーケティングやプロモーションというものがどういう仕事なのかも知らなかった。ビジネスの経験や専門的にそのジャンルの勉強したこともなかった。英語も私たちとコミュニケーションをとる分には問題はありませんでしたが、イギリスの企業では無理だと思います。これは彼女を批判しているわけではありません。本当にいい子なんです。子供だという意味は多くの経験を持っていなかった、ということです。ロンドンのような都会で新聞の求人広告に応募して自活していけるほどに大人ではなかった

彼女はアムステルダムの旅行から帰ってきたら、私たちとあまり話さなくなりました。よく外出するようになりました

仕事を紹介してもらうためにコペンハーゲンに行くと言い出した時に「危ない仕事だからやめた方がいい」と忠告しました。でも彼女は「信用できる人だ」(恵子さんのホームステイ先の夫婦)

Q. なぜよど号メンバーは海外留学生をターゲットにしたの?

f:id:jw1972w:20210318091118p:image

一人で異国で生活するとホームシックになりがちである。このような弱った状態の時、同じ日本人異性から声をかけられると、日本語が久しぶりに話せる嬉しさから警戒心なく、初対面でも容易に心を開いてしまうのだ

例) 海外駐在員の妻が在宅中に母国語で宗教勧誘に来た新興宗教の訪問に母国語で会話できることから、本国にいる時は知らない人を警戒する用心深い人でも、つい話に聞き入ってしまいカルト宗教に洗脳されることもよくある

これは、人間の親和要求を悪用したカルト団体が使うテクニックである

有本さんに関してはヨーロッパで職を探していたところに、「いい仕事がある」とターゲットの要求を叶えたため赤子の手をひねるが如く騙されたのだ

有本さんは拉致された留学生の一人と結婚して赤ちゃんもいた。日本にいる両親に手紙を無事でいると送った。有本さん夫婦の手紙が日本で騒がれた直後、有本一家は不慮の事故で皆お亡くなりになった

粛清

組織が結束するためには、スケープゴートが必要なのだ。チュチェ思想を受け入れない者、皆と同じ思想を共有できない者は北朝鮮では生きのこれない

アベック失踪

海といえばデートスポットである

f:id:jw1972w:20210318081427j:image

76年から77年にかけて日本海沿岸でデートをしていたアベックが数組失踪する事件が起きた。海外から別々に拉致した日本人同志では失敗したため、最初から恋人同志であれば上手くいくと考えたのだ

最初強引に拉致して、別々に北朝鮮に連れて行き、一人にいさせる。恋人は死んだのだと絶望感に浸らせるためだ

絶望感の最高潮に恋人に引き合わせる。死んだと思っていた恋人の再会により希望を取り戻せば、彼らは自分たちに恩義を感じ洗脳しやすくなるためだ。彼らは日本人村の住民にされた

f:id:jw1972w:20210318085846j:image

画像産経新聞

2000年拉致された2組のカップルが帰国を許された

f:id:jw1972w:20210318092745j:image

画像 毎日新聞

拉致事件。この事件に日本は、世界は震撼した

革命の物語はいつでも、それを夢想するものにとってのみ真実であり、それ以外の人間にとっては滑稽武藤な架空の物語である。彼らの革命は日本の誰からも支持されなかったのである。

それでもハイジャッカーとして北朝鮮に飛び込んだ若者たちは、実際に革命が起こし日本を金日成思想で一色化し「チュチェの戦士」として凱旋帰国するを空想し続けた

f:id:jw1972w:20210318091206j:image

よど号のスローガン

1. 愛国

国を愛する

2. 愛民

民族を愛する

3. 愛族

家族を愛する

「何かの宗教みたいね」

一見 素晴らしいスローガンてあるが、もともとは北朝鮮のスローガンだった

北朝鮮国家、北朝鮮人民、北朝鮮民族のために彼らは存在する。北朝鮮国民らは、北朝鮮のためにあらゆる犠牲を厭ってはならない。個人より北朝鮮金日成首領なのだ

f:id:jw1972w:20210318090841j:image

こんなとんでも思想を日本が受け入れてはずないのだが、彼らは本気で日本をチュチェ思想一色に染めれると信じていたのだ

Q.日本で社会主義革命なんて頭おかしいの?

