正義という名の凶器(正義マン)

f:id:jw1972w:20200120224937j:image

1983  レーガン大統領はソ連を「悪の帝国」と批判

ソ連解体をはじめ東ヨーロッパの共産国は全て民主化

「西側諸国には敵がいなくなってしまったの。今までソ連と東ヨーロッパを仮想敵国として西側諸国は一致団結していたのに。これからはアメリカ様は何を生きがいにして生きればいいの?」

「いいえ、杞憂することはないわ

2001  同時多発テロ

によりアラブのテロリストという新たな仮想敵国かできたから、アメリカ様も安心よ

2002  ブッシュ大統領は「イラン、イラク北朝鮮」を新たな悪の枢軸に仕立てあげたの

イスラム勢力「聖戦」

欧米諸国「テロとの戦い

イラクでは大量破壊兵器を所有したと主張して戦争を起こしたわね。

結局大量破壊兵器が見当たらなかったけど」

「テメェが悪じゃねーかよ」

「『悪』をやっつける正義の大義名分がなければ体裁が悪いの」

Q.なぜ、他者を悪に仕立て上げて正義を振りかざすの?

f:id:jw1972w:20200121104052j:image

A  投影

「人間はみな自分が完全で正義でいたい要求があるの

だけど人間はみな完全じゃないの。みな欠点があり失敗を犯すの

自らの失敗や悪を他人に投げ込んで(せいにして)完全で善で有用な自分になってハッピーになりたい要求があるの

有史以来人間は誰かを犠牲にしてハッピーになろうとしてきたの」

スケープゴート

f:id:jw1972w:20200120191819j:image

古代イスラエルの儀式では、2頭のヤギが使われて一頭は神に捧げられ、もう一頭は人々の罪を背負わされ荒野に追い払われた

魔女狩り

16世紀  ルターの宗教改革以降、新教徒に改宗する人が増えた。対立したカトリックと新教徒はまるで競い合うように魔女狩りをはじめる

「人間は誰かを「絶対悪」に定めてスケープゴートにして集団で「誰か」を攻撃して自分の中が正義になりたい要求があるの」

「問題は解決してないよね」

「問題の先送りよ。だけどスケープゴートされた人たち以外は結束できるし、安心してハッピーになるわ」

戦争の大義名分は古代から自分の中の「内なる悪」を敵国に投影して自分の行動を正当化しているの

ワイドショー、週刊誌の正義

常に誰かを「悪者」にしてネタを作っている。「悪者」がいると視聴率もあがるし、雑誌も売れて会社がハッピーなの。視聴者もストレス解消するの

インターネットの正義

タレント、有名人の不倫や、不正があると一般の人が匿名をいいことに「正義」をあげて撤退に叩き潰す

「ネット炎上ね」

Q.何故インターネットで誰かを叩くのか

f:id:jw1972w:20200121104132j:image

他罰的要求

「叩いた相手が謝罪や干されたら自分の正義と力を誇示できて万能感に浸れるハッピーになれるの

この快感は依存性があるの

確かに一次的に達成感や万能感を感じるけど、自分自身の問題は解決していないから

だから次から次へと誰かを攻撃するの」

「攻撃対象は誰でもいいのね。他人のブログやツイッターを攻撃することもそうね」

選挙で正義

選挙で他罰的要求を満たす

2005  郵政民営化選挙

2009  政権交代選挙

2012  民主党惨敗選挙

2016  小池旋風

20年以上にわたる経済不況

増税

閉塞感

「全て政治家が悪い」と議員を落選させる

自分は安全な所に身を置いたまま、標的をおとしめる

「わかりやすい悪を倒すことによって鬱憤を晴らしているのね」

政治家やタレント

自分がなりたくてもなれないものに対する羨望とやっかみが原因

「叩く」ことにより、自分が人気タレントや政治家より上だと越に浸るため

職場のパワハラ

「正義」を振りかざして吊るし上げる。ただ誰かを攻撃したいだくだけど、聖人君子の振りをして巧妙に攻撃する

イジメ

いじめとは、同一集団の相互作用過程において優位に立つ一方が意識的に、あるいは集合的に、他者に対して苦痛を与えること(いじめー教室の戦いより)

  • 自分より弱い者に対して一方的
  • 身体、心理的な攻撃を継続的に加え
  • 相手は深刻な苦痛を感じている

いじめっ子がイジメをする理由

1.投影

指摘するイジメられる子の相手の性格、態度、問題点は往々にしていじめっ子の中にもある

いじめっ子の中にも同じ欠点がある

2.防衛手段

自分の体験した不快を他人に加え

3.復讐

代理の者に復讐する

「八つ当たり(ある情動を本来向けられるべき対象に直接示すことが不快な場合、無意識に別の対象に移し替える心の動き)」

強すぎる投影

無差別殺人

「誰でも良かった」

無差別殺人者は自殺願望があるの。被害者に投影して自分の「内なる悪」を消し去るの

「八つ当たりね。小学生を殺した宅間も自殺願望があったわね」

置き換え

怒りの人の持ち物にあたる

正義マン

「ワイドショーで煽り運転の男の報道された時、煽り男の隣でガラケーで撮影する連れの女性が話題になったわ

女性の顔はモザイク加工されていて誰かわからなかった」

「女性の顔が猥褻物だったのかもしれないわ」

「するとインターネットの「正義マン」達が「あの女性は誰だ」正体を暴きはじめた。全く別の女性の顔、名前が「ガラケー女」とされインターネットに氾濫したの

間違われた女性のツイッターに煽り男が「いいね」をしたという理由だけで「ガラケー女」て間違われたの。間違われた女性は大変な迷惑を被ったわ

社会的反響のたかさからガラケー女は次の日あたりには名前も顔も公表されてるはず

Q.何故テレビでの発表を待つことができないのか

f:id:jw1972w:20200121104216j:image

情報を誰より早く手にいれ、皆に抜きん出情報の発信源になりたい

大津イジメ事件では、ある女性が「この人がいじめっ子の母親です」インターネットに名前、顔を貼られてしまった。苗字だけが同じだけの女性だった

このように、間違った情報をデタラメを「真理」と信じてしまう人もいます

Q.何故デマを信じてしまうの?

f:id:jw1972w:20200121104242j:image

A.確証バイアス

人間は皆確証バイアスがあって自分に都合よく物事を判断する傾向があるの

疑うことを知らないから信じるわけではありません

その話が自分にとって都合が良いから信じるのです

信じたいから信じるのです

「叩きたいから叩くのね

だからデマをデマと疑わないのね」

原理主義

ヴィーガン  肉、乳製品、動物性を一切とらない人たち

2018  フランスでヴィーガン原理主義者たちが肉屋さんを襲撃した事件が相次いだ

「どんなライフスタイルをおくるかはその人の自由。何をするに自分の範疇のみで行うものよ

我慢している自分が「美徳」と思い込んでいるの。こういう人に限って

『自分と同じようにせよ』と他人に強要してくるの

Q.なぜ原理主義者は押し付けがましいか?

