ことりの証人のブログ

ママ、長女 うさこ(社交不安症)、長男(自閉症)、次女 ことり

自分のことしか考えない人たち5(エホバ名言集)

「カルト宗教信じてました」を研究するわよ

f:id:jw1972w:20190214115244j:image

主人公のお母さん洋裁教室で

「なんて素敵な上品なお嬢さんたちなの!」

一緒にいた母親に

「どうしたらあんな素晴らしい娘さんに育てられるんですか?」

「私聖書を学んでおりますの」聖書を学べば家庭生活が上手くいくと丸めこまれてエホバの証人と聖書研究をはじめ洗脳される

「自分の娘を定職につけず年金免除させ宗教勧誘するお嬢さんにしたいなんて変わってるわね」

「2世は貧乏くさいもしくは、精神病んでる系ばかりだけど綺麗なのはたまにいるわ」

研究司会者から家族のうち1人ひきこんだほうがよいと勧められ兄弟の中で大人しく断るのが苦手な主人公に聖書研究をさせる

主人公は最初は胡散臭く感じ辞めたかったのだが感じのいいお姉さん相手に「辞めたい」といえず取り込まれていく

「ハルマゲドンは必ず来るわ」

「地球は滅亡するんですか?」

「もしたっちゃんの家に害虫がわいて駆除したい時に家ごと壊すかしら?悪い人だけ滅ぼして良い人は生き残るのよ」

エホバの証人以外は害虫!

中学生になった主人公コミュ障の自分を変える演劇部に入る。部員達から大歓迎される主人公

「エホバの物事を行うのにサタンの助けを求める必要はありません。今すぐ辞めなさい」

学校の部活活動はサタン

宗教にのめり込む母にとうとう父がキレて髪をつかみ引っ叩く

「2発目から痛くない。

エホバが守ってくださる

この時には主人公完全に洗脳され父を「サタン」とみなす。暴力が効かないためエホバの証人の出版物を調べ数々の矛盾点を指摘する父に対し

エホバには不可能はないの

父は仕事が手につかず血圧も異常にあがり「もうええわ。好きにせい」

「エホバだわ!サタンに勝ったわ!」その後母と共にバプテスマを受ける。バプテスマでの群衆の拍手喝采を受け「これが答えだ」と感銘する主人公

1995年1月阪神大震災

会衆のみなこ姉妹がお亡くなりになる。主人公

地震の時自分の家族は信者でもないのにエホバのおかげで助かったんでしょ。なのにどうしてみなこ姉妹は助からなかったの?

「疑念を抱くとあなた

サタンにつけ狙われるわよ

と母に凄まれ疑念を封印するたもさん

たもさんのお父さんリストラされる

「お母さんもこれからパートとか

「お母さん開拓奉仕始めるわ!こういう時こそエホバに頼らないでどうするの!

神の王国の生活の中で第一にすれば他の全てのものは与えられるのよ!

家計は火の車

「開拓奉仕で忙しいから家のことは全く気にならなくなったわ!これも全てエホバのおかげよ!」

たもさん「現実逃避では」(言うとエホバ母はぶち切れるから言えない)

たも父トラブルに巻き込まれ(誤解)警察沙汰になる。たも父の弱みを握った母はたも父に聖書研究をやるよう命令し反対者だった父を支配する

「人を支配するコツは

  1. ターゲットの弱味を握る
  2. ターゲットに罪悪感を抱かせて貸しを作る
  3. 正義の言葉でターゲットを追い詰める
  4. ターゲットを自分の都合いいように支配する」

「悪を正す漫画やドラマの主人公みたいな正義の味方になるからハッピーだわ」

「ものごとが全て良い方向に導かれているわ。

エホバが味方してくださっているのよ」モヤっとするたもさん

女子高生になる主人公

長老夫人に服装を指導される主人公

「最近服装が「この世的になってきているけど」好きな人でもできたの?」

ふさわしくない服を着るなと命令する母親

卒業後の進路について

「お母さんはね。たっちゃんの好きにすればいいと思っているのよでもね開拓奉仕こそが最善の生き方だと出版物にも書いてあるでしょ。一度長老に話してみれば?」

すかさずバイトの求人広告を娘にみせる母

あなたの好きにすれば良いと口では言いながら、本人に選択肢は与えずあたかも本人が選択したように誘導する

楽園が来ない時には「あなた自身が決めたんでしょ」バックレるため

日本国憲法には職業選択の自由があるがエホバの証人2世にはない

「できたら美大行きたい」

「漫画家なんて忙しいじゃないの。奉仕や集会の時間はとれるの」

卒業後母の言うとおり開拓者になる主人公

開拓者学校で出会った兄弟と(母に隠れて)交際する主人公。母にバレる

「エホバが全て教えてくれたわ」

今まで貰ったプレゼントと手紙をドサっと出す

娘の鞄の中身を勝手にのぞく親

娘の手紙を勝手に読む親

神の名をかたり娘のプライバシーを侵害する親

「カバンの中みたの?

「エホバが悪行を知らせてくださったのよ。霊的な必要より性的な必要を満たしてどうするの?

サタンが喜んでるわ!

結婚なんて楽園でしなさい!」

彼氏に「二度と会うな」今までの手紙とプレゼント「全部捨てますから」と釘をさすたも母

20過ぎの娘の交際や結婚に口出しする親

5年後に再説得して彼氏と結婚する。長男を授かるも

「少し集会中騒がしいように思われます。聖書に基づいた愛のある懲らしめ与えていますか?」

集会中ぐずる長男。冷たい視線を送る成員たち。授乳室で長男を叩こうと手を挙げるも叩けないたもさん

4歳になったちはるくん体調不良を訴え入院する。生死を彷徨うちはる輸血なし

で治療不可な病気であると説明される主人公

エホバの信条を守って結果子供を死なせるのと聖書に出てきた邪悪な偶像崇拝者が子供を異教の神に捧げるのとどう違うの?もし楽園が来なかったら・・

エホバより息子の笑顔をとることを決め輸血同意書にサインするたもさん

親が拒否しても病院と国は親の親権を停止し輸血はできる

「ちはるが輸血で助かったとしても

あと数十年生きるだけでしょう?

輸血を拒否すればエホバから永遠の命を貰えるのよ?」無事退院した息子

「よかったわね。エホバよねー。感謝しなさいよ」

本当にエホバがいたら信者の息子を輸血が必要な病気にするのだろうか?

疑問に思いインターネットでエホバの証人を調べた  たもさん

目覚めた!

偽りの宗教に25年間費やした全てがガラガラと崩れ落ちていく。旦那と話しあい家族で脱退を決意する

「エホバから離れたら不幸になる・・

エホバが真理なの!

真理は人を自由にするのよ

「私  今まで一度も自由と思ったことない!」

娘の自由に生きる権利を25年間奪った親

25年ぶりに自由を手にした主人公

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

 

(カルト宗教信じていましたより)

エホバ名言集

たも母の理想の子育てとは

我が子の人生全てを支配すること

「神」の御意志というバックグラウンドがあると、子供はそれを否定するのは難しいんです

信仰を言い訳にして、我が子の人生全て支配する

母親の身勝手にカルト2世は、楽しいこと、自分の夢を追求すること、全て我慢し人生を宗教の奴隷として費やす

洗脳が解けたカルト信者は皆、怒り、虚無感、喪失感で苦しみ大きな代償を払わされる

f:id:jw1972w:20190224214049j:image