f:id:jw1972w:20210322101338j:image

田宮高麿 大阪市

小西隆裕 東大医学部

岡本武 京大農学部

田中義三 明治大学

魚本公博 関大

若林盛亮 同志社大学

赤木志郎 大阪市

一人高卒だが裕福な人の御子息

当時大学に行ける人はある程度裕福な家の子供

であることこそが理想主義者の条件だ

当時、普通の人は中学、高校卒業したら働かなくては生きていけない。真の労働者は日々の生活だけで精一杯

大学行かせて貰えたのに学校ボイコットし学生運動する贅沢な若者たちは、テロ、ハイジャック、誘拐、最終的には仲間同志で殺し合いをはじめた

「つまり恵まれているからこそ、自分が頭良いと自惚れてるからこそ、この社会をかえたいと思うのね」

正義感が強く、頭の良い彼らは白と黒の2極化思考の持ち主であった。お勉強はできても他者を慮るような知性はなかったら

マルクス主義を学ぶために北朝鮮に亡命した彼らは金日成首領の掌で踊る孫悟空だった

考えてはならない

北朝鮮では自ら考え判断していくことは禁じられた行為だった

考える人間は別にいた

任務は全て「首領様のご意志だった」。命じられたことを一分の疑いもなく忠実に果たすことだけが、大恩ある金日成朝鮮労働党への忠誠心の表現だった

金日成首領に疑問を持つことは反逆と謀反に通じる

欧米に支配された日本政府の民主主義的権威主義に反発して革命を起こそうとした理想主義者達は金日成首領の独裁的権威主義にはたやすく従った

頭の良い彼らは思考停止して数々の矛盾から目を逸らし続けた

疑問を持たず考えることをしない人間だけが北朝鮮では生きられる

  • 何も考えない
  • 疑問を持ってはならない

それが北朝鮮の忠誠心なのだ

彼らは金日成首領の駒にしか過ぎなかった

f:id:jw1972w:20210322101459j:image

人間は本能的に皆自由でいたい。たとえ洗脳状態にあっても 人間は疑問を持ち続ける

北朝鮮に亡命した9人のメンバーのうち、2人は早くに亡くなっている。リーダーの田宮高麿も最期まで疑いを持ち続けていた

1995年11月30日 田宮は誰にも看取られず突然死んだ。心臓麻痺と診断された遺体はすぐに火葬に付され村には半旗があげられた

よど号で「身代わり人質」となった山村新治郎運輸政務次官は帰国後、羽田空港で熱狂的に迎えられた。山村が幼い娘を満面の笑みで抱き抱える写真が新聞、雑誌に掲載され、一躍 時の人となる

f:id:jw1972w:20210318040356j:image

1992年 4月22日 北朝鮮訪問を3日後に控えた山村新治郎は精神を病んだ次女に包丁で刺し殺された。北朝鮮を訪問すれば田村と22年ぶりの再会を果たすはずだった

f:id:jw1972w:20210318040520j:image

画像 Wikipediaより

平壌から無事帰国した山村新治郎が得意満面の表情で羽田空港に迎えに来た娘を抱き上げた写真が新聞に収まっている。その時の娘が次女であった。山村新治郎にとっては武勇伝だったが、次女にとっては辛い記憶だったのだろう。次女ものちに自殺。次女も余りに数奇な運命に翻弄された被害者の一人であった

責任転嫁

全ての問題はアメリカ、日本政府のせいであり自分たちの責任ではないと北朝鮮は語る

「我田引水ね。カルトはみな自分たちは悪くない。悪いのは〇〇のせいと責任転嫁する」

北朝鮮問題は日本にとって大きな課題である

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)
 