f:id:jw1972w:20200121104322j:image

1.我慢している自分に酔いしてている。我慢=正義と思い込んでいる。自分が正義だから他者にも正しい自分の信条を押し付ける

2.ストレス発散

「極端な原理主義は人生において全て我慢することになる。長期間の我慢はストレスになるの

『私は我慢してるのに。あの人たちは我慢していない。不公平でズルイ』と頭の中で勝手に論理がスライドして、自分と同じ我慢をしない人たちを攻撃してストレスを発散しているの」

「自分からヴィーガンになったよね。自分から我慢するライフスタイルを選択したのに?」

「そう人間は極端な我慢(原理主義)はストレスを感じ耐えられない。だから自分と違う者に対し攻撃的になる」

「『鯨を保護する』

という大義名分で暴力活動をしているグリーピースやシーシェパードににてるわね」

「他人と意見が全て一致するってことはない。あるとしたら北朝鮮みたいな国だわ

原理主義者は自分の主義主張を通すなら『暴力』さえ厭わない

あまり酷いとイスラム原理主義者のように自分と違う信仰を持っているだけで『殺人』さえ厭わなくなるの

自分の信条他人に押し付けるものではないわ」

「彼らの信念は宗教じみてるわ。自分が好きで始めたものなのに他者まで巻き込まないで欲しいわね。まるで子供を連れて布教活動する宗教と似ているわ」

「あれはキリスト教原理主義

140年以上も前から、今すぐ来るこの世の終わりの日を生き延びるために

自分のしたいことは我慢して勧誘活動をしなくてはならないの

自分のしたいことは楽園ですれば良いと洗脳されて

彼らも勧誘中は温厚だけど

異端審問みたいな「排斥」制度があり。配線されたら皆んなで無視するの

子供を精神的、肉体的に虐待して、多くの子供が精神病を発症したわ

140年以上も終わりがこないから、結局一生我慢しなくてはならないから、信者はうつ病だらけよ

人間は一生我慢はできないわ。我慢をしすぎると

人格は荒廃し

他者を慮るゆとりがなくなり

他人に八つ当たりするようになるわ」

「だからエホバ母は子供を虐待するのね」

「たとえ価値観が違っても

お互いの意見尊重できる心のゆとりと

相手の敬意があれば仲良くできるわ」

正義を振りかざす人

「自分だけが正しい人」は

絶対正義「真実が一つの人」のため

白か黒か

全てか0か

的な単純な思考回路しかできないの」

「ようするにばかなのね」

「それは言わない約束よ。このような人は常に自分を正義の側に置いて

独善的な正義を振りかざし常に他者に制裁を与えようとするの。これはイスラム原理主義者やナチス旧ソ連のアパラチクみたいな危険な思想よ

全ての物事にはグレーゾーンもあり、様々な現象や複合的な要因が絡まって存在するもの

原因が一つしかない思考回路は、物事の本質を見極めることはできないわ」

f:id:jw1972w:20191205102910j:image

「人間は自分が「絶対正義」だと確信した人間は自分が「悪」と決めつけた人対して

どこまでも残酷になるの

人類の歴史の中で最も人を殺したのは「悪」と「正義」どちらかなのか

f:id:jw1972w:20191205103241j:image

圧倒的に「正義」の名の下にされた殺人の方が多いのは歴史が証明しているわ

正義と邪悪は紙一重

私たち人間は皆  自分の中に「悪」があると思いたくありません

誰しもが「いい人」と評価されたいの

私たちは皆  不完全です

皆 弱さから間違いを犯します

私たちは皆 自分が知らずのうちに他者を傷つけたり、迷惑をかけてしまうの

だから、他者の不完全や失敗を責める権利はだれにもないの

他者の不完全を赦さなくてはならないわ

正義を振りかざす人は「自分は完全であり、自分に欠点はない」と信じて疑いません

だから問題があると「私は悪くない」と他人のせいにします

まるで自身を神や神の使い手のような振る舞いをします

f:id:jw1972w:20191205103005j:image

このような人は他者に

「正しい私と同じ思想、行動しろ!さもなくばお前は  悪だ  」と間違った思想を周囲に押し付けます

自分の独り善がりの「正義」を信じないという理由だけで

他者を「悪」と決めつけ攻撃をします

「正義」という「大義名分」があれば他人を攻撃することが正当化できるのです

「悪」に仕立て上げられ攻撃される側はたまったものではありません

正義を振りかざす人は他者がありません

自分の信条、価値観のみが「正しい」と信じているから

他者の話は聴いてくれません

攻撃されて傷ついた他者を見ても

自業自得

正義は勝つ

としか考えません

周囲からイジメをしていると見られたら、誰がどう見ても加害者なのに

「私こそが被害者だ」

「なぜ被害者の私をいじめるの?」

と大袈裟に被害者アピールをします

他者に対する同情や罪悪感はありません、常に自分のことだけしか考えません

寧ろ「悪」を成敗した自己に酔いしれます

正義を振りかざす人の正義は歪んでいます

Q.何故  正義を振りかざすの?

f:id:jw1972w:20191205103042j:image

A.マウンティング

正義を振りかざす人は  正義ヅラして他者を貶めたいだけなの

他人を貶めて、傷つけて、不幸にして、自分の下に置き越に浸ることのみが目的です

人間の幸せは地道な行動による自己の向上と達成感です

他者を攻撃しても

自分の評価は上がらないし

自己の向上や成長はありません

むしろ人は離れていきます

この様に他者に気を遣わせる人は

人間的に向上や成長はできないから常に不満を抱えています

ですから彼らは他者を攻撃し他者を貶めることにより越に浸ります

それが終わったら

また次のターゲットを次から次へと探し攻撃をはじめそれを繰り返します

それは不幸の無限ループになり周囲を巻き込むの

話合っても他者の話には耳を貸さず、絶えず他者を攻撃します

  • 口だけ綺麗事を言うが行動は伴わない
  • 全くできもしないことを「できる」と万能ぶる
  • 仕事するフリをする
  • ライバル(他者)の欠点をあげつらい。自分を正義のヒーローに見立てる
  • 常に他者に攻撃しているくせに、自分が攻撃されたら被害者ぶる

正義を振りかざす人は饒舌で綺麗事の大義名分を語り一見「善い人」を演じます

「他者を攻撃することが正義と思い込んでいるのね」

本当に「善い人」は他者を攻撃するのでなく

他者に押し付ける訳ではなく他者を慮る人

新幹線で通り魔に襲われた見ず知らずの女性を身を呈して守ろうとするような立派な人もいまわね

自分が損しても

他者を癒し、親切にできる人

他者から受けた理不尽を許せる人よ

のび太くんはぼーとした子だけど人間として一番大事なものを持っているの

 

f:id:jw1972w:20200114100959j:image

「優しさね」

正義という名の凶器 (ベスト新書)

正義という名の凶器 (ベスト新書)

 

正義という名の凶器より引用

 

 

 

文化と文明

「文化を学ぶわよ」

f:id:jw1972w:20200118181828j:image

文化

「人間が歴史的に作り上げ共有の財産としてきた生活様式をまとめて文化というの」

物質文化  衣食住をはじめとする道具、機械、技術など

制度文化  法や政治家、経済など

精神文化  道徳、学問、芸術、宗教など

下位文化(サブカルチャー)職業、身分、地域などの部分文化

基層文化  伝統文化現代文化までの根底にあって変化しにくい

表層文化  変化しやすい

世界がグローバル化する現代はエスノセントリズム(自民族中心主義)の克服が課題となってるの

他の民族の多様性を認めない自民族中心主義はいけないということよ

文化は絶対的でなく相対的(文化相対主義)であることを認めてマイノリティ(少数民族)にも配慮しないといけないわ

マッカーサーの話

1945年8月30日。パイプを加えたひとりのアメリカ人が日本にやってきました。彼の名は。ダグラス=マッカーサー。戦争に負けた日本を支配するためにやってきた軍人です

f:id:jw1972w:20200119145658j:image

「死んだ兵士=勇敢な兵士じゃないの?」

「これから日本はどうなってしまうのか?」

アメリカの一部になるのか?」

「もしかしたら、戦争に勝った国が日本の土地を分け合い、日本はバラバラにされてしまうのではないか?」

国民がそんな不安を抱える中、マッカーサーによる支配が始まりました。でも結局は日本は日本のままでした

マッカーサーは、憲法を変えたり、軍隊を潰したり、農民に土地を与えたり、誰でも政治家になる資格を与えたりするなど、国の仕組みを色々と変えましたが、これらは全て、多くの国民にとって、ありがたいとことでした

マッカーサーの元には、日本人から50万通もの手紙が届き、日本を救ってくれた事への感謝を伝える手紙も沢山ありました。マッカーサーはこの手紙を大事に持っていたそうです。こうしてマッカーサーは敗戦から日本をよみがえらせてくれた恩人とされ「マッカーサー記念館」を作る計画が持ち上がるほど人気がありましたが、その人気は長くは続きませんでした

日本での任期を終え、アメリカに帰ってからのこと。アメリカの国会で

「ドイツ人は『大人』です、我々アメリカ人が、科学、芸術、文化、宗教において、45歳に達しているとするならば、ドイツも同じくらいでしょう

しかし、日本は、歴史こそ古いものの、教えなければいけないことが多い国です。我々が45歳なら、日本人は12歳の子供のようなものだと言えるでしょう」この発言は日本でも大きく伝えられました。この上から目線発言に日本人激怒

「何様のつもり!」

マッカーサーは、日本が好きという訳ではなく、子供みたいだと、馬鹿にしていただけだったのか」

マッカーサーの人気は一気に冷めてしまったの

マッカーサーはドイツは西洋文化を熟知しながら、ヒトラーみたいな残忍な独裁者を選挙で選び支持した。つまり故意に世界の秩序を乱した

引きこもり(鎖国)をしていた日本は、まだ世界事情に疎く、未熟さ故に戦争を起こした。だから寛大に見るべきだ。子供のようなものだから伸びしろがある。日本が真珠湾攻撃したのも、資源のない日本にとってみれば自衛戦争だったとも述べている

ばかにしたわけではなく、日本を庇っていたという見方もある

この時代、日本は「西洋文化」を取り入れてから百年も経っていない。西洋文化の国から来た人からみたら「子供のようだ」と感じても、仕方ないことだったのかもしれないわね」

「ただし、これは「日本の中の西洋文化」だけを見たときの話よ

日本には、2000年以上の「日本の文化」がある

逆に日本からみたら、国が出来てから二百年ほどしか経ってないアメリカの文化は、逆に「子供」のようなものに見えるの

f:id:jw1972w:20200119145521j:image

「やっぱり上から目線じゃねーか」

f:id:jw1972w:20200119150601j:image

「オマエが侵略者じゃねーか」

「レヴィ=ストローズ(1908〜2009)は未開社会の儀礼、親族関係「野生の思考」にも西洋社会と同じ論理的思考が存在すると見出したの

未開と文明に発展段階の差はなく

どんな国にも、その国だけが持つ文化がある

文化に優劣はない

多様な文化の固有性を理解せず自文化の優越を疑わない者こそ未開人の名に値する。マッカーサー発言は西洋文明の傲慢よ」

「そのことに気づけなかったマッカーサーは、日本人からの信用を失い、ヒーローではなくなってしまったのね」

アメリカに帰ったから関係ないわよね」

f:id:jw1972w:20200119145359j:image

「とっとと帰れ!この老害!」

「私たちはこのマッカーサーの失敗から学ばなくてはならないわ

世界はグローバル化しているの

日本も外国人が増えたわ。外国人との付き合いで

相手の国の文化を理解し、尊敬する気持ちを持つことよ

マッカーサーのように相手の国の文化を上から目線でみることは

その国を上から目線で見るのと同じことです

国を上から目線で見るということは、その人をばかにしているのと一緒です

自分の国を愛する心を「愛国心」というの。人間は誰しもが「愛国心」があるのだから

私たちは、日頃から色々な国に文化に対して尊敬する気持ちを忘れないようにしなくてはならないわ」

「どちらが凄いか」

「何が正しいか」

ではなく、全ての文化には、その文化だけが持つ美しさ、素晴らしさがあるわ。それを知ることは、自分の人生をより楽しく、豊かにしていくことなの」

「文化交流がさかんになる中でカルチャーショック(文化摩擦)を受けたとしても文化に優劣などないことを理解していれば自文化をより高次元にたかめる(文化変容)ことができるの」

エスノセントリズムの問題は国際貢献ともつながってくるのよ

日本はトップクラスのODA(政府開発援助)だけと

ODAがかえって途上国の発展を妨げたり

環境を破壊する開発に利用されたりする可能性もあるの

先進国の一方的な強制にならないようにしないとね」

人道支援としては

青年海外協力隊の派遣や

NGO(民間の非政府組織)

国際的ボランティアの重要性が高まっている

 

 

 

 

 

 

イタリア

メルセン条約  フランク王国分裂

神聖ローマ帝国イスラムに挟まれたイタリアはいくつもの小さな国々に分裂した

f:id:jw1972w:20200114230354j:image

(世界の地図マップより)

1815  ウィーン会議オーストリアが北イタリアのロンバルディアを支配

イタリア各地でイタリア統一独立運動が始まるがオーストリアに阻れる

1820  イタリアの秘密結社カルボナリナポリで蜂起

カルボナリ中部イタリアで蜂起するがいずれもオーストリアに鎮圧

1831  ローマ 青年イタリア党のマッティーローマ共和国を建てる

ローマ教皇の要請を受けたフランスはローマ共和国に侵攻

1849  ローマ共和国はフランスに降伏し崩壊する

サルデーニャ王国

1849  ヴィットーリオ=エマヌマーレ2世

が国王即位

首相カヴールとともに近代化に取り組む

クリミア戦争

ロシアvsトルコ 

サルデーニャはフランスに貸しを作るため

1855  クリミア戦争に参加

出発する兵士にカブールは

「諸君の肩に、イタリアの運命がかかっている」といって送り出した

クリミア戦争勝利

フランスに貸しを作ったサルデーニャナポレオン3世密約を交わす

1858  プロンピエール密約

フランスは15万人の援軍を出兵する

サルデーニャサヴォイアとニースを差し出す

サルデーニャの王の娘をナポレオン3世の嫁に差し出す

1859   イタリア統一戦争

オーストリアvsサルディーニャ、フランス連合軍

1860  ガリバルディ義勇兵「千人隊」を率いてナポリ王国を征服し、サルディーニャ王国に献上した

1861  イタリア王国成立

ヴィットーリオ=エマヌエーレ2世が初代国王に即位

1870  イタリア王国軍が教皇領を占領する

1871   ローマが首都になる

 