 

 

桃井かおり 山咲千里 樹木希林の美しい生き方

毎年学級委員になる子供たちは勉強。スポーツ、芸術などすべてでき素晴らしい人徳がある

彼らに近づくためには教育が必要と考え、病院から退院した日から絵本を読み漁り教育を始めました

私の経験上、偏差値と人格は比例する。偏差値が高ければ高いほど人間ができている

ここのブログ主は、豊田真由子堀江貴文などの極めて例外的なツッコミを嫌う(彼らは自信満々に見えてコンプレックスの塊でもある)偏差値が高くなくともいい人ももちろん沢山います

人間には余裕が必要です。学校などでいい成績をとれれば自信が生まれます。人間は自信があるからこそ自分が好きになり、それから余裕が生まれるから人に優しくできるのです

人の悪口を言ったり人を虐める人は、結局は自信がないのです。自信がなく余裕がないので他人を認めたり、思いやるこてができないのです

人を虐める人は大体取り柄がない

  • 成績優秀
  • 人望
  • コミニケーション能力 
  • 特技がある

何も取り柄がない人は他者を貶めることでしか自分の自己主張であり自己表現なのだ。それがイジメである。自信のない焦りの気持ちの裏がえしでしょう

f:id:jw1972w:20190813183207j:image

山咲千里の美しさ

湘南高校卒の高偏差値

昔IQクイズに出演した時、東大王みたいな難問を易々クリアーしたことがあるそれ以上にダウンタウンの芸能人格付けで完璧に正解できる。他の芸能人は

「うーん。何となくコッチ」

みたいに感で当てるが

山咲千里はどうしてそちらが本物なのかを説明をした上で正解している

大事なのは

本質を見極める能力

それを論理的かつ的確に説明できる知性

更に美しい容姿

山咲千里さん

完璧美人です

目標は山咲千里さん

山咲千里のように知性と本質を見極める能力を子供たちに身につけさせたい

私の目指すのは本質を見抜く力です

キレイの魔術

キレイの魔術

 

本物は美しい

完璧なる美の調和がある

偽物は美しくない

美の調和がない

ピアノコンペ小学生低学年の部に参加した時に5番の少年が貴婦人の乗馬を演奏した

「何といい曲だ  来年これ弾かせよう」

5番の少年が全国1位だった

貴婦人の乗馬

発表会で誰かしら弾いている曲

上手い人が弾くと貴婦人の乗馬さえ素晴らしいとしいと感じる

美の黄金律

レオナルド・ダ・ビィンチは絵画をデッサンする時に黄金比で比率を図り計算し尽くすという

レオナルドは黄金比を見る時人間は最も美しいと感じることを知っていたからだ

音にも黄金律がある

一位を取る人は

完全なる音の黄金律がある

黄金律があるからこそ美しいと聴衆は感じるのだ

演奏家とは生涯をかけて音の黄金律を極めていく美の求道者である

f:id:jw1972w:20190817191239j:image

何十億の人びとを自分たちと信仰が違うという理由だけで罪人と決めつけその滅びを祈り

その犠牲の上に永遠の若さと命を得ようと夢見る人

ありもしない虚構をあたかも本当と言いふらしながら歩き廻る人は美しくない

f:id:jw1972w:20190816222232j:image

日本という国は職業、宗教も自分で選択ができるのです。今でも身分により職業が限定される地域があります

中東のある地域では宗教を自分で決めることができません

自由には責任が伴います。自分の選択したことについて失敗するリスクもあります

なぜ自分の人生を自分で選択しないのか

f:id:jw1972w:20190818161703j:image

失敗したら他人のせいにできるから

無責任だから

このような人は自分の人生にさえ責任を持ちたくない

自分の人生を自分で選択しないということは、結局自分の人生をないがしろにしていることなのです

また、このような人は他人の人生をも蔑ろにします

美の基準は一人一人異なります

f:id:jw1972w:20190817220524j:image

人間には自分個人の価値観を選ぶ権利がありますか

自分の価値観を他人にまで強引に押し付けられるのは親切ではありません

他者には他者の人生があります

自分の価値観を無理やり他人に押しつける権利は誰にもありません

桃井かおりの魅力

桃井かおりは自分をバッシングした週刊誌の記事をスクラップにして保存している

週刊誌などでバッシングされ落ち込んだ若手女優さんに過去に自分のバッシングスクラッブを見せて

「アタシだって昔はこんなに叩かれていたんだから気にすることないわよ」と励ましたりするとインタビューに語る 

落ち込んだ時に「私も昔はそうだったのよ」と共感して貰えることが一番励まされます。桃井かおりさん優しい人ですね

昔テレビのトーク番組で

美人と不美人どちらが得かというテーマで

桃井かおりは不美人の方が人生を得をすると語る 

美人は何をしなくても人からチヤホヤされるから努力しない

不美人はその間努力する

歳を重ねた時

美人は歳をとりチヤホヤされない

努力を重ねた不美人は魅力を備え内面的なものからチヤホヤされる。だから不美人の方が得をする という見解だった

彼女の魅力は剥きたて卵肌という美しい肌日々のお手入れの結晶だろう

f:id:jw1972w:20190817191346j:image

桃井かおりの考え方が違うなと思うのは、不美人が全員努力をすると思っていること

不美人でも

「どうせ自分はブスだから」と開き直る人もいるし

努力する根性もない人もいる。そういう人間はいじけるか最悪の場合は他人を貶めて悦にひたる

綺麗になる努力のベクトルが間違っている人もいる

桃井かおりは努力で美しさを築きあげた人だからみんながみんな綺麗になるために正しい努力をしていると思っているのだろう

f:id:jw1972w:20190817215142j:image

オードリー・ヘップバーンの美しい生き方

銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンは外見にコンプレックスがあったそうです。そのため内面性を磨くためのたゆまぬ努力をしてきたそうです

f:id:jw1972w:20190817110255j:image

美しい唇であるためには

美しい言葉を使いなさい

美しい瞳であるためには

他人の美点を探しなさい

晩年のオードリー・ヘップバーンの名言

確かに私の顔にはシワも増えました 

ただ、それは私が多くの愛を知ったということなのです

だから私は今の顔のほうが好きなのです

f:id:jw1972w:20190816223041j:image

樹木希林の美しい生き方

2018年にお亡くなりになった女優樹樹木希林さん

富士フイルム

「美しい人は美しく、美しくない人はそれなりに」のCMが有名

このCMキャッチフレーズは最初「美しい人は美しく。美しくない人も美しく」だった。きりんさんはスタッフに

「なんか変じゃないですか?美しくしい人は美しく写るのはわかるけど、美しくない人も美しく写りますってのはおかしくありませんか」と問いかけ

「美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに」に変更し名CMになった。きりんさんはそれに対し「期待されないものが一番いいものができる」と語る

きりんさんは容姿はよろしくはないが話術が上手くユニークなことをポンポン話す。きりんさんの過去の面白トーク映像をみて子供たちは笑い転げた

綺麗な人は希林さんのような人を笑顔にできる人です

私は全てのものに対して、絶対こうでなければいけないという鉄則はないと思っているんです。たとえば私の顔。これはミスしてできちゃったわけですよ(笑)。でもこのミスを活かそうと思ってやってきた(樹木希林)

年を重ねるごとに力のあるいい顔になりたいんです。細胞が全く動かなくなり、心も全く執着がなくなるまで生きてみたいなあと思うんです。そうなれば納得して死ねるんだけどなあ

f:id:jw1972w:20190816223059j:image

 