 

アメリカ

高級しゃぶしゃぶ食べるわよー

f:id:jw1972w:20200107192040j:image

「第3次世界大戦が起こりそうなアメリカから学ぼう」

1732  13植民地成立

1755〜63  フレンチ=インデアン戦争

😁イギリスvsフランス、インディアン

この戦争でアメリカはイギリスのものとなるが戦争の費用回収のためアメリカに次々と税を課した

1773  イギリス茶の販売を独占する

反発したアメリカはインディアンに変装してイギリスの船に乗り込み茶葉を海に投げ捨た(ボストン茶会事件)

f:id:jw1972w:20200107101938j:image

それ以降アメリカ人はコーヒー派になった

イギリスボストン工業都市封鎖

1775    独立戦争

トマス=ペイン  著書「コモン=センス」完全な独立だけがアメリカの自由を保障するがベストセラーになる

1776   7月4日  独立宣言

全ての人は生まれながらにして平等であり

生命

自由

幸福を追求する権利が与えられている

政府がそれに反する時は、新たな政府を打ち立てることができる

独立宣言に感銘を受けたヨーロッパ諸国。各国から義勇兵が集まる

フランクリン外交官はフランスにアメリカ支援要請

1778   フランス、スペインが参戦

ロシア女帝エカテリーナ2世は武装中立同盟を呼びかけイギリスは孤立

1783    パリ条約 アメリカ独立

f:id:jw1972w:20200107102153j:image

1789    ワシントン初代大統領

1803    ルイジアナ買収

1812    英米戦争

1819    フロリダ買収

1823    モンロー宣言

インディアンを虐殺しアメリカの土地を広げた

1829    ジャクソン大統領に就任

インディアンの強制移住

1846    米墨戦争

😄アメリカ🇺🇸vsメキシコ🇲🇽

1848   ゴールドラッシュ

対立

アメリカ北部  工業vsアメリカ南部  大規模農場

1852   ストゥ夫人の 「アンクル=トムの小屋」出版。奴隷制度反対の世論が高まる

1860  リンカーン(共和党)が大統領 就任

Q.リンカーン大統領、実は奴隷解放はさほど乗り気でなかった

A.大統領就任式のスピーチ

「私は、幾つかの州に現存する奴隷制に対して、直接的にも間接的にも介入する目的など全く持っておりません。介入する法的権利は全くないと信じていますし、そうする意図も全くありません」

この声明は、奴隷解放を期待した有権者を大いに落胆した

1861    南北戦争

北部は

1862    ホームステッド法

アメリカ西部の未開発の土地を開発したら土地を貰える。北部の土地が広がる

イギリスは南部に接近。イギリスが南部と手を組む前に

1863    奴隷解放宣言

「私たち北部は正義の戦いをしている」というアピールを海外にする。人道主義からではなく、戦争に勝つ戦略として奴隷解放宣言をしたのだとも言われている。工業地帯の北部にとって、南部の奴隷たちは格安で魅力のある労働力でもあった

世論は大義名分を発表した北部についた

1865    ゲティスバーグで北部が勝利

f:id:jw1972w:20200107102234j:image

南北戦争終結

リンカーン暗殺

1867    アラスカ買収(ロシアから)

😋アメリカvsスペイン戦争

キューバ🇨🇺がスペイン独立をアメリカが支援してスペインと戦争した

スペインに勝利したアメリ

フィリピンとグアム獲得

キューバ保護国として外交、軍事の権力は掌握していた

門戸解放宣言(中国の市場開放)宣言

カリブ海を支配

セオドア=ローズヴェルト(共和党)

反トラスト法(独占禁止法)

棍棒(こんぼう)外交  

軍備をチラつかせ、カリブ諸国が自発的にお金を払うように仕向け帝国主義を進めた

また、お金を貸し付けて、その利息をもうける

パナマ運河の利権

ロッコ事件(1905)

日露戦争(1904〜1905)を調停した功績でノーベル賞受賞

ウッドロー=ウィルソン大統領(民主党)

女性参政権

関税引き下げ

禁酒法

1914    第一次世界大戦ではアメリカは中立の立場をとる

1916  イギリス客船ルシタニア号がドイツ潜水艦に撃沈

「勝利なき平和」をスローガンに参戦

第一次世界大戦が終了

ウィルソン大統領

「十四カ条の平和原則」発表

1919年  パリ講和会議

戦勝国の代表32か国が参加した

ウィルソン大統領は

敗戦国の代表が参加できないことに対し一方的に敗者を裁くことに対しフェアでないこと

戦争に勝った国が敗者から一方的に罰したり、利益を得るべきではない 

過酷な要求は恨みを生み、それがやがて次の戦争の火種ななる

と力説する

「素晴らしい演説だわ」

ところが利権を得たい

🇫🇷 クレマンソー首相

🇬🇧 ロイド=ジョージに押し切られた。結局

🇫🇷  🇬🇧はドイツに過酷な制裁を加えた。現実を無視した天文学的賠償金を要求

国際連盟 提案したウィルソンはノーベル賞平和賞

1920  国際連盟発足(本部 スイスのジュネーブ)

アメリカの議会は、孤立主義路線であり、言い出しっぺなのに国際連盟に加入しなかった

戦勝国は更に軍拡競争をはじめた。軍拡競争に歯止めをかけるため

1921  ワシントン会議

アメリカ、イギリス、日本の軍艦の比が

5・5・3

に決まり

日本は21カ条の要求を破棄させられた。日本不満

この国体制を

ワシントン体制

第一次世界大戦の特需から

世界経済の中心がロンドンからニューヨークに移る

金ピカの時代

1927  リンドパークが大西洋無着陸横断飛行成功

株を買えば数年で倍になる

銀行に預けるより得なため人々はこぞって株に投資した。企業は設備を整え大量生産をおこなう。新富裕層の株長者成金が出現しはじめた

作家マーク=トゥエンはこの時代を「金ピカの時代」と表現した

1929  パリ不戦条約が調印

世界は平和で豊かになった

1929  10月29日  世界大恐慌

供給より需要が多くなりすぎたのが要因

株価は大暴落

株は紙切れになった

4分の一が職を失う

フーヴァー大統領はフーヴァーモラトリアムで恐慌を抑えようとしたが効果はなかった

32代大統領 フランクリン=ローズヴェルト就任

ニューディール政策

農業調整法(AAA)

全国産業復興法(NIRA)

公共事業(TVA)

ニューディール政策は大して効果はなかった

第2次世界大戦の参戦による軍事費の増加でアメリカ経済は復活した

善隣外交 カリブの国々に干渉せず、友好でな外交

ソ連を承認

第2次世界大戦

連合国を支援する

1941  近衛文麿内閣は日米開戦を避けようとアメリカと交渉していた

ABCD包囲陣日本兵糧攻め

「海外の資産まで差押えられ日本身動きできない状態よ

このままでは日本は滅びるか、半植民地になるしかないの」

アメリカの国務長官ハル、アメリカの最終あん(ハル=ノート)を提示。ハル=ノート

「ノートの内容はあまりにも日本に不利な条件。日本を先制攻撃させるための挑発よ」

日本は開戦を決意した

1941 12月8日  真珠湾攻撃(山本五十六率いる第1航空艦隊)