 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

叶姉妹から美しい生き方を学ぼう

場面緘黙症だった長女は幼稚園で発語ができなかった。幼稚園の帰りYちゃんが「うさこちゃん。バイバイ」と手を振っても長女は下をうつむいたまんま全く反応しなかった

返事がないため。Yちゃんはすこし困った顔をしたが、すぐ微笑みを取り戻し

うさこちゃんは恥ずかしがりやさんなのねー」との神対応してくれました

人によっては

「無視した」

「挨拶できない人」と怒るかもしれません

まだ年中さんのYちゃんは

恥ずかし過ぎて挨拶することができない場面緘黙症の長女を理解を示してくれたのです

場面緘黙症の長女は小学校に入学する

うさこちゃん。小学校で楽しくやってますか?」とあからさまな嫌味を言う幼稚園のママもいらっしゃいました

このようなかたはスルーに限ります

一年生の担任の面談より

「自分の友達の名前を書いてください」というアンケートを先生がとりました。Aさんだけがうさこちゃんを友達と書いたと知らされました

Aさんが長女によく声をかけてくれていたことは長女から聞いていましたが

長女は声をはっすることさえできずコミュニケーションは取れる状態ではなかった。意思の疎通さえできなければ友達とはいえないだろう

Aさんは長女の名前を書いてくれる人がいないのではないかと心配し長女の名前を書いてくれた。なんて優しい子なのだろう

Aさんはお勉強もスポーツ、芸術も全てができる上に人格まで備わっている

Yちゃん、Aさん、まだ幼い少女たちが私の心に綺麗をくれました 

人を癒し

人の心に綺麗を与えられる人

それこそが綺麗な人である

大人なのにわざと目の前で人の傷つくことを言って困った表情をさせ、それを見てほくそ笑む人もいるし

まだ歳はもいかぬ少女が洞察力を持ち、他人の気持ちを慮る心を持ち人に綺麗を与え人を癒すことができる場合もある

場面緘黙症の長女は小学校では声をだして話せなかった

中学校は学区外の学校に通わせた。小学校では「喋れない子」のラベルを貼られた長女。学区外のため「喋れない子」のラベルはまだ貼られていない。自分を変えるチャンスはある。だが、中学校では小学校出身同士で最初からグループに固定する。自らその固定されたグループに入らなければならない。その牙城に入り込むのは場面緘黙症にとってそれは最難関の技術である

またボッチになるかもしれない

入学式の次の日、1時過ぎ私が仕事から帰ると長女はすでに学校が終わっていた。家には鍵がかかっていたため家の前に立っていた。長女の隣には同じ中学校の女の子ががいた。家の鍵が開かないため私が帰ってくるまで長女と一緒に待っていてくれたのだ

ついこの間までランドセルを背負っていた少女が大人のような対応をする

なんとよくできたお嬢さんだろう

彼女の瞳に知性と正義感の強さを感じ取る。頭の中は大人並みに人間が出来上がっている。教養と人格のある両親に育てられたに違いない

この子さえいれば長女は大丈夫

場面緘黙症は克服できると確信した

後から長女から聞いた話では、その子は早生まれ3月後半生まれ。12歳になったばかりであの神対応

やはり両親は有名大学を卒業していたそうだ

顔、言動、立ち振る舞いにその人の人格がでる

責任感が強く親切なEさんが側にいてくれたからこそ長女は場面緘黙症を克服できた

Eさん良い人です。私的にはEさんのような心の美しい人が綺麗な人である

Yちゃん、Aちゃんにしても心が美しい

子供は親の鏡

親が優しく教養のある人格者なのだろう

f:id:jw1972w:20190808002218j:image

私が綺麗と思う人は

小1の時の学級委員Kさんです

勉強、スポーツ、芸術全の教科ができる

真面目で責任感が強いが明るい。そして誰にでも親切で人気者

小1からまるで大人のように人間ができていてできないことはない完璧少女だった

Mさんの神対応

ある日クラスのガキ大将的存在の子が何か悪いことをやらかしクラス中から顰蹙を買う

クラスの何人かがガキ大将的存在のH君を罵り、とりわけ前期クラス委員のYさんがとりわけキツイ言葉で責め立てる

Yさんの言葉にH君は逆ギレし、泣きながらYさんに体当たりする。ジャイアンのように体格の良い男子に体当たりされた 小柄なYさんは泣き出し、クラス全員に非難されて追いつめられたクラスの片隅で一人泣いていたH君