12月10日  マレー海域イギリス戦艦撃沈

1942  1月  フィリピン マニラ占領。マッカーサー司令官はフィリピンから逃亡

f:id:jw1972w:20200119144447j:image

6月  ミッドウェー海戦から日本劣勢

敗因  暗号が解読されていた

神風特攻隊という人間ミサイル登場。イスラム原理主義者の人間爆弾のはしりである

1943  マンハッタン計画

極秘でおこなわれた(原子爆弾開発)

7月16日  世界最初の核実験「ガジェット」成功

ニースル=ボーア(核物理学者)は「核で世界が滅びる。やめるべき」と反対した

ヤルタ会談

ソ連に日本を攻めろとそそのかす

4月 ルーズベルト心臓発作で死亡

トルーマン大統領

1945  7月 ポツダム宣言を日本に提案

日本は黙殺

1945  8月6日  広島に原爆投下

8月9日  長崎に原爆投下

ソ連不可侵条約を破り参戦

8月15日  日本無条件降伏

冷戦

 

 

トルコ

f:id:jw1972w:20200106201608j:image

トルコ帝国を学ぼう

オスマン=トルコ帝国

ビザンティン帝国を滅ぼし、バルカン半島を支配し、ヨーロッパを恐怖させた帝国

海戦でスペインに負け

第2次ウィーン包囲に負けハンガリーを失う

オスマン=トルコ帝国はモザイクのように崩壊していく

f:id:jw1972w:20200106221523j:image

崩壊する帝国 

原因

  • 産業革命の欧米の大躍進
  • ロシアの南下
  • 多民族の独立

ワッハーブ派サウード家と協力して

ワッハーブ王国(サウジアラビア)設立

1774  ロシア(エカテリーナ2世)に破れクリミア半島を失う

ナポレオンエジプト侵攻

ナポレオン軍を追い払ったムハンマド=アリーをエジプト総督に任命

1789  フランス革命

ヨーロッパの人々はナショナリズム(国民国家の独立)に目覚める

ギリシアオスマンからの独立を要求

1827  イギリス、フランス、ロシアはギリシアを支援

イギリスの詩人バイロン卿は義勇軍をつくり自ら独立戦争に参加

1830  ギリシア  オスマン帝国から独立

1831  😃エジプトvs😨トルコ

エジプトにシリアを取られる

「エジプトが強くなり過ぎたら困る」ヨーロッパ諸国は

1840  4か国条約

アリー一族の王権認めるからシリアはあきらめ条件で

エジプト独立

1839  タンジマート(アブデュル=メジト1世の改革)

ギュルハネ勅令

宗教を問わず全ての人は法のもとに平等である

タンジマートは理想と現実はかみ合わず大改革にはならなかった

ロシア南下

ロシアはギリシャ正教保護を口実にオスマン帝国に侵入

本音は凍らない港を得るため

1853  クリミア戦争

ロシアvsオスマン=トルコ

ロシアが凍らない港を与えたら自分たちが危ないとイギリス、フランス参戦

イギリス、フランスの援助で負けずに済んだ

外国からの借金と

次の皇帝アブデュル=アジスの独裁者の浪費家

大宰相(サドラドム)ミドハト=パシャ解任

1875 財政破綻

ヒュセイン=アブニがアブデュルアジズ退位させた

ムラト5世即位

5日後朝 アブデュル=アジズが自室で遺体となって発見

会議中に若い陸軍将校が乱入し銃乱射ヒュセイン=アブニ死亡

3ヶ月後ムラト皇帝ノイローゼになり退位。ムラト5世の弟

1876  アブデュルハミト2世即位

タンマード第2弾

ミドハト=パシャの改革

憲法作成

アジア初の憲法

ミドハト憲法

専制政治をのぞむアブデュルハミト2世にとって憲法改革を推進するミドハト=パシャは邪魔な存在だった

1877  ミドハト=パシャは追放され処刑

アブデュルハミトは議会を解散

バルカン半島独立運動

ロシアvsトルコ戦争

イギリスの支援が受けれず負けた

専制政治に戻る

1878  サン=ステファノ条約を結ぶはめになる

ルーマニア🇷🇴

セルビア🇷🇸

モンテネグロ🇲🇪

独立

ボスニアヘルツェゴヴィナ自治権付与

ブルガリア公国建設

ロシアはブルガリア公国の港を利用することにより凍らない港入手

ロシアが不凍港を入手すれば、世界のパワーバランスが崩れる

🇬🇧  🇩🇪干渉して

1878  ベルリン条約

ブルガリア公国を縮小

ボスニアヘルツェゴヴィナオーストリア支配下

ロシア不凍港は断念

バルカン半島の利権をめぐりヨーロッパ諸国は争う

f:id:jw1972w:20200106185555j:image

三国同盟  ドイツ、イタリア、オーストリア

三国協商  ロシア、イギリス、フランス

ボスニアヘルツェゴヴィナオーストリアに併合された

1908  青年トルコ革命

により憲法復活

オーストリアボスニア.、ヘルツェゴヴィナ地方併合

ゲルマン民族  オーストリア、ドイツ

スラヴ民族  東スラヴ ロシア

南スラヴ  セルビア

西スラヴ   ポーランド

f:id:jw1972w:20200106222649p:image

1912  バルカン同盟

ロシア、セルビアブルガリアギリシアモンテネグロ

バルカン戦争

😃バルカン同盟vs🥶トルコ

オスマン帝国はモザイクのように崩壊した

f:id:jw1972w:20200106201346j:image

1914  サライェヴォでセルビアの青年がオーストリア皇太子暗殺

第一次世界大戦

ロシア嫌いのトルコは同盟軍につく

1914〜1918  第一次世界大戦でドイツ側につき敗戦

f:id:jw1972w:20200106222719j:image

1919  ギリシア軍の攻撃を受ける

1920  セーブル条約

軍の縮小

領土を失う

植民地のような扱いを受けた

ムスタファ=ケマルはセーブル条約に反対するため

大国議会を開く

臨時政府を立ち上げた

ギリシアと戦い、国外へ追放した

1923   トルコ共和国宣言

ケマルは初代大統領に就任して近代化を推し進めました

1923  セーブル条約を見直した、ローザンヌ条約が結ばれた

ケマルはアタテュルク(父なるトルコ人)の尊称を受けました

Q.オーストリア皇太子は何故、ヨーロッパの辺境に位置するサライェヴォで命を狙われたのか

f:id:jw1972w:20200106185537j:image

サライェヴォを首都とするボスニア・ヘルツェゴヴィナは400年間オスマン=トルコに支配された

ベルリン条約によりオーストリアの支配に移された

オーストリアボスニアに軍隊をおくりこみ軍政をしきました

ボスニアは、イスラム教徒、セルビア正教徒、カトリック教徒が住み

宗教的、民族的なにも複雑な地です

1908  オーストリアボスニアを併合、支配されると

オーストリア支配の解放を求める気運が、青年を中心に高まります

「青年ボスニア」という反オーストリアボスニア解放を求める組織が結成された

彼らにしてみれば、皇位継承者を殺害することでしか解放を成し得ないと、切羽詰まった考えがあったのです

「洗脳ね」

第一次世界大戦後、ボスニアユーゴスラビアの一部となります

プリンツィプがピストルを発射した場所には、彼の足跡が刻まれて記念館も建設され、近くの橋はプリンツィプ橋と名付けられます

ユーゴスラビア解体後、ボスニア独立の是非を巡り内戦が起こります

イスラム教徒の街となったサライェヴォでは

プリンツィプは解放の英雄ではなく、セルビア民族主義者としてみなされ、足跡、記念館は撤去され、橋の名称はラテン橋になりました

「時代とともに歴史の評価は変わっていきくのね」

f:id:jw1972w:20200106185744j:image

 

 

 

 

 

 

不安と不満を煽る人2(ファシズム)

ヴェルサイユ条約

全ての植民地没収

軍備の制限

天文学的賠償金

2010年10月3日に返済

ドイツを封じ込めたいのが本音

ドイツはヴァイマル共和国として再出発する

賠償金を支払えないドイツに対し

フランス、ベルギーはルール工業地帯を占領し物資不足に陥る

仕方なくドイツ政府は紙幣を印刷し続けてた

物資不足と紙幣の供給により

戦後10年間で物価ぎ1.2兆倍のインフレーションが起きる 

f:id:jw1972w:20200104203759j:image

アメリカの介入

ドース案

アメリカがドイツ企業にお金を融資する

ドイツの経済が好転したらドイツはその儲けをイギリス、フランスの賠償金の支払いにあてる

イギリス、フランスはアメリカに借りたお金を返済する

アメリカの資金が回り回ってま賠償金の返済と借金にあてられ、どの国にとっても好循環になる

ドイツ企業はアメリカの借金があるが賠償金よりはマシである

アメリカの介入により、フランスルール占領、インフレは収束する

ロカルノ条約

ドイツが軍事行動を起こさない約束で

ドイツ国際連盟加入

不戦条約の締結

軍縮条約

世界は平和に向かう

1929  10月24日  世界大恐慌

ニューヨーク株式市場大暴落

f:id:jw1972w:20200104203745j:image

企業は銀行や株主から借金をして商品を生産している

アメリカ企業は商品を作りまくったため商品の飽和状態になり売れなくなった

商品が売れなければ企業は倒産する

銀行も貸したお金が回収できず倒産する

会社が倒産したら株券はただの紙。資産を失う人が数知れず

銀行と企業が連鎖倒産を起こした

アメリカ失業率25%

ニューディール政策(新規巻き返し政策)

を掲げた

民主党  フランクリン=ローズヴェル大統領就任

生産調整

公共事業

作りすぎた農産物を国が買い取る

持てる国の経済対策

イギリス、フランス

ブロック経済

他の国には高い関税をかけ自給自足に切り替えた

失業率の増加から労働者よりの政権が誕生した

ソ連は経済政策で、作りすぎにならず恐慌になりにくかった

計画経済は失敗して餓死者が何百万人もいたが恐慌にはならなかった

一方持たざる国はファシズムに走る

ファシズム(全体主義)

侵略主義の独裁国家。民主主義の反対

権力で民衆を押さえつけ個人の自由や権利よりも国のためを第一に優先。語源ファスケス(斧を棒で束ねたもの)団結、結束を意味する

不安定な世界情勢により

まず国民が不安になる

不安から現在の体制(現政府)に不満を抱く

「この苦しい状況を俺がなんとかしてやるから俺の言うことを聞け!」

と独裁政治をする

イタリア

イタリアは第一次世界大戦戦勝国でありながら、植民地が得られず国民の不満が高まった

国民の不満を解消したのが

ムッソリーニの創設した

1919  ファシスト党だった

ムッソリーニ

少年時代から乱暴者。社会主義運動に参加。大変弁がたつ。演説で大勢の人を惹きつけ

1922  ローマ進軍し独裁政治

アドリア海の都市フィウメを占領し、アルバニア保護国

1935  エチオピアを併合して国民の不満をそらしす

イタリア降伏後に銃殺

ソ連

1924  レーニン病死

後継者トロッキーを押しのけスターリン書記長に就任

メキシコに亡命したトロッキー暗殺

1933  キーロフ書記長に就任が暗殺され

スターリンは書記長に返り咲く

ソ連共産主義(平等)謳いながらスターリン独裁の恐怖政治

個人の意見

言論の自由もなく

粛清された人間は数百万人にも及ぶ

ソ連共産主義ファシズム化となった」

「反対者は全て消す。独裁者の手口ね」

日本

1927  金融恐慌

1929  世界大恐慌

銀行、企業の倒産国民は不安を感じ現政権に不満が高まる

軍部は大陸へ進出することにより国民の不満をそらそうとした

軍部クーデター

1932  5・15事件

犬養首相は満州国の承認を渋っていた。「売国首相けしからん」と首相官邸に乱入した青年将校たち

「話せばわかる!」

「問答無用!」

「問答無用というのは、ファシズムの第一歩よ」

「相手の意見を聞くのが民主主義の第一歩だからね」

「事件を起こした将校たちは軽い刑で済まされたの。この5・15事件からあとは総理大臣は軍部と同じ考えを持つ人しかなれなくなったの」

1936  2・26事件

尊皇討奸(天皇を敬い、悪をくじく)を合言葉に青年将校たちは永田町一帯を占領しクーデターを起こす

三人の大臣を暗殺

昭和天皇ドン引き

天皇は激しく非難

賊軍となった反乱軍3日で鎮圧

17人死刑

「この事件以降、内閣は軍部の傀儡になったの。ファシズム内閣の始まりよ」

ドイツ

1889 アドルフ=ヒトラーオーストリア=ハンガリー帝国のブラウナウ=アム=インで税関事務官の子として生まれた

DAP(ドイツ労働者党)の集会に参加したアドルフ=ヒトラーは演説の上手さを認められDAPの党員となる

アドルフの演説は多くの人が惹きつけられDAPは党員を増やす

1920  NSDAP(国民社会主義ドイツ労働者党)ナチ党に改名

1921 ロンドン会議で正式にドイツの賠償金が決められた1320億マルク(国家予算20年分)

インフレが国民を襲う

国民は無策な共和国政府に不満になる。そんな国民の不満を解消したのが

ヴェルサイユ条約の破棄と

ドイツ人こそ優れた民族であると訴える

ヒトラー率いるナチ党だった

1923  ナチスミュンヘン一揆を起こし現政権を倒そうとしたが

1日で鎮圧されヒトラーは反逆罪で裁判にかけられた

ヒトラーは法廷で熱弁を振るう

新聞にヒトラーの裁判演説が掲載されると国民にはヒトラーを逮捕した現政権が悪にみえた

ヒトラーはますます国民の支持を得る

当時のドイツの法律は反逆罪は終身刑ヒトラーは快適な刑務所に禁錮され僅か9ヶ月で釈放された

ヒトラーは獄中でルドルフ=ヘスに自分の考えを口述筆記させ

我が闘争を出版

ヒトラーは釈放ののちに精力的に演説を開始した

ヒトラーの危険性に気づいた政府は演説を禁じた

1925  親衛隊を組織

1929  世界恐慌

ドイツ国民の不満が再び高まった

ヒトラーしかこの状況を打破できない

ドイツ国民は熱狂し、選挙のたびにナチ党は議席を伸ばす

1933  国会議事堂火災

共産党の仕業とされ、共産党員は逮捕された

国防総司令官エルンスト=レームをはじめ1000人ほど虐殺

 全権委任法

によってヒトラーの独裁政治が始まる

Q.ドイツ国民はナチスを何故熱狂的に支持したの?