後期クラス委員Sさんが近づいて

「Yさんのあの言い方はないよね。あんな言い方されたら傷つくよね・・・となだめ始めあの猛獣を大人しくさせ

仲裁して仲直りをさせる

人の心を開くには北風より太陽を

人間は皆間違いを犯す

間違いをした事をクラス中で非難するのは理不尽です。怒り、悲しみしか感じません

問題解決にはなりません

間違いをなくすために、これからどうするのか、みんなで話し合い協力し合うものです

Sさんは

最初に共感を示し

心を開き

問題解決を導きました

まだ10歳の子供とは思えない素晴らしい神対応である

今でも大人の彼女の対応に感心している

Sさんも毎年学級委員で全ての教科オールマイティにこなす人格者です

f:id:jw1972w:20190808024558j:image

中3の時クラスで酷いイジメにあっている男の子がいた

前期クラス委員のT君は2学期からイジメにあっている子と一緒の班になり、常にその子がイジメにあわないよう守り庇っいた

イジメにあう子を庇うと、一緒にイジメにあう危険性がある。非常に勇気のある行動です

T君は成績優秀、野球部のキャプテン、小学校では児童会役員を務める。明るく、優しい彼をみな尊敬している

私が後期の体育委員になった時のこと

体育委員は体操の授業にみんなの前に出て体操をする役割があった

私にはみんなの前で体操するのが憂鬱であった

体育が始まると何故かクラスの人気者Fさんがみんなの前で体操してくれた。私は助かったと思った

Fさんは体育の時間に体育委員でないのにみんなの前でずっと体操をしてくれた

今から考えれば場面緘黙症の私がみんなな前で体操するのは酷と考えFさんが代わってくれたのだと思う

なんて良い人なのだろう

クラスでイジメがはじまりそうな時は、彼女は何気にイジメにあった子をフォローしていた

明るく誰にでも優しいFさんはモテモテである

容姿は普通の子だが

特別に勉強とかなにかが際立ったわけではないが

高度なコミュニケーションスキルがある。コミュニケーションスキルに数値をつけるならコミュニケーション偏差値75である

明るくおもしろいことをポンポン言ってみんなを良く笑わせていた

人を魅了するのはその外観ではなくその人のうちからでてくる特質である

昔読んだ童話に娘が出てくる

話すと口から宝石と花がでてくる娘

私にとって綺麗な人は

他人を慮る人

人の良いところを見つけることのできる人

宝石や花のような美しく人を癒す言葉を話す人である

Kさん、Sさん、Fさんみたいな人が綺麗な人で

T君のような人が立派な人である

勧善懲悪の世界観

戦隊ヒーローやセーラームーンみたいな絶対正義が絶対悪を倒す

幼児向けテレビ番組は勧善懲悪である。それは幼児の道徳を育むものである

五歳までの幼児は「善」と「悪」の概念がまだ定まっていない

だから脚本家は、幼児にもわかりやすいように「善」と「悪」を創作する

現実の世界にはあんなわかりやすい「善」と「悪」は存在しない

以前NHKの教育番組で小学生向けに「怪人二十面相」を解説していた先生がいた

小学中学年くらいの子供を集めて

明智小五郎は正義感に溢れる探偵。きっと明智小五郎

子供の時に優しくて、正義感に溢れる人に囲まれていたんだ

と解説する

怪人二十面相について

「どうして彼は悪いことをするのかな」

子供たちに問いかける

「意地悪な人はかりに囲まれたから?」

「うん。きっと生まれ育った過程で哀しいことが沢山あったんだ。それで悪いことをする人になってしまったんだ」

と子供たちと議論していた

完全な悪はいない

人間の行動には理由がある

人間は不完全さ、弱さから間違いや失敗をする

麻原彰晃、女子高生コンクリート事件。日本を震撼させた大事件だ。「鬼畜」といわれたほとんどの犯罪者たちは虐待、ネグレクト、悲惨な幼少期を過ごしある時点までは被害者だった。完全なる「悪」はテレビなどのフィクションの世界しかない

人間は小学校中学年になる頃には、誰かが問題行動を起こす時には

何か理由がある

他人の理解できない行動に対し情処酌量できるようになるほど精神が発達する

ただ、たまに戦隊ヒーロを愉しむ五歳児の精神年齢のまま「完全なる正義」が存在すると信じている大人がいる

完全なる正義が絶対悪を倒す

自分たちだけが正しいと謳う集団は危険である

「完全なる正義」が存在すると信じてる人間は自分たちを絶対正義の側に置く

彼らには自分が正しいと感じる価値観が一つしかない

人間は十人十色であり、価値観は人それぞれ違うこと

f:id:jw1972w:20190808002430j:image

人間は誰しもが弱さや不完全から罪を犯すということが理解できない

そのため

他人の気持ち、感情を慮る感情、寛大さが欠如してしまいがちになる

他人は、世界は、正しい自分の意のままに動いてしかるべきと考えてしまう。これは非常危険な思想出す

学校の人気者、Kさん、MさんFさんは決して美人ではない

卒業アルバムで

「クラスの男子の男子の8割はこの子が好きなんだよ」と言うと皆

「へー性格がいいんだ」 

彼女たちは普通の容姿だが中身の美しさ優しさで人を魅了する

口を開くとお花や宝石のでてくるような言葉を話す。人を慮んばかり、癒し、幸せにする心の美しい人が一番評価される

綺麗な人は信仰のある人でもなく、真の宗教を実践する人でなく、他人を寛大で慮る心の優しい人です。私は子どもに真のクリスチャンでなく、クラス委員たちみたいな聡明で他者を慮る人間になって欲しいのです

f:id:jw1972w:20190809231806j:image

叶姉妹神対応

叶姉妹がマスコミに取り上げられるようになった頃

叶姉妹たちがヤラセ、わざとらしいとマスコミに叩かれていた

ライターの中村うさぎも雑誌で全身整形。ただの綺麗な姉ちゃんとボロクソに書いていた

ある日、中村うさぎ叶姉妹と一緒にお仕事をすることになる

叶姉妹に対抗するため全身ブランドの服を着て撤退的にお洒落をしてきたもの

近くで見る叶姉妹は「ただの綺麗な姉ちゃん」でなく、めちゃくちゃ綺麗で圧倒されてしまった

美香さんに

「すいません。雑誌で悪口を書いてしまって」と謝ると

「お仕事ですもの。仕方ありませんものね。・・・この皺取りクリームとても良いんですよ。差し上げますわ」

皺取りクリームをプレゼントされた

中村うさぎは完敗してしまった

敵に塩を送られたのでなく

敵に皺取りクリームを送られて

皺でもとってまた出直してきな

と対応されてしまった

悪口を言う人にも寛大に接し

さらに塩

皺取りクリームも送る素晴らしい神対応です

美の伝道師   叶姉妹

この方たちは外観だけではない

立ち振る舞いは全て完璧

話す言葉は全て宝石とお花のように美しく輝き人を魅了させる

美しさは内面から溢れるものである

叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

 

叶   恭子さんの名言は芸術レベルに美しいですね

見習いたいです^o^

美の哲学者

他人を慮る優しい心こそが人を美しくする

f:id:jw1972w:20190808024755j:image