f:id:jw1972w:20200104202035p:image

A.プロパガンダ(特定の思想や行動を誘導させる宣伝活動)

1.宣伝

ナチ党大会

「ニュンベンブルクのナチスの党大会では

一つの民族

一人の総統

 一つの帝国

というスローガンが掲げられていたの」

「何かの宗教みたいね」

2.オリンピックを政治利用

1936  ベルリン=オリンピック

国民啓発大臣のヨーゼフ=ゲッペルスの案

3.演説

ヒトラーは演説の名人

身振り

シンプルに繰り返す

人間は刺激的な短い言葉の繰り返しに陶酔(洗脳)しやすい

夕方に演説

照明効果

夕日を背に向けて演説、夕日が沈むと四方からスポットライトを当てる

人間は1日の疲れで夕方は判断力が低下しやすくマンイドコントロール受けやすい

4.選民思想

ドイツ人は優れていると選民思想を植え付けた

5.仮想敵

優れたドイツ人の対極に 評判のよろしくないユダヤ人を劣等民族として置き、ユダヤ人排除を謳う

第一次世界大戦で自信を失ったドイツ人たちはヒトラーの演説で励まされ熱狂した

6.制服

制服で役職、階級、権限を識別

共同意識

個性の排除

7.アウトバーン(高速道路)とフォルクスワーゲン

自動車専用道路を作る公共事業により雇用回復

車を庶民でも購入できるよう命じた

カエサルアントニウス

独裁者は演説でローマ市民を熱狂させた

歴代の教皇は演説で騎士を聖地に向かわせ

リンカンに至っては同じ国民同士を戦わせた

演説こそが歴代を動かし!

英雄を生み出す

独裁者は常に民衆の熱狂から生まれる」

f:id:jw1972w:20200104204126j:image

1933  ヒトラー総統就任

ヴェルサイユ条約破棄

1936  ラインラントに軍を進駐

スペイン

プリモ=デ=リベラ(ブルボン朝)による独裁政治

1929 大恐慌により国は混乱

1931  スペイン革命

新共和国政府

1936  スペイン人民戦線結成

サーニャ内閣成立

フランコカナリア諸島に左遷

フランコロッコで反乱  ファシズム体制を取る

1939  ドイツ、イタリアはフランコ支援

ゲルニカをはじめスペイン空爆

ファシズム フランコの勝利

スペイン国際連盟から脱退

誰がために鐘はなるの世界

世界名作映画全集 誰がために鐘は鳴る [DVD]

世界名作映画全集 誰がために鐘は鳴る [DVD]

 

 

1936  三国防共協定 🇩🇪 🇮🇹 🇯🇵

イタリア国際連合脱退

1938  ナチス オーストリア併合 

Q ヒトラーに対しイギリスフランスは画期的な対抗策を取った。その対抗策とは

A、宥和政策(ゆうわ)

「大目にみること。何もしないことよ」

「放置プレーじゃん」

「当初のイギリス、フランスの宥和政策がファシズムを拡大させたと言われているわ」

10月 チェコスロバキアズデーテン地方侵略

11月  ユダヤ人襲撃

1939  ミュンヘン会談🇩🇪 🇫🇷 🇬🇧 🇮🇹

ドイツの要求が認められ、ドイツチェコスロバキア解体 保護国とした

独ソ不可侵条約(ポーランド分割案含む)

1939 9月1日 ドイツ、ロシア  ポーランド侵攻

ポーランド分割イギリスフランスは宥和政策をやめドイツに宣戦布告

第2次世界大戦始まる

グダグダのイギリス  チェンバレン首相辞任

戦争屋 チャーチル

チューチル(1974〜1965)第一次世界大戦海軍大臣として活躍、戦車を開発したことでも知らされている

1940  チャーチル首相就任

5月10日  ナチス ベルギー、オランダ、フランスに侵攻開始

6月14日  パリ占領

🇫🇷   フィリップ=ペタン ヴィシー臨時政府成立(ナチスの傀儡政権)

ド=ゴール准将はイギリス亡命。ロンドンに亡命政権・自由フランスを結成しラジオ放送を通じてフランス国民にドイツへの撤退抗戦を呼びかけた

フランス人はレジスタンス運動で抵抗した

1940  ドイツ空軍はイギリス空襲

イギリスは最新鋭のレーダーでドイツを察知し迎え撃つ

ムッソリーニ参戦

エジプト、ギリシャ

イギリスはアフリカに軍を派遣

ヒトラーはイギリスでもアフリカでも成果が挙げられなかった

ヒトラーイギリスを諦め

1941 6月 独ソ不可侵条約を破棄しソ連に奇襲(バルバロッサ作戦)

チャーチル スターリンに協力を約束する電報を送る

ナチス=ドイツは、第一次世界大戦のドイツと同じ間違いをした。東西の敵と戦おうとした

先の大戦と同じ結末がヒトラーに近づいてきた

スターリンは前線の兵士の後ろに銃を構えた督戦隊(とくせんたい)を置き 兵士たちを突進させる画期的な戦法で抵抗(突進しなければ後ろから自国の仲間に撃たれる)

「ドイツ軍に突進するか、自国の兵士に背後から撃たれるかの2つの選択肢があるの」

命がけのソヴィエト軍の攻勢にドイツ敗北 撤退

1941  12月 日本真珠湾攻撃

アメリカ参戦

この報告を聞いてチャーチル

「これでこの戦争は勝てる!」と喜こんだという

1943  連合軍 イタリア シチリア島に上陸

ムッソリーニは失脚

1943  カイロ会談

日本の無条件克服を求めた

1944 6月6日 ノルマンディー上陸作戦

1944 7月20日  ドイツ軍将校による反乱   ヒトラーは爆弾で命を落としかける

8月24日  パリ奪還

フランス臨時政府にド=ゴールが就任

1945  4月25日 ソヴィエト軍によりベルリンは完全に包囲

ヒトラー結婚した翌日自殺

5月2日  ソヴィエト軍 ベルリン占領

ホロコースト

意味 ユダヤ教神殿に捧げる焼いた羊などの捧げもの

f:id:jw1972w:20200104204211j:image

ナチスは収容所を作る

最初は政治犯や犯罪者だったが、ユダヤ人、ロマ、同性愛者などが送り込まれた

強制収容所に送り込まれた者は3つに分けられた

1.強制労働をさせられる人

2.人体実験に使われる人

3.価値なしとみなされた人

価値なしの人はガス室に送られた。強制労働の人々も劣悪な環境下におかれ約数百万人ほどが亡くなった

f:id:jw1972w:20200104202124j:image

 

 

 

帝国主義

f:id:jw1972w:20200103222717j:image

帝国  複数の地域や民族を支配する国家

ヨーロッパ諸国が世界に支配地域を広げた理由

経済的理由

国内産業の保護

産業革命

石炭をお湯で沸かして蒸気を取り出し、その力で機械を動かしてモノを生産する

20世紀  第2次産業革命

石炭は石油に

蒸気は電力に

モノを作る機械を作るようになります

材料、設備投資にお金がかかっているため商品が売れなければ倒産してしまいます

資本家にお金を貸し付ける銀行も会社が倒産したら、貸したお金を回収できず倒産してしまいます

第2次産業革命以降、資本家はハイリスク ハイリターンになります

植民地を獲得すれば、新たな 商品の売りつけ先(市場)、原料の供給先が必須

植民地が獲得できなくば、ライバルの国に先を越され、国内の企業は倒産し、社会不安、革命がおこります。欧米諸国は躍起になって「われ先へと」と植民地を獲得競争をします

「経済の発展が植民地を拡大する帝国主義につながったのね」

イギリスとフランス

20世紀初頭

イギリスは70か国

フランスは30ヶ国

を自国の領土にしていた

現在、世界に190の国が存在する。フランス、イギリスだけで世界の半分の国を所有したことになる

世界に先駆けて産業革命を達成し、莫大な資金を手に入れたイギリスの資本家は資金を他国に貸し付けることで儲けていた

イギリスのシティは世界金融の中心となり

イギリスは「世界の工場」から「世界の銀行」と言われた

フランスは「高利貸し帝国主義」と呼ばれた

大英帝国

イギリス東インド会社

1757  プラッシーの戦い

でフランスを破ったのを皮切りに次々にインドの国々を侵略していく

イギリスの安い機会綿布にインドの綿布産業は荒廃し貿易赤字

更に東インド会社の重税により経済は停滞

不満になるインド人

1826  シンガポール、マラッカ、ペナンを植民地とした

インド人の不満爆発

1857  シバーヒー(インド人傭兵)が反乱

シパーヒーはムガル皇帝バハードゥル=シャー2世擁立したが、統一的な目標、指揮系統もなく、イギリスにより鎮圧

反乱の責任を取り東インド会社は解散

ディーズリー首相は

1875  スエズ運河エジプトから買収(ディーズリー首相)

1877  インド帝国(ヴィクトリアが女王)

1886  ビルマ戦争で勝利しビルマ併合

アフリカ縦断政策

チェンバレン首相

オーストラリアとニュージーランド自治領と宣言

1899  南アメリカ戦争

フランス 

ベトナム進出

ベトナム阮朝(げんちょう)はキリスト教弾圧

これを口実にフランス出兵

ユエ条約によりベトナム保護国とした

1887  フランス領インドシナ連邦

1889   ラオス編入

アフリカ横断政策

オランダ

16世紀末  ジャワ島に拠点を置き、香辛料貿易

1623   アンボイナ事件でイギリスをインドネシアから追い出した

強制栽培制度により大きな利益を得た。植民地の人々は飢饉に苦しんだ

ドイツ

ミクロネシア諸島を獲得

アメリ

スペインからフィリピン、グアムを奪い

ハワイを併合

アフリカ分割

アフリカでイギリスの宣教師リヴィングストン失踪

リヴィングストンを探したスタンリー

により

アフリカは

金、銅、ダイヤモンドが取れる資源豊かな国とわかった

ベルギー🇧🇪がコンゴを私有地にした。列強国は猛反発

「よその国を武力で植民地にしたのよね非難されて当然よね」

1884  ビスマルク主導のベルリン会議(ベルリン=コンゴ)

アフリカの分割ルールが決められた

『早く支配した国のモノになる』

早く占領しなければ他の国にとられてしまう

ヨーロッパ諸国はバーゲンセールを争う主婦のように植民地を取り合った

1899  南アフリカ戦争

😋イギリスvsブール人(ケープ植民地に住むオランダ系の人)

1910  南アフリカ連邦形成

イギリス

3C政策(カイロ、カルカッタ、ケープ)を進むた

アフリカは

リベリア🇱🇷とエチオピア🇪🇹を以外の国が植民地とされた

アジアは

日本とタイ以外は植民地とされた

タイ(ラタナコーシン朝)

チュラロンコン(ラーマ5世)は自国がイギリス領とフランス領の中心にあることを利用して両国と上手く立ち回り独立を保った

近代化政策と自由貿易政策も行った

1898  ファショダ事件

スーダンのファショダで🇬🇧アフリカ縦断政策と🇫🇷アフリカ横断政策が接触する

フランスが譲り危機は回避した

Q.なぜフランスはイギリスに譲ったのか

A.フランスにとって一番の敵はドイツでありイギリスと衝突して敵を増やすのはドイツの思う壺と考えた。これがのちに

1904 三国協商につながります

バルカン半島

オスマン=トルコ帝国に約400年間支配されるが

産業革命、植民地政策を起こしたヨーロッパ諸国の台頭により

オスマンは帝国を維持する力を失いバルカン半島の国々が独立していきます

様々な宗教、民族の入り混じった複雑な地域ですから紛争が絶えません

主に

スラブ民族

ゲルマン民族

が対立していました

更にこの地域を

ロシアは南下ルートに

ドイツの3B政策(鉄道ルート)に利用したいともくろんでいました

ドイツ、イタリア、オーストリア

三国同盟を結成

対抗した

ロシア、イギリス、フランスは

三国協商

スラブ系の国々は

バルカン同盟結成

このように第一次世界大戦の下地が出来上がりました

1914 サライェヴォ事件

セルビアの青年がオーストリア皇太子夫妻暗殺

1914〜1918  第一世界大戦

タンネンブルクの戦い(塹壕戦)

1915  イーブルの戦い(ドイツによる世界最初の毒ガス兵器)

戦車

航空機

潜水艦

市民まで犠牲になった

ドイツ無条件降伏

ヴェルサイユ体制

パリ講和会議によって作られた世界秩序

民族自決

フィンランド

ポーランド

ハンガリーなどが独立

14か条の条約

ヴェルサイユ条約

アメリカのウィルソン大統領の提案で

国際連盟の設立

アメリカ議会の反対によりアメリカが加盟出来ず、名前だけの集団になってしまった

オーストリア帝国ドイツ帝国  解体

帝政ロシアは革命により皇帝一家処刑。不気味な社会主義の国になる

イギリス、フランスは戦勝国となったもの、戦争で多額の負債をアメリカに負い没落していく

世界の盟主アメリ

が誕生する

1921  ワシントン会議(アメリカ主導)

ワシントン海軍軍備制限条約

ワシントン体制

1928  パリ不戦条約が調印される

1929  世界大恐慌

バブル景気

チューリップバブル

1600年初期  オランダ

突然変異で紫と白のしま模様のセンペル=アウグストゥス(永遠の皇帝)というチューリップの品種の球根の値段が現在の価格で1000万〜2000万で取り引きされていた。一般の農民、職人までもが、家畜や家財を元手にして売り買いをしていた

1637 2月  チューリップの価格が大暴落した

南海泡沫事件

1771  イギリス政府の創設した南海会社は奴隷貿易を独占する会社だった

国王や議会が出資したという噂で株価ぎ3倍以上にあがり

国債を引き受けてる業務を行うと、株価は10倍に上がった

1720  一気に株価が暴落した